ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

2016年の手帳-1

例年、この季節には来年の手帳が気になります。
手帳って面白いアイテムで、必要度合いの尺度が個々人によってものすごく異なります。
予定管理はスマホで事足りるから手書きの手帳は不要な人も、最近で多いでしょうし。手帳を使う人でも、どんな手帳を選ぶか?は、それこそ千差万別です。ニトロは三姉妹なのですが、手帳との付き合い方は以下の通り。

ニトロ:手帳ヘビーユーザー(特に働き出してからは必須)。
妹1:手帳の類は全く使っていない。予定は、ほぼスマホで管理。
妹2:月ページ+メモ欄のみの小型薄型の手帳を愛用。
三人に限っても、これだけ異なる趣向があるのです。

そんな、個人の趣味嗜好が垣間見える手帳事情ですが。
ニトロは、ここ5年ほど「ほぼ日手帳」を愛用してきました。
きっかけは、2011年にミナペルホネンのカバーが発売されたこと。英リバティ社のためにデザインし、販売された生地で作られた手帳カバーがどストライクだったのです。2パターンあったのですが、特に気に入った柄『Memories of Rain』は2個買いするほどで、手帳とお揃いの手提げバッグも両方購入しました。

手提げ袋は、お財布+スマホだけを入れてお出かけしたりBag in bagとしても使えます。サイズ感がちょうど良くて予想外に活躍中。
左側:Memories of Rainは、もう角もほつれてきているけど、まだ現役。
右側:新品です。今使っているのがお役御免になったら世代交代します^^

届いた品物を見て、またキュンキュンして。存在感があって佇まいも可愛くて、大事に使おうと思わされる手帳でした。

2011年、2012年使用の手帳。※発売は両方2011年です。

2013年は、数量限定のパッチワークカバー『piece,』が当選しました。
とにかく豪華で、ミナのテキスタイルが存分に味わえる手帳カバーでした。

2014年は、tambourineのカバーの可愛さにやられて初めてカズンも購入。
ブラウン×ミントグレーのtambourineの色合わせにグッときます。
オリジナルは黒×黒でシックな雰囲気。
カズンは株日記にしようと思っていたのですが、あまり使わなかったので
2014年のみでお役御免となりました^^;

こちらが2015年現在使用中の手帳で、生地の名前は『skyful』。
ほぼ日では、毎年ミナとのコラボカバーを2~3種類発表していますが
好みのカバーが見つからない年もあります。
逆に「これも、あれも可愛いな~」と迷う年もあるので、その場合は両方買います。
ほぼ日カバーは再販がないので、後で欲しくても買えませんので(オークション等で探せば別ですが)。
一時在庫となってもいいので好きなカバーを確保しておいて、徐々に消化していく考えです。
上の2015年手帳カバー『skyful』も、販売年は2014年です。
2014年は黒tambourine、2015年はskyfulを使ったってことですね^^

左側:2011年に2個買いした『Memories of Rain』の残りカバー。
右側:紺色地にミナペルホネンの象徴、ちょうちょの刺繍が入った『choucho』。
Simple is bestを体現しています。

で「2016年はchouchoにしようかな」というところまでは決めたのですが。
中身である「ほぼ日手帳」。これを、どうしようかと考えていました。

2016年の手帳-2へ続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link