ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

2017年ニトロ的ゴールデンウイークの旅計画【最終版】

time 2017/04/25

2017年は、年初から「今年のGWは、長めの一人旅に出かけたいな」と思っていて、行きたい場所や展覧会をピックアップしながら、少しずつ大まかな計画を立てていたニトロ。まだ先だと油断していたら、例の如く「あっ」という間に出発日が近づいていました。既に今年も三分の一が終わるのですから、そりゃそうか。
2017年ニトロ的ゴールデンウィークの旅計画で列挙しただけでも盛り沢山ですが、その後も行きたい催しが次から次へと出てきて、果たして全て回れるかどうか。特に東京は、移動中継地点として二日滞在するだけ(宿泊はなし)なのに、内容詰め込みまくりです。
【予定】連載25周年「アカギ ~闇に降り立った天才~」展@pixiv Zingaro
【予定】谷川史子画業30周年記念『谷川史子原画展』@リベストギャラリー創
アカギ展、谷川史子展ともに、旅行を決めた後に開催を知ったのですが、ニトロにとっては、どちらも絶対に見逃せない展覧会です。
国立新美術館で開催中の『ミュシャ展』は、チケット売り場からして行列らしいので、事前にコンビニで入手しようと思いながら、まだ買っていません。出発までには忘れず買わなくては。東京オペラシティアートギャラリーのコレクション展も気になりますし、美味しいパティスリーも一日一軒は回りたいです。

青森十和田の村上さん陶芸コレクション展は、出品された展示物はもちろんのこと、舞台装置の素晴らしさも話題なので、本当に楽しみの一言に尽きます。青森県立美術館は、四度目の青森旅行でやっとこさ初訪問(の予定)です。計画段階では、毎回目的地に挙げているのだけど、旅程をこなすうちになぜか後回しにしてしまって、そのまま行けず仕舞いのパターンが続いていたので、今回こそは絶対に行きたい。

宮城の気仙沼ニッティングでは、GW期間はエチュードの受注会が開催されるとのこと。
気仙沼ニッティングでは、編み手さんがセーターを編む姿を見たいです。編み物って、自分一人でも気軽にできるのが良い点ですけど、人の編み方を見たり、ましてや人と一緒に編めたら、とてもとても楽しいでしょうね。上手な人の編み方を見習って、少しでも真似できればと思います。
気仙沼でのもう一つの楽しみは、写真を一目みた時から心奪われた『喫茶マンボ』のいちごババロア。予約しているので、売切れの心配はありません(たぶん)!しつこいくらい、妹たちに写真を見せて「このいちごババロア食べるんじゃ~^^楽しみ~~」と自慢しています。

仙台では、ブックカフェ『火星の庭』に行きたいけど、はたして時間あるかな。十和田までの往復だけで一日かかるので、青森には余裕をもって二泊しますが、宮城は一泊のみ。気仙沼メイン+仙台市内を少し散策って感じです。

普段ニトロが動く閑散期の平日旅行とは違って、どこに行くにも人が多いGWですから、予想だにしない混雑に巻き込まれそう。ある程度は仕方ないと割り切って、とにかく安全な旅を心がけ、事件・事故に遭わないように、しっかりと自衛意識を持ちながら、楽しみたいです。海外旅行ほど気を張る必要はありませんが、少しの油断、気の緩みから、楽しい旅行を台無しにしないように、笑顔で広島に帰ってこれるように、気を付けて行ってきます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link