ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

サンフレッチェ広島の2018年は、年間成績二位でフィニッシュ

time 2018/12/01

サンフレッチェ広島の2018年は、年間成績二位でフィニッシュ

2018年のサンフレッチェ広島。シーズンの全日程が終わりましたね。

前半絶好調、後半絶不調の両極端なシーズンで、サポーターの疲労も如何ばかりかと思いますが、最終戦、勝てなかったけど、札幌相手に負けなかった。そして、順位が入れ替わる可能性があった鹿島がドローで終わってくれたので、何とか!どうにか!優勝は逃したけど、二位で終われました。
最終節の結果次第では、一気に四位まで転落する可能性があったので、ACL出場できず、賞金も激減する最悪の事態も心配していました。
サンフレッチェとしては、とりあえず最低限の結果は出せたのではないでしょうか。






ホーム最終戦であり、カズさんの引退セレモニーが行われた名古屋グランパス戦。
ラッキーな形でカッシーが先制点を決めたのに、数分も経たないうちに同点にされ、落胆してたら追加点を決められる、最近よくあるパターンで負け。
先制しても守り切れない試合が続きましたよねー、後半戦は。
カズさんにとってのホーム最終戦、勝って二位を確定したかったし、何よりも笑顔で送り出したかったので、残念な結果となりました。

何はともあれ、監督、スタッフ、選手の皆さん。一年間お疲れさまでした。
出来すぎだった前半戦、このままいけるとは誰も思ってなかったけど、まさか後半でここまでチーム状況が悪化するとは。
最終戦でカズさんがスタメンに戻ってきて、なじみ深いフォーメーションで戦ったので、2点先制されても追いつく形ができたのかなー。そもそも、2点先制されるのがどうなの?とも言えますけど。

でも、馬渡くんは、最終節で結果出せて良かったなぁ。やっぱり、出場機会に飢えてギラギラしてる選手は、見ててもワクワクするし、応援したくなります。昨年で言えばガッキーがそうでしたよね。
札幌戦、今までの戦い方だったら、2点先制された時点で負け試合ですよ。でも、前半終了間際に、馬渡くんが得点して一点差で終われたことで、追い上げムードが出たのは確か。そして、後半立ち上がりから、カッシー→晃誠さんのヘディングシュートが決まって同点。流れ的には逆転したかったけど、そこまでは無理でした。
でも、負けで終わらず、勝ち点を積んで二位で終われたのは、監督にとっても選手にとっても価値があるはず。特に監督は、9月以降勝ち星がない状況で、胃の痛い日々だっただろうし。

カズさんの調子がもう少し早く上がってたら。。なんて考えても仕方ないのだけど、川崎でバリバリ現役で活躍してる憲剛さん見てると、考えちゃいますよね。
川崎、今年も強かったなぁー。紛れもなく黄金期ですよね。広島が連覇した時と同じく、脂が乗った選手が多い印象。今年のホーム川崎戦は、今後の行方を占う天王山だと目していましたが、やっぱり強かったですもん。PKなどの不運もあったけど、それを言えば、前半の川崎戦は、誤審で勝ちを拾った経緯もありますし。川崎は先制されても、点差がついても、逆転する力がありますから。
家長選手とか、ほんと良いですよね。川崎は、チームにとって意味のある補強をしてる。
サンフレも、清水が取れたのなら、ドグいけたんじゃない?て、妹夫婦とは散々話してますが、難しかったのかなぁ。Jリーグにフィットしてる&実力は分かってるし、パトとドグのツートップなら、ぶっちぎりで優勝してたでしょ。って思うのだけど。
まぁ、妄想レベルのたられば話なら、誰でもできますけどね^_^;

後半は「なんでそーなる!?」の試合が多くて辟易しつつも、長崎や神戸への遠征など、今年も楽しませてもらいました。ピースマッチ続けたかったけど、長崎は残念でしたね。柏だって、若くて躍動感のあるチーム。昨年の最終節、柏のホームまで遠征に行って負けたけど、まさか今年J2落ちするとは思ってなかったですよ。監督交代してからの最後の二試合は、今季初の連勝で締めくくった事実を考えても、もう少し早く手を打てばどうにかならんかったかな??と思いますが、仕方ないですね。
ジュビロ磐田は、まさかのプレーオフ。昨年までなら問答無用で降格ですし、名波監督が仰っていた通り、レギュレーションに助けられたと思って、頑張ってほしい。
昨年のサンフレッチェの勝ち点だと確実に脱落してたほど、今年の残留争いは熾烈でした。名古屋プレーオフが確定したかと思いきや、最後の最後でジュビロ磐田か!って。サッカーの勝負の分からなさ、五チームが勝ち点で並んで、結局は得失点差で決まるというね。昨年の鹿島と川崎だって得失点差で優勝が川崎になったわけだし、本当に、勝ち点1の重み、1得点の大事さが、最後の最後、響いてくるのだから、一試合として疎かにできません。

今年は早々と残留を決めて、途中までは優勝争いにも加わっていたのだから、結果だけを見れば、昨年の降格危機からよくぞここまで、とも言えます。
でも、内容はというと、特に勝てなくなってからの戦術や交代枠の使い方など???の部分も多くて、イマイチ判断が付けづらいのも確かです。

最終戦は、カズさんがいたからこそのフォーメーションだろうし、来季どうなるかは分かりませんが、万が一、後半戦のような体たらくが続いてしまったら、任期途中でも監督交代の可能性はありますよねー。
ACLと並行して戦うのは容易ではないけど、昨年の浦和レッズ、そして今年の鹿島アントラーズと、日本勢が二年連続で優勝してくれたのは、とても明るい材料です。特に、鹿島はこれでタイトル二十冠ですって!素晴らしい以外の言葉が見つからない。J2に落ちた経験もないし、鹿島サポは、サポーター冥利に尽きるでしょう。強豪クラブとはかくあるべき、伝統が脈々と受け継がれているのでしょうね。一朝一夕で成し遂げられるものは、容易く崩れてしまう。長い時間かけて培われてきたものは、強固で頑丈。
今の時代、軽くて速くて手軽なのが競争力の源になっているのは否定できませんが、やっぱり、即効性がなくても、地盤を固めて、じっくりと育てる方法が、長い目で見ると有効だと思えるのは、ニトロが古い人間なのかな。

J1に上がってくるのは、松本山雅と大分トリニータ。ジュビロとヴェルディのプレーオフも、要チェックです!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link