ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

2019年、半年が過ぎての雑感

time 2019/06/30

2019年、半年が過ぎての雑感

2019年、早くも半年終わりました。

この半年は、近年まれにみる?ニトロの稼動ぶり、と言えばいいのか、仕事に加えて製菓通信にも通っているので、わりと忙しく過ごしています。

学校としての最終目的=受講生の製菓衛生師合格。すべては試験に向けての勉強である。
そんな図式ができあがっているので、さすがに一年勉強して不合格はないな。。と自分でも思い始めてるところです。どうにか、来年の製菓衛生師試験は突破したい。

ニトロは、製菓衛生師取得が目的で受講を決めたわけではないので、試験は受けなくてもいいかな~?と考えてました、ぶっちゃけ。
受講動機は、製菓知識や理論を深めるためであって、製菓衛生師は、取れたら取ろうかな、くらい。
ただ、何かしらの形で食べ物に関わるのであれば、食品衛生責任者の資格は必須だし、それなら勉強ついでに製菓衛生師も取れば一石二鳥て感じでした。

しかし、調べれば調べるほど、世の中には色々なお菓子学校や教室があるものですねぇ。
有名なル・コルドンブルーから、一地方のお菓子教室まで。。いわゆるお稽古ビジネス、人の学びたい欲求に応える事業の幅広さに感心しきりです。
料金もピンキリで、やはり名の知れたところだと、えー、こんな高額なの!といちいち驚きます。未知の世界だわー。そもそも、料理の専門学校だって、授業料高いしな。
お菓子教室でも、一クラス5000円超えは普通で、一万円前後のクラスもありますし、それを考えると

スクーリングでは、洋菓子、和菓子、パンを、実際の学校の設備で直接教えてもらえる、なおかつ製菓衛生師試験のための講義を、合計100時間超えのボリュームで受けられる通信課程って、全然高くないし、むしろ割安過ぎない??と思うくらいです。

自分で体験してみて分かったのですが、その場で直接先生に教えてもらうって、本当に貴重な時間で、興味があることだからこそ、とにかく楽しいんですよね。たとえば、DVDを使っての通信教育などもありますが、やはり、食べ物ですから、実際に作って、匂いを嗅いだり、触ったり、見たり。。できるのが、直接指導の強みですよね。
スクーリングでは、パウンドケーキ、焼き込みタルト、和菓子を作りましたけど、二~三時間の実習時間も(場合によっては、もっと長い)、先生のデモと自分たちの作業に夢中になってたら、あっという間に過ぎますもん。

先生の手際の良さに見とれて、細かい説明に「なるほどー」と頷きながらメモを取って。。
座学は、集中力が続かないのと、記憶力、理解力の低下も手伝って、早く終わらないかなーと思っちゃうこともありますが、でも、やはり知らないことを知る、というのは、何歳になっても興味深く、楽しいのだなぁと、改めて感じている今日この頃です。

ブログには載せていませんが、お菓子は作ってますよ。

ブールドネージュ。ルスルスさんのレシピで作ったら、美味しかった~。

初挑戦のミロワール。アーモンドクリームが多すぎて、メレンゲ生地をすっぽり覆ってしまったオバケミロワールです。


オーボンレシピのマーブルパウンドケーキ。初回よりマシでしたが、もっとキレイに焼きたい!

シフォンサンドが作りたかったので、トール型シフォンでプレーンを焼いて

生クリームに、キウイ、缶詰の黄桃とパインをトッピング。実は、あり得ないミスをしたのですが、みんな普通に食べてくれました。

そんな中、予想外に早く、五十嵐さん、冥途から帰還!の報が届きました。
いや、あと二年くらい休むのかなと思ってたので、率直に言うと、早すぎない?と。
もちろん嬉しい気持ちはあるけど、もしも、アルバムをひっさげての新譜ツアーだとしたら、実質ほぼ休んでないじゃん?って思ってしまって。
アルバム出るかどうか分からないけど、これまでの活動スタイルと、休止期間に入る前に、納得いく作品を作りたいと話していた五十嵐さんですから、手ぶらでツアーだけやりますーは、ないんじゃないかと、個人的には考えてます。
しかも、五ヶ所とはいえ、毎週土日ライブ。二日間それぞれにタイトルがついていて、異なるコンセプトでのライブらしい。。となると。いや、静脈、動脈的な・二枚組なのか?などなど。。
とにかく、無理せず、五十嵐さん自身がやりたいと思って、私たちの前に出てきてくれるなら、それはとてもありがたいのだけど、どうか、身体や心を壊すような、いびつな音楽活動はしませんように、と、おせっかいは分かっていても、祈るような気持ちでいます。

そんな、syrup活動再開を喜びながらも戸惑っているニトロですが、とうとう、アイドルのライブにも参戦することになりました。
以前、SUGAR&SYRUPで書いた通り、妹2経由で、ただいま姉妹揃ってBTSにハマってまして。
一生に一度くらいは、この目で、生のアイドルという存在を観てみたいなぁと、ダメ元でチケット申し込みしたら。
当選したんですよね。。

え?あのカッコイイ人たちを、本当にみれるの?歌を聴けるの?って、しばらく信じられませんでした。が、今はチケットも発券したので、よほどのことがない限り、一週間後は初アイドルライブ!初BTS!です。
グッズなどには興味ないので、ただ、生歌聴けて、豆粒大であろうと、ホンモノのアイドルを見れたら本望です。
特に、私と妹1はアイドルライブが初めての体験なので、これで沼にハマったらどうしよう。。と、一抹の不安はあるのですが。
一度見れたら、もういいかなーと今は考えてるけど、その一度が一度じゃ終わらないのが、ライブの恐ろしいところですからね。。
とりあえず。。無事に行って帰ってこれますように。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link