ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

アランの襟つきカーディガン-1【きょうの編みもの】

time 2016/01/04

アランの襟つきカーディガン-1【きょうの編みもの】

アランのカーディガン改め『きょうの編みもの』より、アランの襟つきカーディガンにチャレンジです。

まずは、ポケットからちまちまと始めます。ポケットができたら前身頃を編んで、サイズを見てからオッケーなら後ろ身頃を。そこから袖→前立て→襟と進んでいく予定です。
襟つきカーディガンのデザインのポイントは、組み鐘状の模様がずらっと並んでいるところ。「植物のワラビみたい」と本の説明にあるのですが、すごく特徴的で面白い柄。一歩間違えると、くどかったりダサくなりそうな個性的な模様ですが、三國さんのデザイン力によって、主張しつつも周りの柄と上手く調和しています。この模様を編むにあたって気になるのは、1目から5目を編み出す過程でどうしても下部分に穴ができてしまうこと。手法的に穴が開いてしまうのは仕方ないとしても、できるだけ広げすぎないように編んでいきたいです。

ポケットを2個編んでから、ようやく身頃に取りかかります。

右前身頃が完成しました。編み針は、裾、身頃ともに本の指定サイズから2号ずつ上げています。指定は裾が7号、身頃が9号ですが、ニトロは裾9号、身頃11号でほぼ指定サイズになりました。他の方のブログを見ていると針サイズを落としている事例もちらほら。そう考えると、糸のテンションや力加減は人それぞれ、千差万別なのだなと改めて分かります。
三國さんの作品しか作ったことないですが、他の作家さんの作品を編むとなるとまた勝手が違うのでしょうね。
右前身頃に続いて左前身頃を編むつもりだったのですが、左前身頃は編み図がないので(右前反転となっているので)先に後ろ身頃を編んでから左前身頃を編む方が、模様が頭に入るかも?そんな考えから、先に後ろ身頃を編むことにしました。

しかし、指定通りのサイズではあるのですが何となく小さい気がします。
「12号で編みなおそうかな」と考えたりもしたのですが、ニトロのイメージが、カーディガンじゃなくてコートやジャケットのように「一番上に着るもの」だから違和感があるのだと途中で気づきました^^;
コートやブルゾンではなくカーディガンですから、あまり大きくてはサイズ感がおかしくなります。そこのイメージがずれていたのです。理由が判明したので、納得してそのまま編み進めることができそうです。
並行してバニラアイス色の帽子の色違いも編んでいますので、こちらも出来上がったらアップします。
アランの襟つきカーディガン-2【きょうの編みもの】へ続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  


sponsored link