ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

2018年最後のウィークエンド作り

time 2018/12/29

2018年最後のウィークエンド作り

みんな大好きウィークエンド、2018年末に二連発で作りました!

まず初めに、ニトロが一人で作ったウィークエンドから。
ブログには上げていませんが、実は11月に作ったウィークエンドが大失敗したニトロ。
それ以来のリベンジです。大失敗の原因は分かっていて、焦がしバターを氷水で冷やして温度を下げる際に、冷やし過ぎてボウルの底面でバターが固まってしまったのです。再度溶かせば問題なかったのだけど、投入時に底面で固まっているのに気付いて「えー、固まってる!でも、まあ入れちゃえ!」って無理やり混ぜたものだから、焦がしバターの塊が馴染まないままで(当たり前)。焼いてる時から、型の中で生地がブクブクと沸騰していて「こりゃ駄目だわ」って感じでした。
結局、困った時のラスク頼みで、焼き上がったケイクをカットしてラスクっぽく焼いて、チョコをつけて、ピスタチオをトッピングして・・どうにか食べられる形にはなったのですが、とにかくヒドい出来でした^^;

今回のウィークエンド作りにおいて、今までと異なる点は、オーブン予熱180度→本焼きは170度で焼成したこと。レシピでは160度で50分となってますが、家庭用のオーブンですし、温度が高い方が美味しく焼けそうな気がしたので、今さらですが変更してみました。さて、果たして吉と出るか凶と出るか?!

型からはキレイにハズせましたし、角も美しく出ています。
毎回、型から外すのに苦労していたのですが、外側がしっかりと焼けているからか、型をトントンと何度か叩いてからひっくり返すと、すんなりと取り出せました。焼き上がりを見る限り、高温焼きは成功と言えそうです。

カット面を見ると、少しだけバターが生地から浮いている部分がありました。
酷いものと比べると気にならない程度ですが、もっと美しく作りたいですね。

年末ウィークエンド二個目は、妹2から「年末の集まりに持って行きたいから、一緒に作って」と頼まれたものです。
妹2宅で作ったので自宅とはオーブンが違いましたが、やはり温度高めで焼きました。180度予熱で、170度30分→160度20分だったかな。自宅のオーブンより温度が高いかもしれないと思ったので、途中で温度を落としました。

こちらも、キレイにできました^^

妹2宅で作ったウィークエンドは、バター溶け残りの羊羹状になった部分もなく、しっとりした焼き上がりでした。
ポイントは、焦がしバターを温度が高いまま投入するのではなく、生地と同程度の温度で混ぜる点でしょうか。当然ですが、生地との温度差が少ない方が、より馴染みやすいですよね。だからこそ、レシピにも『焦がしバターの温度は30度前後で』と注意書きがあるのだろうけど、あまり気にせず、そのまま混ぜてたのが問題だったのかもしれません。もちろん、氷水での冷やし過ぎは厳禁ですけども、火が入りすぎないように粗熱を取るのは大事です。ある程度温度が下がれば、その時点で氷水からはずせば済みますしね^^;
各材料の最適な温度を大事にすれば、より美味しいお菓子が作れるのかな~と実感しました。
2018年のお菓子作りは、これで終わり。
来年は、もう少しお菓子のバリエーションを増やしたいです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


sponsored link