ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

英国のEU離脱は、歴史的な転換点となるのか

time 2016/06/25

イギリスの国民投票で、EUからの離脱が決定しました。

ニトロは、そもそも今回の国民投票のいきさつも知らなくて
投票日当日になって、これほど重大な決定が国民投票によって
決められることを知りました。
そうはいっても、EU離脱はないだろうと部外者の楽観論で構えていたニトロ。
昼過ぎの「残留派優位」報道を聞いても、まぁ最終的には残留でしょと
思っていました。
しかし、開票が進むにつれて残留派の勢いは強まっていき
反比例するように株は暴落、円は急騰の緊急事態。
結果、予想の大半を裏切る形で、英国民はEUからの離脱を選択しました。
それだけ現状に不満が溜まっていた・・ということなのでしょうか。

有権者層と投票行動を照らし合わせたデータによると
ざっくり『高学歴層は残留多数』『若年層は残留多数』となっていました。
想像することしかできませんが、もしも日本で同様のことが起こった場合。
東アジア圏の共同体に加盟することで、経済的なメリットは享受できるとしても
移民を制限できず、社会保障費は膨れ上がる?
様々な規制によって、自国の主権が脅かされる??
メリットよりもデメリットを感じる場面が増えていたら
ニトロだって「共同体から離脱して、日本は日本でやっていけばいい!」と
離脱に一票を投じるかもしれません。

2014年のスコットランド独立がなされなかったのも、EUに属していたかったからと
考えるなら、もちろん独立の機運は再燃するでしょうし
そもそもギリシャ危機だって、離脱の前例を作ってしまうことで
EUの空中分解を何としても防ぎたい思惑があったからこそ
あれだけの紆余曲折がありながら、支援をやめなかったのです。
しかし、ここにきて域内2位の経済大国である英国が、ある意味勝手に
自国の事情だけで離脱を決めてしまった形です。

本当に離脱を防ぎたかったなら、もっともっと、やれること、やるべきことは
あったのではないかな?と、部外者ながら、残留派の見通しの甘さは
否めないと感じました。

もちろん、EU離脱で即つながりを断たれるわけではないにしても
前例のない事例ですから、まさに予測不可能な事態が次々と起こりそうです。
影響は、徐々に、そして長きにわたって続くのではないでしょうか。
EUは巨大な実験だと言われたりもしますが、実験は失敗に終わるのか。
ドイツ、フランス、オランダなどのEU宗主国は、今後も難しいかじ取りを
迫られそうです。
本来なら一枚岩となりたいところですが、今回の英国離脱の余波をうけて
各国でも離脱、独立派が勢いづいています。

ニトロはFXしていませんが、今回の動きで大勝した人もいれば
大負けしてしまった人もいるでしょうね・・。
今後、どう動いていくのか。その動きに素直についていくのが良いのか。
静観するべきなのか。
教科書に載るであろう歴史的な一日を目の当たりにして
色々と考えさせられたニトロでした。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link