ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

広島東洋カープVS横浜DeNAベイスターズ 2017.4.18

time 2017/04/19

広島東洋カープVS横浜DeNAベイスターズ 2017.4.18

2016年の日本シリーズ以来となる、カープ観戦に行ってきました。
SMBC日本シリーズ2016 広島東洋カープVS北海道日本ハムファイターズ第一戦 2016.10.22
今回は、マツダスタジアム横のコストコ駐車場のセットプランだったので、車はコストコ屋上に停めて、連絡通路でスタジアムに入場しました。話には聞いていましたが、コストコとマツダスタジアムを繋ぐ階段通路を通るのは初めて。混雑しないし、すぐに停められるし、飲み物はコストコの紙コップジュースを買っていけば安上がりだし、すごく便利でした!
観戦のお供は、市内に出た時にむさし胡町で買った弁当です^^マツダスタジアム内にもむさしはありますが、商品ラインナップや価格は微妙に違います。


カープ仕様の包装紙に包まれているのは、若鶏のからあげ弁当です。

ニトロは、花篭むすび弁当を買いました。

側面にゴマがついたこんにゃくが大好き^^しかし、どうせならむすび四個入ったほうが見栄えが良いですよね。変に空間を余らせなくても・・。


試合開始直後は直射日光がもろに当たって眩しかったのですが、日が落ちてくると気持ち良く観戦できました。

今日の先発は、昨年最多勝&最高勝率投手の野村くん。1回からテンポ良く投げていましたが、5回に横浜打線に捕まってしまいます。連打を浴びて、あっという間に3点取られてしまいました。打撃陣が好調であれば、三点差くらい跳ね返せそうなものですが、今日は再三チャンスを作りながらも、ことごとくクリーンアップが打てません。ノーアウト、もしくはワンアウト満塁など、ビッグチャンスは作るのですが、あと一本が出ず。最初の得点も、かろうじて四球を選んだ押し出しの1点のみ。1番田中から3番丸までは、調子よく安打を重ねて出塁するのですが、4番以降が大ブレーキになってしまって、走者をホームに返せない状態が続きました。



7回裏のカープ攻撃前には、お決まりの風船飛ばし。妹2旦那さんとも話したのですが、平日の横浜戦が満員なんて、旧市民球場では考えられません。旦那さん曰く、当時は「ガラガラすぎて寝転がって観てたし、客席でタバコも吸えた」らしいけど、今となってはあり得ませんね^^;

結局、野村くんは6回3失点で降板したものの、その後を引き継いだ7、8回の薮田くん、9回の中田廉の好投で、追加点を許さなかったのが大きかった。なによりも、8回表の菊池選手の守備の素晴らしさ!!横っ飛びで捕球できただけでもスーパーなのに、捕ってから投げるまでが早いので、ちゃんとアウトが取れるのです。まさに、今日一のプレーを見させてもらいました。
2015年におひとりさま観戦した試合でも、マエケンがピンチに陥った時に菊池選手の華麗な守備で窮地を救ったのを思い出しました。
おひとりさまでカープ観戦 2015.9.8
カープ投手陣は、菊池選手の有り難さを骨身に染みて感じていると思いますが、それは観客にしても同じで、守備で湧かせる、波に乗せることができる菊池選手の素晴らしさは、言葉で言い表せません。あのプレーがなければ、間違いなくピンチが広がっていましたし、追加失点していたかもしれません。そうなれば、9回の逆転サヨナラの可能性も潰えていたかも。

9回の攻撃は四番新井さんから。ようやくヒットで出塁すると、続く誠也、エルドレッドが、ここまでの鬱憤を晴らすかのようにヒットで繋いで、まずは同点。最後は會澤のサヨナラヒットで逆転勝ちとなりました。それまでの大チャンスを生かしていれば、もっと楽に試合を進められましたが、勝負は相手あってのこと、そう思い通りにはいきませんよね。負けを覚悟していただけに、最後でサヨナラ勝ちできて観に行った甲斐がありました。

2016年10月、たまたま知った練習見学日に妹1とマツダスタジアムを訪れて、その時に初めてグッズ売り場を見たのですが、今回も時間があったのでチラ見しました。
コンコース開放日の練習見学@マツダスタジアム 2016.10.4-1
コンコース開放日の練習見学@マツダスタジアム 2016.10.4-2
今シーズンの新商品もたくさん出ていました。カープ球団の営業努力は凄まじいですね。そりゃ、グッズ販売だけで黒字になるわ・・。コンコースのグッズ売り場横のパブリックスペースには、壁全面に鯉のイラストが描かれていました。


マツダスタジアムは何度来ても楽しめますし、本拠地での試合観戦を目的に広島旅行を計画する遠方のカープファンも、きっと多いでしょうね。
最初に新球場をつくるとなった時に、なんで全天候対応のドーム球場にしないのか、やっぱり資金がないんだな~と思ったものですが、大空の開放感の下で見るのが本場の野球なのだと、計画に携わった人達は分かっていたのかな。
今、サンフレも新スタジアムの建設に向けて、諸外国の本場スタジアム見学を重ねていますが、いつかそれが現実となった時には、マツダスタジアムに負けず劣らずの、広島の観光名所となり得るような素晴らしいスタジアムをつくってほしいです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link