ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

バタークッキーとプレーンシフォンケーキ11回目!

time 2017/11/05

バタークッキーとプレーンシフォンケーキ11回目!

妹1にクッキーの作り方を教えるべく、休日にお宅訪問。いつも作っているレシピで、ほとんどの作業を妹1にやってもらいました。
ノーマルなバタークッキーと、ピーナッツバタークッキーを作りました
前回作った際に、冷蔵庫で生地を寝かせる時間を長めにとったら、生地がすごく美味しくなった気がしたので、今回も同じ要領で作りました。

しかし、普段使用する上白糖(もしくはきび砂糖)ではなく、妹1宅にあったグラニュー糖を使ったからか、何となく食感がいつもと違う仕上がりに。
原因がグラニュー糖とは限りませんが、サクホロッとした口溶けではなく、ガリッと固めの食感です。これはこれで美味しかったですけど、生地を長く寝かせた効果はあまり感じられませんでした^_^;

生地作りはニトロと妹1が作業して、型抜きは甥っ子たちにやってもらいました。二人ともバタークッキーが大好きなので、作る段階からテンション上がってて可愛かった。型抜きしながらも「いい匂い~♪」と、焼いてない生地をそのまま食べてしまいそうな勢いです。

ちなみに、新しいクッキー型はセリアで買った大小の菊型です。なぜこの型を選んだかというと、いずれ作りたいクッキーが菊型を使っていたから。これまでに作ったクッキーと比較すると、けっこう難易度が高くて手数がかかるので(対ニトロ比)、本当に作れるかなぁ?と思いつつも、一度は挑戦してみたいクッキーです。100均でほぼ指定サイズの型が見つかってラッキーでした。

クッキー生地を作って冷蔵庫で休ませている間に、ついでにシフォンケーキも焼きました。シフォンケーキは生地を休ませる行程もないし、材料をちゃちゃっと混ぜて焼くだけなので、本当にニトロ向きのお菓子です。特別な材料がなくても、思い立ったらすぐに作れて、なおかつ見た目も可愛いシフォンケーキ。ニトロのことなので、いつ飽きるか分かりませんが、熱が続く限りは焼き続けそうです。

妹1宅のオーブンの性質なのか、とても綺麗に焼けてます。今回は、生地を流し入れてから表面をゴムベラで平らにならしたのですが、そのせいでお花みたいにぱっきりと割れ目が入ったのかな。


瓶に刺して逆さま状態で冷ましてから、型からはずしました。普段は、夜に焼いて翌朝型からはずしていますが、今日は2時間足らずで型抜き。うん、底上げもないし、合格点ではないでしょうか(^-^)

しかし、カットしてみると、メレンゲを潰しきれていなかったのか、若干大きめの穴が数ヶ所空いてました。目視では大きなメレンゲは残っていないように見えたのですが・・次回は気をつけよう。

ただ、味はいつも通り美味しかったです。シフォンケーキにも、妹1宅にあったグラニュー糖+上白糖を使ったので、少し味わいはあっさりめだったかも。でも、顕著な違いは分かりませんでした。甘さ控えめで、ふんわりしっとり美味しいシフォンケーキです。

お菓子作りは、自分一人でも楽しいけど、他の人と作るのも楽しいですね(^-^)

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link