ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

初挑戦!ピーナッツバターのシフォンケーキ

time 2019/01/06

初挑戦!ピーナッツバターのシフォンケーキ

ピーナッツバターを使ったシフォンケーキを、初めて作ってみました。
レシピは、なかしまさんのシフォンレシピをアレンジしたものです。

チョコ50gの代わりにピーナッツバター50gを投入。あらかじめ、なたね油と混ぜて馴染ませておきます。
最初は、プレーン生地と同じように、卵黄4個、卵白4個で作るつもりでしたが、ピーナッツバター=油と考えて卵白5個分に変更。水分は、水ではなく牛乳で投入量は50g。プレーンとチョコのレシピがごちゃまぜになってます^^;
型は、トールではなくノーマル型で焼きました。
いつもの空気抜きは、型に生地を流し込んでから持ち上げて、軽くトンと台に落として完了・・なのですが、今回の生地は、目に見えて気泡が多く見えたので、念のため箸でぐるぐるっと生地を混ぜました。
予熱は180度、焼成は170度40分です。

不安に反して、焼き上がりは特に問題なさそう?
表面の質感は、ノーマルシフォンより固めな気がします。そこはかとなく香るピーナッツの匂いが食欲をそそりますが、翌朝まで我慢です。逆さにして、一晩置きますよ。

型からはずすと、いつもと変わらない出来上がり。
カット面にも、大きな空洞や凹みはありません。見た目は合格点かな。
肝心の味は、全面にピーナッツバター感は出ていないので、好き嫌いなく食べてもらえそうな優しい味。それでも、ノーマルよりはナッツ風味があるので、一口、また一口と食べ進むうちに、しっかりと『ピーナッツバターを食べた気分』が味わえます。
粒入りピーナッツバターを使ったので、ところどころに残っているピーナッツが食感のアクセントになっていました。よりピーナッツ感を強めたいのであれば、細かく刻んだピーナッツを入れても良さそうです。塩をひとつまみ入れると、味が引き締まりそうだな。
初めて作ったピーナッツバターシフォンですが、家族も「美味しい~」と食べてくれたので、ひとまず成功と言えそうです。
ニトロ父が好きじゃないので作る機会を逃しているのだけど、いつか抹茶シフォンも作ってみたいなー。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link