ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

バナナチョコシフォンケーキを作りました

time 2018/06/07

バナナチョコシフォンケーキを作りました

バナナのシフォンケーキは二回ほど作ったことがありますが、今回は少し趣向を変えて、チョコバナナシフォンケーキを作ってみました。
初めてのバナナシフォンケーキは、大成功でした
二回目のバナナシフォンも、綺麗に焼けました・・が、予想外の事態が発生!
上記エントリに詳しく書いてありますが、あれ以来バナナシフォンは作っていませんでした^^;なんとなく気が乗らなくて。しかし、たまたまバナナを入手したので、久々に作りましたよ。
以前作った時のなかしましほさんのレシピが分からなかったので、基本シフォンの砂糖の量を少しだけ減らして(70g→55gに)、代わりに小さめサイズのバナナを一本入れました。本来は、シフォンケーキ一個につきバナナを150g入れるのだったかな。量ってはいませんが、今回入れたバナナは半量の80gくらいですね。それだけだと少し寂しいので、チョコも刻んで入れました。
できるだけじっくりと火を入れるべく、プレーンシフォンケーキより少しだけ焼き時間を長くしたからか(+2分)、焼き色が濃かったです。バナナが入るのでしっかり焼きたかったのですが、2分の差でこんなに焼き上がりが違うのかーと新鮮な発見でした。チョコシフォンはいつも40分焼いてるけど、それこそ生地の色がココア色で濃いから、焼き色は分からないからなぁ。けっこうがっつり焼けてるのでしょうね。

表面の焼き色も、かなり濃いめです。

型から外してみると、底面も全体的に濃い。

でも、カットしてみると中は良い感じです。
チョコの周りは空洞ができていますが、生地のきめは細かくてふわふわしっとりの焼き上がりです。バナナの味はそこまで主張してなくて、チョコとの組み合わせは流石に鉄板の美味しさでした。
バナナとチョコが入っていて若干重めな生地なので、少し冷やして食べるとより美味しかったです。好みによりますが、このシフォンケーキは冷やした方が好きかな~。今の季節、温度管理の面からも常温放置は避けた方が吉ですしね。今回は作ったシフォンケーキは、翌日中に全て食べました。
なかしましほさんのレシピでバナナを使ったお菓子といえば、バナナチョコケーキもいつか作りたいです。チョコとバナナとくるみのパウンドケーキ。絶対美味しいに決まっている組み合わせです。オーボンレシピのウィークエンドは、一回につき二本のパウンドケーキを作るレシピですが、なかしまさんのパウンドケーキは一本のみのレシピなので気軽に作れそうです。バナナが安い時に買っておいて、作ってみようっと。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


sponsored link