ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

フェアアイルヨークのセーター-3【編みものワードローブ】

time 2018/10/15

フェアアイルヨークのセーター-3【編みものワードローブ】

フェアアイルヨークのセーター-2【編みものワードローブ】の続きです。
身頃と両袖をつなぎ合わせて輪にしたら、編み図のチャートを見ながら、ひたすら模様編みしていきます。

本を見て少し迷ったのは、ヨークは輪編みでグルグル編んでいくものと考えて拾い目をして、いざ編み図をみると
→2
←1(拾い目)
と書いてあった箇所です。
説明には「身頃と袖から拾い目してヨークを輪に編みます」と書いてるし、ここであえて往復編みをする理由が分かりません。そもそも、往復編みしたら編み地が輪の状態で繋がりませんよね・・。となると『→2』は『←2』が正解のはず。しかし、出版社の訂正にも出ていないし(ニトロの探し漏れかもしれませんが)、真相は闇の中です。
衿ぐりの編み図が
←2
←1(拾い目)
となっていることから考えても、ヨーク編み図の単純な記載ミスだろうとは思いますが。
考えたら分かるレベルの些細な誤植だとしても、初っ端で「え?これ何?」と引っかかる人もいるだろうから、訂正がある場合はHPに明記してくれると有り難いですね。

さて、気を取り直して、フェアアイル部分を輪っかに編んでいきます。
本で見ても可愛い柄だけど、実際に編んでいくと・・本当に素敵な模様と色合わせ。三國さんの多色フェアアイルは、カラフルだけど奇抜過ぎず、一言で表現すると「抜群にセンスが良い」です。多くの色の中から、よくもまぁ、この色とこの色を持ってきたなぁ~と、一人で感心しきり。

夢中で編んでたら、あっという間に完成しました。

編み途中のヨーク部分、写真撮るのも忘れて編んだので完成写真のみですが^^;
久しぶりの模様編みで糸の引き加減が難しかったけど、特に大きなミスなくゴールまで辿りつきました。

一段だけ間違ってやり直したのが、減らし目をする31段。ここは、唯一の落とし穴段だと思いますので、今後編む人は注意してくださいね。
ニトロは、最初と最後以外は、すべて『4目ごと1目減』で減らし目してたのだけど、実は途中で
(3目ごと1目減と4目ごと1目減)×5回
が入ってます。
この部分を見落としてたので、次の段を編んだときに、あれ?一目多い。。となってしまいました。何回数え直しても間違ってるので、編み図をよく確認すると、そもそも31段の減らし目が間違ってたわけです^^;

あとは、衿ぐりの伏せ留めがキツくて、頭がギリギリ入るレベルだったので、ほどいてやり直したくらいですかね。

二色の模様編みは帽子やミトンで経験してましたが、多色の編み込みは初めて。
糸始末が恐怖でしたが、何とかやり切りました。糸同士を結ぶだけでも良いみたいですが、ニトロの編み方が悪くて、糸交換部分の目が揃ってなかったり、目と目の間隔が空き過ぎだったので、無難に一本ずつ編み地にくぐらせました。本格的なフェアアイルでそれをすると、糸始末の量が膨大になるのと、糸始末した部分の編み地が厚くなってしまうので、あまりおすすめではなさそうですが^^;

初めての多色編み込みにしては、合格点と言えるかも。

裏返すと、こんな感じです。

さて、出来上がってみて、一つ疑問が。

これ、めっちゃ小さくない・・?

そうなのです。
あらかじめ編み針の号数を2号上げて編んだにも関わらず、仕上がりサイズがめちゃくちゃ小さい。無理やり着れなくもないけど、あまりにもパツパツ過ぎて不格好です。水通しによって多少は大きくなるにしても、ゆとりのある着こなしは難しそう・・。

となると、下手に水通しして中途半端な大きさにするよりも、このサイズのまま甥っ子にあげた方がマシな気がしてきました。

一応、そのつもりで妹1に渡したら「試しに私も着てみよう」と。そしたら、ニトロよりもピチツキ感がなくて、どうにか着られそう。
「じゃあ、甥っ子じゃなくて妹1が着たら良いよ」と言ったら
「それなら、ダメ元で水通ししてみたら?私とニトロはそこまでサイズ変わらんのだし、水通しして少しでも大きくなれば、ニトロが着れるんじゃない?」
となって。
そっか、じゃあ一応やってみるー。と持ち帰ってから、毛糸用洗剤を入れたバケツにぬるま湯を入れて、セーターをジャボンと漬けて。しばらくつけ置きしてからすすぐと、めっちゃ紺色毛糸が色落ちしました。

で、平置きで一昼夜乾かしてみると。

一回りほど大きくなりました^^
これなら、どうにかニトロでも着れそうです。
今回こそ間違いなく、フェアアイルヨークのセーター、完成です!

水通しでのサイズ調整は、これまでにも何度かやっていますが、今回はあまりにも出来上がりが小さかったから、さすがにどーにもならないだろう。。と始めから諦めていました。でも、やってみて良かったです。本来は、袖を+4段して少し長めに調整したみたく、身頃も4段くらい増やせば、縦方向の余裕が出せたのですけどね。次回以降の反省点として、ブログに記しておきます。

このセーターは、キャストオンから20日足らずで完成しました。
編み込みセーターは、アランセーターとはまた違った楽しさがありますね~。
編み終えてから「小さくて着れない!!」と落ち込みましたが、妹1の助言を聞いて、諦めなくて良かったです。甥っ子が着たら可愛いだろうし、まぁいっかーと思ったけど、やっぱり自分が着たくて編んだものなので。

これにて、フェアアイルヨークのセーターのエントリは終わりです。
次は何を編もうかな。二枚目のGenも編みたいし、そろそろ二年前のMiknitsも編まなくては。。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link