ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

岸根栗オーナー制度の返礼品が届きました 2016.10

time 2016/10/28

岸根栗オーナー制度の返礼品が届きました 2016.10

企業組合がんね栗の里から、2016年分の返礼品が届きました。
去年のエントリはこちらです。
岸根栗オーナー制度の返礼品が届きました 2015.10
岸根栗で渋皮煮作り【2015年】
img_20161029_000520
今年も、昨年と同じ段ボール箱に入れられて届きました。
開封すると・・いろいろ入っています。
img_20161029_000503
新米5kg・栗2kg・こだわり蜂蜜100g×3本・オリジナル菓子・栗ジャムなど。
栗の量が明らかに少なくて「え?これだけ??」とビックリしましたが
長雨、炭疽病の影響により(昨年より大粒に成長したものの)収穫量が三分の一に
激減しそうなので、今年の岸根栗は2kgでご容赦くださいとのこと。
※今年度からの新規オーナーには、3kg送っているそうです。
商品アイテムを増やした販売元年として、営業活動に対応する必要性もあるみたいですし
こればかりは天の恵みですから、仕方ありませんね。
送られてきた岸根栗は、毎年全て渋皮煮にして家族や友達におすそ分けするのですが
これだけ少ないと、今年は身内だけでなくなってしまいそうです^^;

岸根栗オーナーの権利は3年間3万円なので、年1万円を投資したお返しとして
上記の品物をいただいていることになります。
ニトロは2011年から続けているので、2016年で丸6年が経過しました。
更新前年には郵便局の払い込み票も同封されており、今年はニトロのもとにも
払い込み票が届きました。
来年以降も更新するなら、当然振り込みしなければいけません。
もちろんニトロは、オーナー制度がなくならない限り続けていくつもりです^^
img_20161029_000448
お菓子の箱。中身は去年と同じく栗ガレットかな?
昨年のパンフレットでは鋭意開発中となっていた栗ジャムが、商品として完成している!
これは嬉しかったです。美味しい食パンにつけて食べたい。
栗衛門と書かれたパッケージに入っていたのは、栗きんとん。
熱いお茶と一緒に、丁寧に食べたくなるルックスです。
img_20161111_150617
裏ごしした栗をそのまま固めたかのような栗きんとん。
まさに栗そのものを食べている感覚で、栗好きにはたまらない一品。
img_20161029_000433
お菓子のパッケージを開けてみると・・ガレットじゃありませんでした。
数種類の栗菓子詰め合わせ。
img_20161029_000414
ようかん・フィナンシェ・バターケーキ・マドレーヌ・サブレ。
全てに栗が入っている、まさに栗づくしのお菓子です。
とりあえずフィナンシェとサブレを食べましたが、素朴ながらも栗の風味、存在感を
しっかり味わうことができて、とても美味しかったです。
過去には、岸根栗がまるごと一粒乗せられた『マロンパイ』が届きましたし
お菓子の内容は、年ごとにマイナーチェンジしています。
同封のカタログには、マロングラッセ、マロンコンポート、マロンビジューなどの
限定アイテムも掲載されていたので、機会があれば是非食べてみたいな。

オーナー制度に興味がある方は、がんね栗の里HPを覗いてみても面白いかもしれません。
関連商品の開発、販路の拡大など、地道な努力を継続することによって
岸根栗の認知度は年を追うごとに着実に高まっています。
確固たるブランド栗としての地位を築くために、ニトロも引き続き応援していきます^^
さて、年に一度の大仕事。近日中に渋皮栗を仕込むとするかな。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


sponsored link