ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

福山SAで見つけた因島はっさく屋の『はっさく大福』

time 2016/04/23

福山SAで見つけた因島はっさく屋の『はっさく大福』

先日のことですが、妹1一家と岡山へ行ってきました。
高速道路を通って行ったのですが、途中でご飯を食べるために福山サービスエリアに寄ったところ、思いがけず嬉しい発見が!
なんと、因島はっさく屋のはっさく大福が販売されていたのです。
福山SAで販売されている事実を全く知らなかったニトロは、思いがけない出会いにかなりテンションが上がりました。はっさく屋のHPを確認してみると、月曜日以外の曜日で販売しているみたいです。下りにはなくて、上り線のみ。いいこと知ったな~。

因島の本店には二回行ったことがありますが、はっさく屋の大福は、かしはらのはっさく大福よりも果実が多い(気がする)ので、特に好きなのです。
IMG_4084
包装形態は両店ともほぼ同じで、透明なビニール袋に入った大福を緑色のシーラーテープで留めてあります。福山SAではバラ売りの他に、三個入り、四個入りで販売していました。
IMG_4086
はっさく屋の特徴といえば、中央にプリントされたはっさく大福イメージキャラクター『さくみちゃん』です。ニトロにとっては、どんな可愛いゆるキャラよりも可愛く見えます。相変わらず、柔らかいみかん餅と白あんに八朔の酸味が加わって、絶妙なおいしさ^^

しかし、やはり因島は遠いですし、福山SAにもしょっちゅう行くわけではありませんから、もち菓子のかしはらが広島市内にあるのは、めちゃくちゃ助かります。かしはらのおかげで、はっさく大福を身近に楽しむことができるのです。
IMG_4077IMG_4078
鶴の子餅。改名前は『ちゅーぴー大福(四角い卵)』でした。白あんから抹茶餡にマイナーチェンジしていますが、苺と甘夏には抹茶より白あんのほうが合う気がしました。問題なく美味しいので、好みの問題でしょうけども。
IMG_20160420_161506
甘夏大福もおいしいです。
IMG_4073IMG_4075
五個入りからは紙箱もあります。底面には、大福類の説明だけでなく注文先のFax番号まで明記してあり、熱い営業魂を感じさせます。
IMG_4076
開けたら、はっさく大福がぎっしり。夢のような光景です。

かしはら、はっさく屋ともに、全国に配達してくれます。
はっさく屋はFaxと電話注文で全国発送を受付けていますし、かしはらもFaxで注文ができます。ニトロは決して『はっさく大福』の回し者ではありませんが、本当におススメなので機会があれば食べてみてほしいです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link