ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2018年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSジュビロ磐田 2018.3.18

time 2018/03/18

【2018年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSジュビロ磐田 2018.3.18

2018年、ニトロのサンフレッチェ現地観戦開幕は、3月18日のジュビロ磐田戦@エディスタでした。

今季のサンフレッチェは、地元開幕戦でコンサドーレ札幌に1-0で勝利して以降、浦和レッズ、鹿島アントラーズと強敵が続いたにも関わらず、アウェーで連勝。ルヴァン杯予選も、先日の対ガンバ大阪戦、ホームでの対名古屋戦ともに勝利を収め、今季はここまで全勝無敗と、予想以上のスタートダッシュぶりです。

昨シーズン、サンフレッチェの年間順位は15位でした。
年間を通して苦しい戦いが続き、あわやの土俵際まで追い詰められながらも、ギリギリ踏んばってJ1残留を決めたのは、まだ記憶に新しいところです。翻って今季は開幕三連勝で首位となれば「一体、何が変わったのだろう?!」と気になりますよね。
今シーズンは特に、監督、スタッフ、選手の入れ替わりが激しかったので、何が変わったと問われたら、全てにおいて変わったのだと、言えるかもしれません。固定化していたメンバーの序列をゼロベースから構築することにより、よい形で競争原理が働いて、現段階ではチーム全体の底上げに繋がっているように見えます。

2018年シーズンから、スタジアム周辺の駐車場が事前予約制になったのですが、予約をしてなかったニトロ&妹2は、別の有料駐車場(一日1,000円)に停めました。すぐ近くに一日500円の駐車場もありましたが、ニトロ達が行った14時にはさすがに満車でした。500円駐車場はそこまで広くないので、完全に早い者勝ちですね。

好調なチーム事情に加えて、開幕試合以来のホームリーグ戦とあって、ジュビロ磐田戦には多くの観客が詰めかけていました。
今日のニトロの注目選手は、今季からサンフレッチェに復帰してくれた川辺駿くん。
対戦チームが、三年にわたって川辺くんがお世話になったジュビロ磐田だったので、どんな試合になるのかワクワクでした。川辺くんのジュビロユニを着た人が、川辺くん背番号のサンフレユニフォームクッションを買ってくれてたりして、チームを離れても愛されているのだな~と、ホッコリしました。
中村俊輔がいなかったのは残念でしたが、いたら負けてたかも^^;一人で違いを作り出せる選手だし、やはりセットプレーの怖さがありますからねぇ。

選手のバス入りを見届けてから、飲食ブースで牛すじ煮込みうどんを食べました。かなり濃い味付けでしたが、なかなか美味しかったです。妹2は尾道ラーメンを食べてました。
お腹を満たしてからは、グッズ売り場へ。
今日こそ!今シーズンこそは買おう!と決めていた、観戦時に着用するためのサンフレT。本当はレプリカユニが欲しくて、サンフレ会員の妹2にも「今年こそは買わないの-?」と確認されたのですが、好きな選手のユニにするか、サポ番号12に好きな文字を入れるかを迷って決められず。。何となく、そのままスルーしてしまいました。
今回買ったのは、コンフィットTシャツです。レプリカユニではありませんが、選手の背番号入りTシャツのデザインが格好良かったので^^

スマホカメラで撮影すると青っぽく写ってしまうのですが、実際は紫色です。会員割引価格とクーポン券使用で3800円ほどで購入できました。誰の背番号にしたかというと・・

他でもない、今季から副キャプテンに就任したカッシーこと、柏好文選手のTシャツにしました。
好きな選手は他にもいますが(カズさん、晃誠さんなど)、一人選ぶとなると断然カッシー好きなので^^
そもそも、ニトロがサンフレにハマるキッカケとなった選手ですからね。2017年の苦しい一年間、状況が悪い時でもポジティブに、そして真剣に戦うカッシーの前向きさに、サポーターがどれだけ救われたか。今シーズンも、キレキレなカッシーをたくさん見たいです。

エディオンスタジアムの天気は薄曇り。少し肌寒いくらいの気候でした。

さて、本日の試合について。
結果から言えば、0-0のスコアレスドローでした。両チーム通じて得点シーンがなかったので、塩試合と言えばそうだったかもしれません。
両チームともに、あと一歩、最後の精度が欠けていた気がします。特に、ジュビロ磐田は後半に入って圧を強めていて、クロスからヘディングシュートの形で危ない場面を何度か作られましたが、相手のプレーの質に助けられました。逆もしかりで、サンフレもいい場所でボールを奪ってカウンターに持ち込むのだけど、最後が決めきれませんでしたね。

分かってはいたけど、勝ち点を獲るのは簡単じゃないと痛感した試合でした。
昨シーズンを思えば順調すぎる出だしで、開幕三連勝を飾ったチームへの期待感が大きすぎるのでしょうね。シーズン通して全試合勝てるわけはないのだから、ドローも負け試合もあって然るべき。今後も、泥臭く勝ち点を拾う戦いを続けていくしかありません。まずは残留当確ラインの勝ち点40を目指して、目の前の一試合に全力を尽くすのみです。

次の現地観戦は、おそらく四月末の長崎遠征になりそうです。
妹2夫婦が誘ってくれて、当初は「二人で行っておいでー」と話していたのですが、サンフレの快進撃に加えて、食器好きの妹2が焼きもの市に行きたいと言うので、じゃあ一緒に行こうかーと同行を決めました。しかし、長崎遠征最大の決め手は、V.ファーレン長崎のメインスポンサー・・そう、ジャパネット創業者の高田明氏に会えるかもしれないから。長崎のホーム試合には常に応援に来ているイメージなので、ぜひとも会ってみたいです。
長崎の焼きもの市、前回行ったのが2015年だったので三年ぶりかな。ニトロ+ニトロ母+妹2との女三人旅でしたが、とても楽しい旅行でした。今回は一泊二日予定なのであっという間に終わりそうですが、サンフレッチェ勝利を願いつつ、遠征してきます^^
天気に恵まれますように。。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link