ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2016年Jリーグ】サンフレッチェ広島VS名古屋グランパス 2016.8.6

time 2016/08/06

【2016年Jリーグ】サンフレッチェ広島VS名古屋グランパス 2016.8.6

広島に原爆が投下されてから、71回目の8月6日を迎えました。
朝、投下時間を知らせるサイレンの音に合わせて、ニトロも静かに黙祷を捧げました。71年経ったとも言えるし、それだけしか経っていないとも言えます。今年は現アメリカ大統領オバマ氏が、現職の大統領としては初めて広島訪問を果たした年でもあります。

サンフレッチェのホームで8月6日に試合をするのは、Jリーグ開幕以来初めて。
選手入場時には観客席全体で緑色の平和祈念パネルを掲げて、選手、監督は86の数字がデザインされた特製Tシャツを着ていました。この日にサッカーができる感謝と、その土台となる平和への思いがテレビ画面越しにもビシバシ伝わってきました。特別なこの日に広島で試合があるからには、必勝しかありません!カープもホームゲームだったので、アベック勝利ができれば良かったのですが、残念ながら負けましたね。ここにきて、例年のカープが戻ってきています・・。
振り返ってサンフレッチェは、14戦未勝利と絶不調、J2降格も現実味を帯びてきた名古屋グランパスとの対戦でした。開始1分20秒で、久々スタメンの青ちゃんからウタカへのロングパスが通ると、ウタカがきっちりと決めて早々に先制点を奪いました。名古屋相手に早い時間に先制点を取ったことで、試合運びは俄然楽に。
その後、晃誠さんのCKに宮吉くんが頭で合わせてダメ押し追加点。宮吉くん、結果出したね~~!良かった!と喜んだのもつかの間。原因は不明のままですが、前半途中で負傷退場となってしまいました。ふと、昨年浦和戦での晃誠さんの怪我が頭をよぎりました。スタメン出場が増え、チームにも馴染んできていた宮吉くん。ここで長期離脱となると痛手ですし、重症じゃないことを祈っています。
宮吉くんのアクシデントで、前節に引き続きロペスが途中出場。ガンバ戦では追う展開だったこともあって積極的にシュートを狙っていましたが、今日は状況に応じた動きをしていたし連携も良くなっていました。
しかし、現地参戦した人によるとプレー中に何度か嘔吐していたようです。外人にとって日本の夏は過酷な環境だろうし、体力、精神力ともにキツイはず。この時期を乗り越えて、活躍してくれることを期待しています。
そして、入籍したばかりの野上選手もJ1デビューを果たしました。野上くんがDFで使える目途が立てば、後ろが少しは楽になるでしょう。リオ五輪で塩がいない隙に、しっかりアピールして定位置を狙いたいところです。そうなると序列の変化も気になりますが、健全な競争原理が働くのは良いことですし、練習で良い選手を使うぽいちさんのスタンスが徹底しているからこそ、サポーターも人選については概ね納得できます。新戦力がいち早くフィットして、大活躍するのを楽しみにしています。

後半は追加点を奪えそうで奪えず、逆に危険なシーンもありましたが卓人のスーパーセーブに助けられて無得点に抑えました。航平は、DFとしての出場が続いていますが頑張ってる!素晴らしいです、ほんとに。ファイト溢れるプレーで、観ていて気持ちよい。
妹2が気付いたのですが、青ちゃんが巻いている黄色のキャプテンマーク。ナイキロゴの下に、19の数字が入っていました。いつからか分かりませんが、佐々木翔の背番号をキャプテンがつけていることにじーんときました。
そんな細かい部分からも、負傷している選手も含めて全員で戦っている気持ちが感じられて嬉しかったし、誇らしかったです。

しかし、グランパスはちょっと・・ここからどうやって立て直すのか。
もちろんサンフレッチェには勝ってほしいのですが、心情的にはグランパスにも頑張ってほしい・・なんて、複雑な心境で応援していました。
フロント、監督、選手、サポーター、それぞれの立場、考えがあるでしょうが、もしニトロがグランパスサポだったら堪らないだろうな。小倉監督の顔にも生気がないというか、傍目から見ていても辛そうです。ここで辞めるのは逃げではないし、監督から辞めさせてほしいと言えないのなら、フロントが引導を渡してあげるのも温情なのでは、と思ってしまいます。
監督業がどれほど厳しいかなんて想像すらできませんが、心身ともに多大なストレスに晒される激務であることは間違いありません。名古屋に限らず、他の成績不振のチームでは監督交代も普通にやっていますし、思考停止状態に陥っているのであれば、思いきって肩たたきするのもありですよね。
広島には、押しも押されぬ名監督ぽいちさんがいますが、それだって結果が伴わなくなれば分かりません。
もちろん、結果について監督の責任が問われるのは当然でしょうけど、一方的に批判する気にはなれないです。監督の周りには、信頼できる相談相手がいるのでしょうか。一人で全ての責任を受け止めて、改善策を考えて、選手の指導をして・・なんて、今の状態では到底できていないでしょう。
チームとして、監督をフォローできる体制になっているのかどうか。
サンフレッチェの勝利は嬉しいものの、瀕死のグランパスに止めを刺したかのようで心から喜べない微妙な気持ちでした。勝負ごとって、つくづく難しいです。
一つ勝てれば波に乗れるのかもしれませんが、これだけ長期間にわたって勝ちから遠ざかってしまうと、勝ち方を忘れてしまいます。
広島だってJ2に二度も降格していますし、今のグランパスの苦境は決して他人事ではありません。Jリーグ全体のチーム力が均衡しているからこそ、ひとつ間違えば降格圏での争いに巻き込まれます。

サンフレッチェも、なんとか年間三位までに滑り込んでCSに絡んでくれたらなぁ。CSでの逆転優勝までは望んでないし、そもそも年間勝ち点のみが重視されるべきですが、できるだけ長い期間サンフレッチェを見たいし、やはり上位争いに絡んでこそチームもサポーターも盛り上がりますからね。
新スタジアムの機運を途切れさせないためにも、強いサンフレッチェ広島が必要なのです。イマイチ波に乗り切れないシーズンですが、ここから一つ一つ。
目の前の試合に全力を尽くして、勝ちを積み重ねてほしいです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link