ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2016年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟 2016.4.15

time 2016/04/15

【2016年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟 2016.4.15

前回の対仙台ホーム戦に引き続き、アルビレックス新潟との試合観戦に行ってきました。新潟といえば、野津田選手のレンタル移籍先。対サンフレッチェの試合には出場できませんが、広島には戻っていたみたいです。
一体どんな気持ちで、試合を観るのかな。心情的にはサンフレッチェ広島に肩入れするでしょうし、でも自分が所属しているのは新潟なわけで。相当なジレンマがありそう。サッカーの世界では、よくあることかもしれませんけど。

寿人選手は今日もベンチスタートで、最後まで試合には出ませんでした。
きっと色々と思うところはあるでしょうが、それでも試合後には率先してサポーターに向けて挨拶に来ていました。なかなかできることじゃないと思います。
試合に出場しなければゴールは奪えないわけで、このままの状態が続くと今年は連続二けたゴールの記録更新も難しいかも。158ゴールは、フロンターレ大久保選手より先に獲りましたが、それ以降は水をあけられています。
ウタカ選手が得点を重ねて目に見える結果を出し続けていますし、チャンスを掴むのは容易ではないかもしれませんが、プロの世界の厳しさは寿人選手が誰よりも分かっているはず。
そして、絶対にこのままでは終われない気持ちも持っているでしょう。一番大事なのは、チームが勝利すること。個人記録や、ベテランだというだけで優遇していてはチームの発展は望めません。競争を重視し、練習で良い選手を本番で起用する森保監督の方針はぶれませんから、試合に出たければ練習から高いモチベーションを保って結果を出すこと。本当に厳しい世界です。

試合は一進一退の攻防が続くじれったい展開でしたが、ミキッチのクロスが運よくゴールにつながり、1-0で勝利しました。ゴールの瞬間はオウンゴールの判定だったのですが、その後ミキッチの得点に変更されていました^^
新潟戦が故障明け復帰戦となった森崎和選手の上手さも、改めて実感。危ない場面には必ずと言っていいほど顔を出して、相手のボールを刈りまくり。頭をフル回転させながらポジション取りをしていて、危機察知能力も高い。和さんがいなければ、今日の勝利はなかったのでは?
試合後の談話で、千葉ちゃんが和さんを評して「(お掃除ロボットの)ルンバかってくらい、ことごとくボールを拾ってくれた」と話したそうですが、本当に観ていて気持ち良いくらい上手かったです。
得点シーンのような派手さはなくても、上手いプレイはやはり会場が湧きます。
この日は、何度も和さんに拍手が送られていました。ピンチを凌ぎ続けてくれたからこそ、虎の子の1点を守り抜けたのです。
得点はミキッチ選手でしたが、ニトロ的MOMは間違いなく森崎和選手でした。

これで今シーズンのニトロ観戦成績は3勝0敗(ACL含む)。なかなか調子良いです。昨年2015年シーズンに現地観戦したのは、柏レイソル戦のみ。しかも3-0の完敗でしたから。今年は福岡や大阪のアウェイ戦にも遠征予定ですが、せっかく遠くまで行くのだから是非とも勝ってほしいです^^

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link