ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟 2017.2.25

time 2017/02/25

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟 2017.2.25

昨年の12月末、鹿島アントラーズ相手に天皇杯で敗れた時点で、2016年のサンフレッチェ広島の日程は終了しました。
【天皇杯】サンフレッチェ広島VS鹿島アントラーズ 2016.12.24
この試合を最後に、森崎浩司は引退、佐藤寿人は移籍によってサンフレッチェ広島を去りました。サンフレッチェを支えてきた功労者の不在を寂しく思う一方で新しい出会いもあり、まさに「出会いあれば別れあり」を実感する今日この頃です。

2017年2月25日。いよいよ、ホームエディオンスタジアムで2017年Jリーグが開幕しました。相手は、昨シーズンのリーグ最終戦で対戦したアルビレックス新潟です。あの試合は、新潟が降格するか否かの瀬戸際でしたが、今季は心機一転で臨んでくるに違いありません。自分の贔屓チームに目が行くのは人情ですが、これまでの実績は全て過去のもの。どのクラブも優勝目指してチーム編成しているわけですし、J1チームの力量は拮抗状態にあると考えるべきでしょう。

ニトロは現地応援には行けなかったので、ネット観戦でした。試合は前半20分あたりから見始めましたが、スタメンの顔ぶれは先週のPSM山口戦と全く一緒でした。
【PSM】サンフレッチェ広島VSレノファ山口-1 2017.2.19
【PSM】サンフレッチェ広島VSレノファ山口-2 2017.2.19
晃誠さんとロペスの怪我があったとはいえ、高卒2年目にして開幕スタメンを掴み取った森島くんに期待がかかります。前線の顔ぶれは昨年から様変わり。ワントップは工藤選手、シャドーはフェリペともりし、ボランチのガッキーも新メンバーです。
DF陣は、ミズ、シオ、千葉ちゃんと見慣れたメンバーですが、ゴールマウスを守るのは、昨季まで第三キーパーの座に甘んじていた廣永選手。山口戦でもナイスセーブがありましたし、出場機会が増えるに応じて連携も高まりそうです。満を持して岡山から戻ってきた中林選手は、卓人さんの不在中にアピールできませんでした。そう考えると、J1リーグ戦において毎試合スタメン出場し続けるゴールキーパーって、本当に凄い!卓人さんは順調に回復して全体練習にも合流しているみたいですし、今後の正GK争いに注目です。

ゲーム内容は一進一退というより、ピンチの数で見ればサンフレッチェが若干押され気味の展開でした。山口戦同様、ボールロストからカウンターをくらってあわやのシーンはありつつ、最後が決まらず命拾いをする場面が何度かありました。
前半は0-0のまま折り返し。昨年の開幕戦は川崎フロンターレが相手で、終了間際に失点して負けましたが、今日はどうなるでしょうか。
後半に入って、一人目の選手交代はかっしーの怪我から。太もも裏を抑えていて即交代だったので、2015年浦和戦で晃誠さんが怪我したのと同じ感じかも・・と、ちょっと心配です。大事に至らなければ良いのですが。交代で入った航平は、山口戦同様にキレキレでした。かっしーが無事なのが一番ですが、万が一離脱した場合は航平頼むぞ-。

交代からほどなくして訪れた待望の先制点は、フェリペCKからミズヘッド、工藤選手がこぼれ球にきっちり詰めて決めました。開幕戦でゴールを決める工藤選手、流石です。一見すると簡単そうなゴールですが、あの場所に動く嗅覚がなければ得点には繋がりません。ふかすことなくきっちり決めて、ストライカーとしての能力の高さを見せつけました。

このまま勝っていればヒーロー間違いなしでしたが、甘くないのが勝負の世界。相手のナイスゴールによって同点に追いつかれてしまいました。試合終盤には、一人退場者を出した新潟に対してツートップの陣形で圧力をかけようとするものの、そのままタイムアップを迎えました。
新潟相手にホーム初戦で勝てなかったのは痛いって見方もありますが、内容的には、負けてもおかしくなかった試合で勝ち点1を拾えたのだから良しとするのが妥当かなと思います。廣永選手は、完封勝利で結果出したかっただろうなぁ。経験不足が心配されていましたが、タイのカップ戦、PSM山口戦などを経て開幕を迎えたことで、緊張感はありながらも全体的に落ち着いたプレーでした。

もりしは、山口戦の2点目でも見せた相手に囲まれながら独力で突破する形を、J1チーム相手にもやってのけました。ドリブルからシュートまでの流れは完璧でしたが、ボールは惜しくもポストに当たってしまいました。本人も「決めたかった」と話していた通り、もし決まってれば2-0で勝利はほぼ確実だっただけに惜しかった。もりしとペアを組んだフェリペはマークがキツく、試合後に本人も「出来がよくなかった」と話していた通り、ボールロストも多く、目立った働きは見られませんでした。フェリペのCKから得点を生み出したのは確かですが、けっこう浮き球も多くて「セットプレー要員にしては、アバウトだな」といった印象。次節以降に期待しています。

交代出場したチャジ、皆くんは出場時間が短いので仕方ないのかもしれませんが、交代の切り札としては迫力不足かなぁ。チャジ、マル、皆くんは、新戦力に開幕ポジションは譲りましたが、長いシーズンを戦うにあたって必ず彼らの力が必要になるでしょうから、とにかく日々鍛錬あるのみです。

青山選手は、調子が良いのか悪いのかイマイチ判然としませんでした。何でもないところでパスを引っ掛けたりしてましたし。ガッキーもハードワークしていたのでしょうけど、あまり印象に残りませんでした。
それにしても、全くお知らせがないまま一ヶ月以上チームを離れている和さん、今の段階であれこれ言っても仕方ないのですが、どうしているのかな。心配は尽きませんが、まずはチームに合流して元気な姿を見せて欲しいです。今日の試合で『カズ、君は一人じゃない』の弾幕を出してくれた人。翔さんのユニを目立つ場所に掛けてくれた人。ありがとうございました。サンフレサポーターの心の声を代弁してもらった気がして、とても嬉しかったです。特に弾幕。すごく短いメッセージだけど、伝えたいのはこの一言だった!と思わず膝を打つような名言です。和さんが復帰するまで、毎試合出してほしいなぁ。

来週は引き続きホームで、今季J1に昇格した清水エスパルスとの対戦です。一節はエスパルス負け、同じく昇格組のコンサドーレ札幌も負けでした。セレッソ大阪は磐田相手にドロー発進。サンフレッチェは一節、二節とホームゲームで移動もありませんし、体力的には楽なはずですから、次節こそは確実に勝利を掴みたいですね。
ニトロも現地で応援したいのは山々なのですが、土曜日の試合は仕事の都合上なかなか行けないので、特に土曜日に試合が集中しているシーズン前半はほぼ中継観戦になりそうです。早く現地応援したいですし、アウェーにも行きたいな。吹田スタジアムでのガンバ戦も、結局金曜日になってしまったので行けそうにないですし。残念!
開幕前は吉田に行けなかったので、来週の平日休みこそ吉田に練習見学行こうっと^^

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link