ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSコンサドーレ札幌 2017.3.18

time 2017/03/18

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSコンサドーレ札幌 2017.3.18

サンフレッチェ広島は、ルヴァン杯を合わせると開幕から公式戦五試合未勝利記録を更新しました。
リーグ戦は一分二敗、若手の奮起を期待したルヴァン杯もスコアレスドローに終わるなど、チームは低空飛行を続けています。
第四節の対戦相手は、二節の清水エスパルスと同じく今季J2昇格組のコンサドーレ札幌。広島と同じく、札幌も今季リーグ戦は未勝利です。リーグ前半戦ながら、今後の試金石を占う下位チーム同士の大一番となりました。
結果は冒頭で述べた通り、未勝利記録を更新する2-1での敗戦。はるばる札幌くんだりまで来たのですから、どんな形であれ勝ち点3をもぎ取って欲しかったですね。

ニトロは、試合結果を知った状態で録画を観たのですが、全体を通して不用意なボールロストの多さが気になりました。特に、青ちゃんとフェリペの部分では、直接失点につながった場面もありましたし。
攻めてはいるけど流れを掴みきれず、せめて同点のまま前半を終えたかったところで余計なファール→フリーキック→失点の流れは、まるで前節鳥栖戦のデジャヴでした。2点目は、ガッキーがファールからオウンゴールまで絡んでしまって、後半早々に交代。今節も、ガッキーならではの良さ、次も観たいと思わせるプレーは観られませんでした。次のボランチは、出場停止明けのマルに戻るのでしょうか?

札幌の1点目は、まさに広島のお株を奪うかのようなゴールでしたし、その後もことごとく広島がやりたいサッカーを相手にやられていました。裏への抜け出しも何度か仕掛けられて、危ない場面がありましたし。
ロペスも、持っている素質は素晴らしいのだろうけど、アイデア不足なのかなぁ?連携云々を論じる時期はとっくに過ぎてますよね。
拓磨みたいな、今だと鹿島アントラーズの鈴木選手のような、出場すれば一人でも何かやってくれる予感があって、実際に試合を決められる選手の存在は、やはりチームに必要不可欠なのだなぁと改めて実感します。
今のサンフレで、選手交代で出場して「やった!頼む!決めてくれ!」と思える選手がいるかと問われると、答えに窮しますからね。それが現状だと受け入れるしかないけど、やはり寂しさがあります。寿人さんがいれば、とは思いませんが、拓磨がいたら違ったかもなーと。
ウタさんは、早速リーグ戦出場してゴール、アシスト決めてましたね。さすがです。シーズン終盤までもつかどうかは?ですが、クオリティは間違いなくあるので、FC東京の戦力は相当高い!

全体的に動きのバリエーションが少ないのか、第四節まで来て「連携が・・」と言いたくなる時点で、かなり厳しい状況なのでしょうね。
出来は悪くないのに不運でやられただけ!とも言えず、実際は裏を取られてキーパーと1対1になった回数は札幌の方が多かったですし、それだけ好きにやられていた印象です。
今までの実績に敬意を表してか?対戦相手のサポーターさんからは「広島に勝てるなんて金星だー」なんて言われたりもしますが、今の広島は優勝した時の広島とは別のチームであって、特段、強いわけではありません。
FC東京にしても鹿島アントラーズにしても、強いチームはリードされようが得点できなかろうが我慢でしのいで、最後に点をもぎ取って確実に勝っています。
サンフレは我慢ができずに、ポロポロと失点してしまっている。それは、紛れもなく弱いからです。

鳥栖戦でようやく晃誠さんが戻ってきて、即復帰弾を決めたと思ったらノーゴール判定で、運にも恵まれないサンフレ。
鳥栖戦が「負けじゃなくてもドローでいけてたら」とか、札幌戦で「ファールがなければ」とか、まさにタラレバ娘状態ですが、何の責任も負わない立場からなら何とでも言えます。
しかし、実際にピッチ上で戦うのは選手しかいません。サポーターの応援が力になると言ってくれたとしても、結局のところ、勝敗は選手個人の資質に拠る部分がとても大きいわけで。つくづく厳しい仕事だなぁと思います。

ぽいちさんの言葉を借りるなら、勝ったチームが強いのだから、負け続けている現在のサンフレッチェ広島は紛れもなく弱いわけです。
優勝時にはあれほど賞賛されていた監督や選手たちに対しても、負けが込んでくると容赦なく手厳しい言葉が浴びせられます。
相応の報酬を貰っているプロだから、勝てなければ批判されるのも当然と言われればそれまでですが、J1リーグがそれだけ熾烈な戦いの舞台になっているわけで、同じチームが未来永劫強いなんてあり得ないのは、長い歴史が証明しています。いくらサンフレが強いといっても、相手だって丸腰で挑んでくるわけではなく、どのチームも力を入れて対策して来ます。

ニトロはサンフレ応援歴がまだまだ短く、だからこそ強いサンフレに慣れきっているので、歯車が噛み合わず負けを重ねる姿を観るのは辛いです。妹2旦那さんの言葉を借りれば、まさに「優勝ボケ」しているのでしょう。
贔屓チームを応援して勝てば喜び、負ければ悔しい。それだけのことなのに、今では試合開始の数時間前から気になって仕方ないし、まるで自分のことのように緊張します。
今日こそは勝って欲しいと思いながら、心のどこかで「今日も負けるかも」と考えていたり。負けに慣れたくはないけど、どこかで諦めもあります。
シーズン開幕前は、もう少し良い状態を想像して期待感も大きかったのですが、一ヶ月経過して一勝もできないとは。
ワールドカップによる中断期間に入るので、選手もリフレッシュして心機一転できれば良いのですが。

明日は、ガンバ対浦和レッズ戦見ようっと^^
今後は強敵が続きますが、そもそも今のサンフレッチェ広島にとって強敵じゃないチームなんてありません。清水エスパルスもコンサドーレ札幌も、J2昇格組だから勝てるとは思っていませんでした。スタッツ上はサンフレが圧倒していても、勝ち点ゼロでは何の意味もないわけです。
やはり、走らなければサッカーは勝てないですよね。選手も痛いほど分かっているだろうに、それができない。明日は我が身とはよく言ったもので、昨年の名古屋も他人事とは思えませんよ。

今は少し入れ込み過ぎてるので、もう少し距離を取ってライトに楽しむ感覚に戻さないと、ニトロの身が持ちそうにないです^^;
ネット上では、早くも降格か?といった論調が取り沙汰されていますが、現状を踏まえれば全然あり得る話だと思いますし、成績でみれば現実に下から二番目にいるのですから、その意見も最もです。この位置から上がる、上がってほしいというのは、あくまでも希望的観測であって、そうなるかどうかは今後の戦いにかかっています。
選手自身、勝てない期間が続くと「次は何としても勝たなきゃ!!」と余計なプレッシャーを感じるでしょうし、その思いが強くなるほど逆にプレーが萎縮してしまいそう。
勝敗は時の運だけど「自分達が絶対に勝つんだ、勝つに相応しいチームなんだ!」という気概だけは失わず、試合に臨んでほしいです。

ファンも悲しいけど、やはり何といっても辛いのは一身に批判を浴びる監督と選手だと思います。新加入選手だって、重用されているからこそ責任を感じるでしょうし。
「勝っても負けても命まで取られるわけでもなし。プロスポーツやってれば、こんな時期もあるさ」くらいでちょうど良いかもしれません。図太くなかったら、プロなんてやってられませんよね。
今シーズンのサンフレは、降格しなければ御の字くらいに考えて、ゆるく見守ります。

しかし、外から観ているよりもずっと、和さんの不在はチームにとって大きいのかもしれません。指揮者不在のオーケストラみたいなもので、今は個々がバラバラに演奏していて、全体を見渡してまとめる役割がいないって感じでしょうか。
ゴールキーパーは、廣永選手じゃいけないのかな?とちょっぴり思います。卓人さんが特別悪いわけでもないけど、ピンチの場面でことごとく決められる場面をみると、絶対でもないような。
しかし、基本的にゴールキーパーの変更はよっぽどのことがない限りはしないのが常識らしいので、廣永選手はとりあえずルヴァン杯やトレマで頑張ってアピール続けるしかないか。

早く、一勝して選手も無敗記録の呪縛から逃れて欲しいですね。次の柏戦も手強い相手ですが、工藤選手が古巣相手にかませるか?!
振り返り、反省するのは大事ですが、終わったことを嘆き続けても仕方ありませんから、ここからは目の前の戦いを一戦ずつ、ものにしていくしかありません。スローガン『一心』に反して、既に何だかバラバラ気味のサンフレですが、このままくすぶるメンバーではない!と反発力に期待しています。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link