ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2016年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSサガン鳥栖 2016.9.17

time 2016/09/17

【2016年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSサガン鳥栖 2016.9.17

2016年リーグ戦も、あっという間にセカンドステージ12節まで来ました。
今シーズンのサンフレッチェは、全体的には押し込むものの
最後の詰めが甘いというか、相手に上回られてしまって落とすゲームが多く
上位争いからも脱落しかけています。
ホームの甲府&大宮戦、1stでは大差をつけて勝ったチームに対して
一点も取れず、逆に同じパターンで失点して負けたのが痛かった。
いくら攻め込んでいても、シュートが決まらなければ得点は奪えません。
ぽいちさんがいつも言うように「勝ったチームが強い」のだから
これらの試合では、甲府、大宮がサンフレッチェより強かったわけです。

さて、アウェイ鳥栖戦。
前半はサンフレがボールを持ちつつも、危険な場面がいくつかありました。
ウタさんは決定的なチャンスを決めきれず、嫌な流れが漂い始めていましたが
塩が!決めてくれましたよ;;スーパーミドルを。
試合後の監督談話で、ぽいちさんが言ったこと。

塩谷が居残り練習で見せているスーパーなシュートを決めてくれて
主導権を握って試合を進めることができた。

そうなのです;;最近ニトロが行った練習見学でも、2回行って2回とも
塩は全体練習が終わってからシュート練習をしていました。
サンフレッチェ広島練習見学@吉田サッカー公園 2016.9.8
サンフレッチェ広島練習見学@吉田サッカー公園 2016.9.15
その姿を見ていたから余計に、今日の塩のシュートには感動しました。
「ああ、普段の練習でやっているからこそ本番で生きるのだな」と
良い手本を目の前に差し出された感覚。
千葉ちゃんのスライディングをひらりとかわしたのも素敵^^
ゴールが決まって塩が真っ先に向かったのは、居残り練習につきあっていた
GKマスのところでした。マスも嬉しかっただろうなぁ。
塩のシュートで思い出したのは、2015年のアウェイガンバ戦でドウグラスが
見事なFKを決めた場面でした。
ガンバ戦の前に妹2夫婦が練習を観に行った時にも、ドウグラスは一人黙々と
FKの練習をしていたそうです。
練習では全然ゴールが決まっていなくて、その様子を見ていた妹2旦那さんは
「ドグがFK蹴ることはないだろう」と思っていたらしいですが^^;

めっきりゴールから見放されていたウタさんも久々のゴールを決めましたし
ウタさん以上に久しぶりのゴールを決めたチャジも、良かったです。
本人が求めていた結果が、とりあえず今試合では出せましたね。
継続して結果を出し続けられるかどうか、ここからが勝負です。
ニトロがリアルタイムで試合を観たのは後半5分くらいまでだったので、それ以降は
スマホで試合経過をチェックしていたら、前半1-0で折り返したのが嘘のような打ち合いで
3-2になっているではありませんか。
どんな状況なのかテキスト速報で見てみると、一時は3-0まで突き放していたのに
そこから2点返されて一点差まで迫られていた模様。
柏レイソル戦もそうでしたが、3-1までいって「今日こそは勝ちかな」と思っていても
あれよあれよと同点まで追い付かれりするので、かなりドキドキしました。
現地応援のサポーターの皆さんも、終了の笛を聞くまで安心できなかったでしょうね。
最終的には3-2で辛くも勝利を収めましたが、課題も残る試合内容でした。
リーグでは、アウェイ仙台戦以来の勝利。長かったです。

ここのところ和さんはめっきり出番がありませんが、公式で怪我の発表などもないので
どんな状態なのかが心配です。
練習には普通に参加していますので、怪我ではなく調子を落としているだけかもですが
終盤で競る場面では必ず和さんの力が必要になる時が来るでしょうから
今は、しっかりコンディションを整えることに集中してほしいです。

それにしても、チャジ。本当にゴールおめでとうございます。
ぽいちさんもガッツポーズ&ものすごい笑顔でしたね。
浅野がJ初ゴールを決めた時もそうでしたが、若手が結果を出すと
ぽいちさんにとって喜びもひとしおなのでしょう。
宮吉くんも復帰に向けて準備を整えているなか、確固たる結果を残し続けて
シャドーに定着できるくらいの活躍を見せてほしいです。
チーム内に健全な競争が起きないと、強くはなれませんから。
次の浦和戦でもチャジは先発でしょうし、強豪相手にどこまでやれるか
真価が問われそうですね。
勝つには勝ちましたが、前半は鳥栖のオフサイドに救われたゴールもあったり
3-0まで突き放したのに3-2まで迫られたのは反省点。
セットプレーからの失点が多いのは相変わらずだし。CK&FK恐怖症ですよ××

浦和は今日負けた川崎と入れ替わって、セカンドステージ首位にたちました。
年間勝ち点差も川崎に迫っており、目下最大の難敵です。
ファーストステージでは、年に一度あるかないかの奇跡的な試合展開で逆転勝利しましたが
今のサンフレの流れを見ると、ファーストで勝った相手に負けるパターンが多いので
浦和戦も厳しい戦いになりそうです。
わざわざ広島から行くわけですから、どんな形であれ目指すは勝利ですが
たとえ負けたとしても、初埼スタの雰囲気が楽しめればいいかと割り切ってます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link