ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSサガン鳥栖 2017.3.11

time 2017/03/12

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VSサガン鳥栖 2017.3.11

ホームでの開幕2連戦でスタートダッシュを決めたかったサンフレッチェ広島ですが、新潟にはドロー、今季J2から昇格した清水には負け。第二節が終わった時点で、未だ勝ちなしの厳しい船出となりました。
何としても勝利が欲しい状況で迎えた第三節、対戦相手はサガン鳥栖です。2016年はリーグ戦、天皇杯合わせて三戦全勝と相性は良いものの、過去の実績は未来の勝敗において何の保障にもなりません。
ここまでのリーグ戦では「どうやって得点するのだろう」と心配になるほど攻撃に迫力がなかったので、きっと今節も苦戦は必至だろうし、もちろん勝利が一番ですがドローでも御の字だと思っていました。

仕事の都合で前半のみネット観戦したのですが、広島、鳥栖ともに決めきれない展開が続きました。
サンフレは、今節からスタメン復帰した晃誠さんの存在が大きかったです。惜しくもオフサイド判定になりましたが、ゴールを決めるまでありましたし。ゲーム勘に加えて経験値の裏付けがあるので、ポジショニングが適切だし周囲がよく見えています。
晃誠さんの相棒であるもう一方のシャドー、フェリペは大丈夫かなぁ。試合後の森保監督コメントからは、結果に関わらず我慢して使っていく意志が読み取れましたが、フェリペを見ていると、そもそも試合にしっかり集中できてるのかな?と心配になります。ボールを受けても次に繋がる動き出しができないし、単純なボールロストが(しかも危ない場所での)多いので、全体が上がって攻撃を仕掛ける形にいきたいのに、ロストのせいで守備のやり直しをさせられる場面が散見されました。フェリペにボールが渡ると「またボールとられるのでは?!」とヒヤヒヤ。
前半終盤間際には、失点に繋がるファールもありました。前段階でフェリペがボールロストしたので、自分で取り返したい気持ちが強く働いたのでしょうが、前半は0-0でいいから絶対に失点は避けたかったので、余計に痛かったなーというのが正直な気持ち。決めた相手を褒めるべきなのかもしれませんけど。

後半は観れませんでしたが、前半を観た限りでは、フェリペ交代で宮吉くんかロペスが入るかな?と思ってたので、試合後の情報を確認したら先に晃誠さんが交代していて驚きました。まだ復帰したばかりで本調子じゃないから、大事をとったのでしょうか。フェリペと晃誠さんなら、間違いなく晃誠さんを残した方が攻撃が活性化しそうな気がしました(素人考えに過ぎませんが)。

しかも、サンフレッチェ広島にしては珍しくイエローカード乱発でした。マルなんて、久々スタメンでいきなり退場してるし^^;二枚目は不運なカードだったみたいですが、いやー、せっかくのチャンスを潰してしまったのでは。次節も出場できませんし。前半見る限り決して悪くなかったし、青ちゃんもやりやすそうに見えました。
新しい風も必要ですが、これまで積み上げて共有した感覚も大事なんだなーと感じ入る部分があったので、本当に勿体なかったです。
次節は再びガッキーが先発かな。二節までは目立った結果が残せませんでしたが、次でどうなるか。森島くんもいますし、青ちゃんのパートナーはまだ定まりませんね。和さんは何しているのかな。練習見学に行っても、姿すら見えないのは寂しい限りです。

前半のFKが決勝点となって試合には負けてしまいましたが、あまりショックや驚きはなく「やっぱりなー」と淡々とした気持ちでした。
2016年を振り返ると、第三節までは二分一敗で勝ち点2でした。今年は一分二敗で勝ち点1なので分が悪いのは確かですが、これから長いシーズンを戦うに当たって、今が良いから最後まで良いとは限りませんし、その逆も然りです。
キャンプで離脱した晃誠さん、ロペス、宮吉くんも帰ってきました。サンフレッチェ広島のサッカーを知る人が徐々に前線に戻ってくれば、工藤さんもかなり動きやすくなるのでは。
昨季のウタさんを持ち出されると困るのですが、広島のワントップは個人技でゴールをこじ開けるというよりも、連携で崩して決めるフィニッシャー的役割なので、基礎部分の連携に長けたメンバーが揃った今から、チームの状態が上がれば良いなぁと期待を込めています。良くも悪くも、次節の札幌戦が勝負ですね。

サンフレ命の妹2旦那さんは、一人で車を運転して佐賀まで遠征に行ってました。負け試合でさぞかし悔しかっただろうと声をかけると、意外にも「ロペスが帰ってきたから大丈夫!」と力強い言葉が返ってきました。妹2旦那さんは、なにげにロペスファンなのです。
ほんと、ロペ頼むよ-!サンフレに入団してから、肝心な時に怪我離脱を繰り返してるし^^;次はないよ!と思いつつ、二度あることは三度あるとも言いますので、再び怪我するのではと心配です。

次の公式戦は、水曜日のルヴァンカップ。観に行きたいけど、仕事後だと駐車場がないので行きにくいです。もし市内にスタジアムがあれば、迷わず行けるのにな。エディスタ周辺の駐車場スペースもどんどん減っていて、せっかくスタジアムに行っても車が停められずに帰る人もいるらしく、観戦までのハードルが果てしなく高くなってしまってます。
クラブ側は努力していますし、時間があれば公共交通機関で行く選択肢も取れるけど、仕事終わってギリギリ駆けつけるとなると、車じゃないと行きにくい場所ですから悩ましい・・。
何はともあれ、若手中心で臨むであろうルヴァンカップでは、是非ホーム初の勝ち試合を観たいものですね。

話は変わって、日曜日はガンバ大阪とFC東京戦を中継で観戦したのですが、ガンバ大阪強かったです。
補強メンバーの豪華さはJ1随一とも言えるFC東京に対して、ガンバ大阪がどう戦うのか気になったのですが、試合後に長谷川監督が話していた通り、全員が気持ちを全面に出して、走って、戦っていました。
あんな試合が観れたら、サポーター冥利に尽きるだろうなぁ。
遠藤選手のキック精度は相変わらず高いし、まだまだ頼れるキャプテンですね。一点目を演出したアデミウソンへのロングパス、素晴らしかったです。東口選手も神懸かったセーブを何度も見せてくれました。これは日本代表でも第一GKじゃない?と思っていたら、試合後のニュースで、まさかの頬骨骨折・・。間もなく始まるW杯予選には勿論出場できませんし、残念すぎでした。早く治りますように。
上手くいっているチームもあれば、なかなか波に乗れないチームもありますが、それこそプロスポーツです。盛者必衰が逃れられない運命なら、ここから数年間の広島の現実的な目標は、まず降格回避を第一に、順位は上位から中位をキープできれば上等かもしれません。
鹿島アントラーズだって優勝から遠ざかった期間はありましたが、徐々にチーム力を整えて準備していたからこそ、昨年の戴冠が実現したわけですし。

妹2旦那さんがよく言うのが「優勝ボケしてる」って言葉です。
資金が潤沢ではない一地方クラブのサンフレッチェが、様々な逆境を跳ね返して5年で3度の優勝を成し遂げたのが普通では考えられない快挙なのに、それに慣れてしまって優勝するのが当然だと思ってない?と、自戒を込めて発するのです。
数多の強豪クラブが優勝目指してしのぎを削っているのに、毎年サンフレだけが優勝できる道理はありませんし、J2に二度降格したくらいですから、逆に弱い時代も長かったのです。
Jリーグ創設時からサンフレッチェを応援し続けている妹2旦那さんからすれば、ここ最近強かったのはサンフレからのプレゼントであって、今後も強かろうが弱かろうが変わらず応援するスタンスは不変のようです。
ニトロにはそこまでの覚悟はありませんが、今後もマイペースにゆるゆると応援できればと思っています^^

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link