ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VS横浜F・マリノス 2017.4.16

time 2017/04/16

【2017年Jリーグ】サンフレッチェ広島VS横浜F・マリノス 2017.4.16

リーグ戦第6節のガンバ大阪とルヴァン杯の新潟戦に勝って、サンフレッチェは公式戦二連勝。
【2017年Jリーグ】待望の今季初勝利!サンフレッチェ広島VSガンバ大阪 2017.4.7
ようやくチームの調子も上がってきたかと期待が高まるなか、第7節は横浜F・マリノスをホームに迎えての一戦でした。横浜は、前節で中村俊輔擁するジュビロ磐田に2-1で競り勝ち、今季からキャプテンを務める斉藤学も2アシストと結果を出しています。
難しい戦いになると覚悟はしていましたが、試合は1-0での敗戦。サンフレにとっては残念な結果に終わりました。

昼間は外出していたので、試合を見始めたのは試合開始4分を過ぎたあたりから。
始まったばかりだから0-0だろうと思っていたら、いきなり1-0でビハインドの状況に陥っているではありませんか。柏戦に引き続き、前半早々に失点した模様です。あとで確認すると、最初のセットプレーで決められていました。大ベテラン中澤選手が上手く合わせていましたが、そもそもどフリーじゃないですか・・?スロー映像では、若干オフサイドっぽく見えましたが、これはGKとDFの間を狙ったFKの上手さを褒めるべきかなぁ。
現在のサンフレは、攻めてはいるけど決定力に欠けていて、相手からすれば守りやすい攻撃しかできていません。複数得点が期待できず1点取って守り勝つのがやっとの状況で、今季の負け試合は全て先制されています。こうなると、まずは1-1に追いつくだけでも御の字ですが、なにしろゴールが遠い。
放ったシュート本数はマリノスより多かったし、惜しい場面もありましたが、前半の失点が最後まで響いて1-0のまま敗戦となりました。

柏戦、マリノス戦と、ホームゲームで早い時間に失点してしまうと、選手もサポーターも一気に意気消沈してしまいます。選手が懸命に戦っているのは理解できますが、危ない場面を作って相手にチャンスを与えて、まんまと決められてしまう負の流れは、開幕から断ち切れないまま。特効薬はないけど、もどかしいですね。

開幕戦で負傷したかっしーが、途中交代ながらリーグ戦に復帰したのは明るい話題です。待ってましたよー。戦う姿勢を見せてくれましたし、臆せず仕掛けることで左サイドが活性化して、得点の可能性も感じました。ピッチ外では、千葉ちゃんと共に盛り上げ役を買って出てくれるかっしーですが、ニトロはピッチでの真剣な表情のかっしーが好きです^^
二試合ぶりの復帰となったアオちゃんも、短時間ながら持ち味は出していましたが、決定的な仕事はできず。久々のリーグ戦出場となった森島君も、流れを変えるまでには至りませんでした。

かっしーが復帰するので、今節はベンチスタートかと思っていた壮也くんは、三試合連続のリーグ戦スタメン出場を果たしました。柏戦は為す術なく負け、ガンバ戦では待望の勝利を掴んで、さぁ、次はホームでの初勝利!といきたかったですね。自分が出場した試合で勝つことが、若手にとっては何よりも存在証明に繋がるのですから。前半、航平くんのクロスに飛び込んだヘディングは惜しくもバーを叩きましたが、もし決まっていたら、間違いなく今日のヒーローは壮也くんでした。
今の状況から一段階飛び抜けるためにも、アシストやゴールなど『目に見える結果』が欲しいところ。肝心のクロスは「ああ~~^^;」ってなる場面が多いですが、実戦を経験して、確実にステップアップしています。
当然ですが、かっしー、そしてミキッチが本格的に復帰したら、今のポジションは確約されていません。監督に「使ってみたい」と思わせ、サポーターに「プレーを観たい」と思ってもらえる選手になるためにも、何としても今のチャンスを生かして、レギュラーの座を掴んでほしいなと思います。

しかし、前節ガンバ戦でやっとこさ勝って、ルヴァン杯も勝って、ホームで勝てたら公式戦三連勝で、選手も完全に自信を取り戻せたでしょうに、なかなかうまくいきませんね。
今日の試合も、相手のミスに助けられて1-0で終えましたが、きっちり決められていたら3-0でもおかしくありませんでした。守備を堅くしてまずは無失点でいきたいのに、早い時間に失点、そこからは1点も返せず敗戦・・。認めたくはありませんが、まさに昨季の名古屋を見ているかのような戦いぶりです。

フェアプレー賞常連チームのサンフレが、今季は総じてイエローカードが多いのも気になります。イエローが多くなる原因は、ボールへのアタックがアフター気味になっているから?アフターになる=動きの予測ができていない、一歩、二歩遅れているから?無理やり止めようとする(止めざるを得ない)場面の増加に比例して、イエローが増えているのかもしれません。相手の先手を取っていれば余裕をもって対応できますし、イエローも抑えられるはず。

監督、選手共に、J1リーグは厳しい場所だと重々承知しているでしょうけど、今季ほど勝ち点を得る難しさを痛感するシーズンは、森保監督体制では初めてではないでしょうか。今節勝っていれば、まずは降格圏から脱出の可能性があっただけに、本当に痛い敗戦です。
J2からの昇格組は、三チームともコンスタントに勝ち点を重ねていますので、このままだと昨年のJ1チームから降格チームが出る話も現実味を帯びてきます。大宮の調子も上がっていませんが、現状サンフレも降格候補に挙げられて仕方ない位置にいるのは確か。

次節は、ホームでベガルタ仙台戦。次こそは、ホーム初勝利を飾ってほしい!何しろ、ここまで4戦未勝利ですからね^^;一つ勝って、なんとか浮上へのキッカケを掴んでほしいな。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link