ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

『岩崎本舗』の角煮まんと『松翁軒』のいちご大福

time 2017/02/14

『岩崎本舗』の角煮まんと『松翁軒』のいちご大福

デンマーク・デザイン@長崎県美術館
デンマークデザイン展を見終わってから新地中華街まで歩いていくと、平日16時頃にも関わらず沢山の人で賑わっていました。

ちまきや中華菓子、角煮まんを販売する店が軒を連ねていて、小腹が空いてきたニトロの食欲を刺激します。
しかし、選択肢がありすぎて、逆にどの角煮まんを食べれば良いのか迷います。ネット検索してみると、どうやら『岩崎本舗』と『角煮屋こじま』が、長崎の角煮まん業界における二大勢力のようです。




川面に映るピンク色の提灯が美しい^^日が暮れると、もっと幻想的な風景なのでしょうね。
タイミング良く、中華街の門を出て橋を渡った角地に『岩崎本舗』がありました。今ではすっかり長崎名物となった角煮まんは、卓袱料理の一品だった東坡肉(とんぽうろう)を「もっと手軽に、より美味しく」食べられるように・・と、岩崎本舗の初代が考案したのが始まりらしい。
さすがに観光客慣れしているので、注文もスムーズです。店内には簡単なイートインスペースが設けられており、セルフサービスながらお冷、お茶もいただくことができます。

角煮まん(税込398円)を一つ購入。店内は人が多かったので、お茶だけもらって外で食べ歩き。ランタンの雰囲気の中で頬張る角煮まんは、格別の美味しさでした。むっちりしっとりした皮の食感と、ちょうど良い柔らかさと味付けの角煮の組み合わせ。出されてみると「なるほどね」と思うけど、これを最初に考えた初代は凄い。これは家族にもお土産に買って帰りたいな。

中華街から浜町アーケードへと歩いていくと、茶碗蒸しで有名な『吉宗(よっそう)』を発見。
もう何年も前の話ですが、福山雅治ライブのためニトロ母+母友人が長崎に行くと言うので、ライブには行かないけどニトロも長崎行きたい~と便乗して、こちらの『吉宗』にも行きました。たしか「福山さんおススメのお店」として紹介されていたのです。

大きな茶碗むしと蒸寿しのセット。これだけで満腹になった記憶があります。お腹空いてたら食べたかったなぁ。



浜町商店街のアーケード内も、ランタンフェスティバル一色。昔は、やたらとケバケバしく見える赤提灯が好きではなかったのですが、台湾の九份で赤い提灯が連なるお茶館を見て感動して以来、風情があって良いものだな~と思うようになりました。

商店街を歩いていると、カステラの松翁軒を発見。ニトロが長崎でカステラを購入するのは、たいてい松翁軒です。せっかくなら長崎特有の銘柄が良いですし(文明堂や福砂屋のカステラはどこでも買えるので)、価格と量のバランスがバッチリでお土産に使いやすいので重宝しています。長崎駅アミュプラザにも店舗があるのは知っていたのですが、店頭で目についたいちご大福に吸い寄せられるニトロ(ちょろい)。
店員さん曰く「長崎駅の店舗でも販売しているけど、この時間だから売り切れの可能性もあります」とのこと。確かに、もうじき17時になろうかという時間ですからね・・。駅まで行って、売切れは悲しい。だからと言って、ここでいちご大福1個だけ買うのも何なので、ついでにお土産カステラも購入しました。

ショコラ、イチゴ、抹茶、季節限定のさくらなど、様々なフレーバーがありますが、やっぱりカステラはノーマルが一番美味しいでしょう。季節柄、至るところで桃カステラも目にしましたが、フォンダンで描かれた桃カステラ、見るだけなら可愛いけど、食べるなら普通のカステラが良いかな~。まぁ縁起ものですからね^^華やかなのは間違いない。
結局、松翁軒ではカステラ五切れ入りを5箱といちご大福を1つ購入。

残すは、お土産用の角煮まんを買うのみです。電車の時間まで余裕があったので、帰り道の途中でゆめタウンの地下に寄ってみると、思いがけず『角煮家こじま』のお店を発見。冷凍ショーケース内には、お土産用の角煮まんがズラリと並んでいます。先ほどニトロが食べたのは『岩崎本舗』の角煮まんだけど、お土産用はこじまにしてみようかしらと、レギュラーの角煮まん5個入りと、長崎県産豚を使った角煮まん5個入り、合計10個を購入。これだけあっても、皆で分けたらすぐになくなりますからね。冷凍品なので持ち帰りは断念して、配送をお願いしました。

予想以上にランタンフェスティバルを楽しんだニトロ、もう思い残すことはありません。

長崎駅に飾られたモニュメントも、帰る時間にはライトアップされてました。


改札上に飾られたランタン。同じ場所でも、ライトアップされると一層豪華ですね。

アミュプラザでタピオカミルクティーを買って電車に乗り込み、長崎とはお別れです。


帰りのかもめ号はKis-My-Ft2電車でした。

さっそく車内でいちご大福を食します。松翁軒のいちご大福、すごく美味しかったです。
いちご大福といえば壺屋がイチオシのニトロですが、松翁軒のいちご大福も負けず劣らず!
呉市仁方の老舗お菓子屋さん『壺屋』の苺大福
柔らかい大福部分、程よい甘さの白あん、そしてしっかり果実感のある苺が三位一体となっていました。これなら税込248円でも高くありません。納得です。ちなみに、松翁軒アミュプラザ店にもいちご大福は残ってました^^;が、アミュプラザ店では二個入りからの販売で、単品販売はしていないらしい。浜町店では快く一個売りに応じてくださったので有難かったです。美味しかったので二個でも余裕で食べられますけど、良いお値段しますし一人で二個は贅沢ですからね。

夜行バスで寝られなくなる危険があるので、帰りの電車は起きたまま。二時間後には博多駅に到着しました。一泊二日ながら盛り沢山だった九州デザイン展旅行も、いよいよ終わりに近づいています。あとは無事に帰って、お土産を堪能するのみ。
次回が九州編最後。続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

LINEスタンプ

main
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


sponsored link