ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

春爛漫!出雲大社&美保神社&境港の鬼太郎ロード

time 2018/04/03

春爛漫!出雲大社&美保神社&境港の鬼太郎ロード

神社好きの妹1が「久しぶりに出雲大社へ行きたいなぁ~」と呟いたので「んじゃ、今度の休みにニトロも行くー」と、同行してきました。
松江道が開通してから、島根がかなり近くなりました。一昔前は、片道四時間かけて下道をえんやこらと走って行っていましたから。

とても天気の良い春の日でした。述べ回数では、出雲大社に十回以上は参拝していますが、これほど桜が咲いている季節に来たのは初めて。



出雲大社への道すがらも、至る所に桜が咲いていました。島根は広島より寒いだろうから、ちょうど今の時期が満開かもねー?との予想は外れて、既に半分葉桜になっている桜もあったり。

ちなみに、一週間前の広島の平和公園の桜はこんな感じでした。まさに、満開!



桜を見ると条件反射で「枯れてしまった桜の花 かき集めているのだろう~」と、脳内で五十嵐さんが歌い出します。syrupあるある。さくら、大名曲ですよねぇ。
「昨日が未来の欠片なら 明日だって思い出だろう」なんて、あの声で歌われたら百万回頷くしかありません。





至る所にウサギの石像が増えてました。こちらは、お相撲さんバージョンのウサギ!

参拝後は、ここ最近定番化している『えにし』にて、出雲そばをいただきました。11時開店で10時40分頃到着したので、ニトロ達が一番乗り。暖かい日だったので、冷たいそばを注文しましたよ。

特製えにしそば(冷や)。あっさりしてるので、つるっと完食。普通サイズは割と少なめなので満腹にはなりませんが、この後もダラダラ食いするのを見越して、大盛にはしませんでした。

出雲大社からは、松江のアルトスブックストアへ移動。

島根に来たからには素通りできないお店です。
とは言え、ニトロが率先して「行こう」と言うわりには、実際に商品を買う頻度が少なくて、大抵は同行の妹たちが何かしらお買い物してます。今回も、妹1がバーズワーズの陶製鳥ブローチとキャンプ特集の雑誌を買っていました。お誕生日が近いので、ニトロが支払いしましたよ(^-^)
末っ子気質丸出しの妹2とは違って、妹1は自分から「あれ買ってこれ買って」と言うタイプではありません。そんな妹1とニトロは、誕生日のたびにライブチケットをお互いに買い合ったり、旅行のホテル代を出し合ったりするパターンが多いのですが。今回はモノのプレゼントで。

アルトスから近いので、パティスリーキュイールに寄ってもらったのに、残念ながら店休日でした。では、ジーコワリだ!と行ってみると、こちらは営業してました。

旅先なので、生ケーキではなく、前回食べて美味しかったティグレシリーズを買いました。

ティグレの種類が増えていたので、焼き菓子の中でも、店の看板商品的なアイテムになっているのもしれませんね。
なかなか、ティグレをメインで扱ってる店もこの辺りだと特に少ないだろうし、特徴があるので売りやすそう。チョコチップ入りの生地も、真ん中のチョコ部分も美味しくて、一個でも満足度の高い焼き菓子です。

次は、境港へ行く前に、妹1要望の美保神社へと向かいました。

甥っ子は「疲れた~もう神社行きたくなーい」と車中で留守番を決め込んでいたので、ニトロと妹1だけで手短にお参りしました。妹1に「前にも一緒に来てるよ!」と言われたけど、ほぼ記憶にありません。。


昔から、妹1に連れられて色々な神社へ行ってはいるのだけど、何しろ興味が薄いので全く覚えていないのですよね。
御祭神の話や本殿の建築様式について、妹1が感動しながらあれこれ話してくれましたが、よく分からないまま美保神社をあとにしました。

ここから、ようやく境港の鬼太郎ロードへ。
妹1と甥っ子二人は、専用のスタンプ帳ではなく持参した旅行用スタンプノートに、妖怪スタンプを押しまくってました。ニトロも、自分の手帳に好きなキャラのスタンプだけいくつか押して満足。スタンプの柄も、昔押した時とは一部変わってました。特に人気キャラは、リニューアルの間隔が短いのかもしれません。押されすぎて摩耗も早いだろうしな。


十年以上前に、一度だけ行った水木しげる記念館。貴重な原画や展示物がたくさんで、見応えがありました。今回は甥っ子もいたし時間も少なかったのでスルーしましたが、久しぶりに行くと楽しいかもしれないな。

元々、ニトロは原作の悪魔くんが好きで、そこから水木しげる作品は文庫本で集めたりしたので、原画点数が多いこちらの記念館は、ある意味聖地のような場所でした。数年前に、増え過ぎた本を整理して売った時も、水木しげるさんの漫画やエッセイ本は売らずに手元に残したくらい、好きな作家さんです。ユーモアがあって、絵が抜群に上手くて、大好きです。


小さいサイズの妖怪マンホール、カラーで可愛い!
他にもたくさん種類があったのだろうけど、わざわざ写真に収めたのは、やはり一反もめんとぬりかべです。人型の妖怪(子泣きじじいや砂かけばばあなど)よりも、単純な造形で、どこか間が抜けたデザインの妖怪が好みです。だからか、ねこ娘とかねずみ男もあまり好きではないですね。

境港を満喫したのちは、再び玉造温泉まで戻って日帰り浴場でお風呂を済ませて、近くのファミレスにて夜ごはんを食べて、すぐに寝られる状態で帰途につきました。

行き帰りの車中では、先日買ったばかりの生還DVD(Blu-ray版を持っていたのだけど、デッキの調子が悪くて再生できなくなったので妹1にあげて、ニトロは改めてDVDを購入)と、GHOST PICTURES、遅死1010などsyrup祭り。GHOST~で、五十嵐さんがステージに出てくる瞬間のあまりの格好良さに、何回も巻き戻しては二人して悶絶していました。ライブハウスの暗い照明で見るのに慣れているから、屋外にいる五十嵐さんが新鮮で。色が白い!!普通に男前すぎませんかね?十年前の五十嵐さん。。歌えばあの声だし。喋れば可愛いし。作る曲は名曲揃いだし。無敵じゃないですか。

syrupリスナーは、まずもって音楽そのものが好きな人が大多数で、いわゆる顔ファン?って少ないとは思います。ニトロも、音しか知らないまま聴いてる期間が長かったですし。どんな人が歌ってるのかは、あまり興味がなかったので。でも、人となりを知れば知るほど、音楽だけではなくて、その人自身を好きになってしまうのは止まりませんよねぇ。。ニトロ(と妹1)にとっては、どんなイケメン俳優よりも、五十嵐さんが格好良く見えますもん。ファンの補正効果があるのは間違いないにしても。

遅死やGHOSTのDVDを観てたら「また野音でsyrup観たい!」気持ちが、ムクムクと湧き上がってきます。いつかは武道館でライブしてほしいなぁって思いもありますが、どちらかと言えば野音の方が、より切実に観たいステージかもしれません。お休みから帰ってきて、野音でやってくれたら最高です。

片道二時間ちょっとにも関わらず、出雲大社と境港の名所巡りができて、温泉まで入って。急遽計画した日帰り旅行でしたが、たっぷり満喫しました。桜景色も美しかったし、余計に得した気分です(^-^)

今後のお出かけ予定では、四月末のサンフレッチェ長崎旅も楽しみですが、京都にも行きたいです。今年、2018年5月末での閉店が決まっている、京都のオ・グルニエ・ドールに最後に行っておきたくて。
京都のパティスリー『オ・グルニエ・ドール』のカフェで一息
昨年7月の誕生日関西旅行でも行ったけど、せめてもう一度、最後に行きたいです。四月のどこかで計画立てようかな-。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link