ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦

time 2015/12/03

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦。
大阪の万博記念競技場で開催されたガンバ大阪VSサンフレッチェ広島戦を、リアルタイムで妹2夫婦と観戦しました。
取られて取って、取られて、また取って。このまま引き分けで終わっても、サンフレとしては十分だと思っていたら、待っていたのは劇的すぎる逆転弾。
ガンバに退場者が出た影響もありましたが、結局はアディショナルタイム5分で2点取ってサンフレッチェ広島が逆転勝利しました。
ほんとに、最後まで目が離せない熱い試合でした。
和さんと千葉ちゃんの信じられないミスから先制点を取られた時も、せっかく同点にした直後に逆転された時も、ニトロは「うわ~ダメかも・・」と弱気になってしまいましたが、残り時間が刻一刻と少なくなるなかで、サンフレッチェの選手たちは誰一人諦めていませんでした。
1点目は拓磨の激走があったからこそだし、2点目の佐々木選手のヘディングも魂こもってました。正直、あの場面で同点に追いついていなかったら、第二戦はかなり苦しい戦いを強いられていたはず。
しかも、残り時間を考慮すれば2-2の同点でホームに帰るだけでも良いところを、きっちりトドメを刺しにいく選手たちの逞しさよ。

監督の交代策もバッチリはまりました。
特にMOMの柏選手、通称かっしーの活躍は「素晴らしい」の一言に尽きます!最後の逆転弾だって、ちゃんとその場所にいるからこそ決めきれるわけで。しかも、決して簡単なシュートではありませんでした。
今野のスローインを読んでいた和さんがカット、丁寧にパスを繋いで山岸さんからマイナス気味の絶妙クロスが中に通ったものの、ドウグラスのファーストシュートは上手くミートせず、拓磨のシュートは丹羽にブロックされ、そのこぼれ球がかっしーの前に転がってきた時、残り時間はほぼゼロ。30秒もありませんでした。
まさにサンフレッチェ=三本の矢のごとく、ドグ→拓磨→かっしーと三段構えで攻め立てて再逆転するなんて。事実は小説より奇なりと言いますが、本当にドラマよりもドラマチックな幕切れでした。

こうして、12月2日の第一戦は激闘の末にサンフレッチェ広島が勝ちました。
続く12月5日の第二戦は、ガンバ大阪をエディオンスタジアムに迎えてのホームゲームです。
妹2夫婦はもちろん現地で観戦予定です。ニトロは現地の緊張感に耐えられそうにないので、テレビ観戦で応援します。
ここまでくれば、目標はただ一つ。年間勝ち点一位の意地とプライドにかけて『完全優勝』しかありません。12月5日は、エディオンスタジアムを紫に染めて三度目の優勝。三個目の星を獲りましょう!!
明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦に続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


sponsored link