ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦

time 2015/12/06

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦の続きです。

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦、ガンバ大阪VSサンフレッチェ広島。
本来なら年間勝ち点1位のチームが優勝となるべきだけど、スポーツ興行の側面が強く出たCS制度によって、リーグ戦の結果が優勝に直結しない。野球のCSにも同様のことが言えますが、やっぱりどこか腑に落ちませんね。
泣いても笑っても今日が2015年シーズンのJ1リーグ最終戦、今さらレギュレーションに文句を言っても仕方ありません。とにかく勝てば良いのです!
妹2夫婦と共に現地で応援したい気持ちもありましたが、心臓ばくばくで観てるだけで苦しくなりそうだったので^^;大人しくテレビ観戦しました。

第一戦に引き続き、第二戦も前半に先制ゴールを許してしまって苦しい展開。ただ、追加点は与えずに凌ぎながら我慢するサンフレッチェ。後半に入って、浅野、柏と、第一戦で値千金の活躍をした選手を投入しました。
すると狙い通りに交代選手が躍動して、かっしーのクロスから浅野がヘディング同点弾を決めてくれました。第一戦でかっしーが決めた決勝点も、本当は直前にシュートを打った浅野が決めたかったはず。本人も「チームが勝ったのは嬉しいけど、自分はあの決定機にゴールできず悔しくて眠れなかった」と話していたほどでした。
今日も得点前に何度かチャンスがありながら、決めきれていませんでした。この大舞台でのゴールを浅野自身待ち望んでいただろうし、結果が出て本当に嬉しかっただろうな。
もしガンバに追加点を決められてスコアが2-0になっていたら、広島が優勝を逃す可能性が高まっていただけに、ここでの1点がどれだけ味方を楽にしたか。
逆にガンバは残り少ない時間で+2点を取らなければ優勝はなくなり、俄然苦しい展開となりました。結局、浅野の1点が決勝点となった格好です。
まだ時間も残っていたので、広島としては勝利で有終の美を飾りたかったでしょうが、猛攻及ばず
1-1の引き分けで終わりました。
結果的には、第一戦を3-2で勝ったことが本当に大きかった。勝負の綾を見たような気がしました。MVPはキャプテンの青山選手でしたが、ニトロは二戦合わせて1ゴール2アシストの大活躍だった柏選手をMVPにしたいくらいでした。特に「誰のファン」というのはなくて、しいて言うなら浅野が好きかな~くらいだったけど、一気にかっしーにハマりそうです。

試合が終わってからは、とにかく各局スポーツ番組をチェックするのが大変でした。一番大変なのは、激戦を終えてへとへとであろう監督、選手でしょうけども。インタビューでも、かしっちの自信ありげな言葉がカッコよかった!
チームの雰囲気の良さも出ていて、皆で勝ち取った優勝なんだなと改めて実感しました。
議論が停滞したまま進まない新スタジアム問題ですが、4年で3回の優勝と文句のつけようのない実績を得た今こそ、具体的な話が進むことを期待しています。

妹2夫婦は、現場でしっかりと歓喜の瞬間を味わったみたいで、旦那さんなんて「興奮しすぎて倒れるかと思った」とのこと^^;広島にとっては、本当に嬉しい夜になりました。
現地での優勝インタビューでは、青山選手が昨年の土砂災害のことにも触れていて「犠牲となったサポーターにも良い報告ができるのが嬉しい」と言われていました。そんなことがさらっと言えるところが、やはりキャプテンです。
まだまだ戦いは続きますが、身体大事に、チーム一丸となって結果を出してほしいです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link