ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

もち菓子のかしはらの『広島餅れもん』と『はっさく大福』

time 2017/04/21

もち菓子のかしはらの『広島餅れもん』と『はっさく大福』

妹1が、もち菓子のかしはらで『広島餅れもん』『くり栗』『はっさく大福』を買ってきてくれました。

もち菓子のかしはらには何度も行っていますが、レモン大福『広島餅れもん』を食べたのは初めてでした。

『広島餅れもん』と言うくらいですから、大福の中にはレモン果肉が入っていると思ってました。甘い餡と酸っぱいレモン・・果たして美味しいのだろうか?そもそも、レモン果肉って生で大福に入れて食べられるのか?!と不思議だったのですが、百聞は一食に如かず。
はっさく大福との違いは、あんこが白餡ではなくレモン餡だった点。果肉ははっさく、もしくは甘夏?よく分かりませんでしたが、レモン果肉ではないはず(自信ない)。HPの原材料を確認しても「果実」としか書かれていません^^;また今度お店に行ったら聞いてみよう。レモンの酸っぱさと風味がほのかに感じられるレモン餡は、なかなか他では味わえない爽やかな味覚でした。妹1のおかげで、レモン大福の疑問がやっと解けました。ありがとう、妹1!

栗大福『くり栗』は、くり粒餡を黒豆入りの餅で包んだ季節限定商品です。原料の栗がなくなり次第終了らしく、HPでは販売期間10月~1月となっていますが、なぜか4月になっても販売していたみたい。原料の栗がまだ残ってるのでしょうか。栗が一粒丸ごと入っているタイプではないので、栗好きのニトロにとっては少し物足りない大福です。一度だけ自分で買って食べたことがありますが、「わざわざかしはらで」買うのであれば、はっさく大福を選んだ方がコスパが良いと感じました。
ただ、今回妹1が買ってきた栗大福を食べたニトロ父は、普通に「美味しい」と満足していたので、多分に好みの問題でしょう。餅生地は黒豆入りと凝っていますし、たっぷり詰まったくり粒餡も、あんこ好きには堪らないと思います。

はっさく大福は10個入り。整然と並んだ大福たちが美しい。
因島はっさく屋のはっさく大福と、パティスリーシトロンのケーキ
先日、福山SAで因島はっさく屋の『はっさく大福』を買って食べたばかりなので、あまり久々感はありません。

はっさく屋のはっさく大福は、オリジナルキャラクターのさくみちゃんが目印です。
当然ながら、福山SAや広島市内の出張店舗で買うより、因島本店の方が安い上に作りたてが買えます。今年のGWも、因島はっさく屋はドライブやサイクリングのお客さんで大賑わいでしょうね^^
余計なお世話ですが、もし、GWに因島はっさく屋へ行く予定がある方、特に遠方から訪れる場合は、事前に予約しておいた方が確実だと思います。
因島のはっさく大福『はっさく屋』
以前、仕事で広島ー四国間を車で往復した際、通り道に因島はっさく屋があることを思い出して、帰りの道中で当日電話予約をしたところ、快く受け付けていただきました。GWなどの繁忙期だと当日予約は難しいかもしれないので、できるだけ余裕をもっての予約をお勧めします。
遠くから足を運んだのにお目当てにありつけなかった悔しさは、一言では言い表せません。打てる手は、全て打っておくべきなのです。
大福ごときで、いちいち大げさですかね・・?でも、ニトロ、気仙沼『喫茶マンボ』のいちごババロアが楽しみ過ぎて、旅行の数ヶ月前から予約してますからね・・。次にいつ行けるか分からない場所に、それ目当てに行ったのに食べられなかったら、目も当てられませんよ><
最後は「絶対に食べたいものは、予約してでも確保しよう!」って話でした^^;

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link