ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

御手洗瑞子『気仙沼ニッティング物語』

time 2015/09/06

御手洗瑞子『気仙沼ニッティング物語』

発刊されてから、ずっと読みたかったのですが
近所の本屋で探してみるものの、在庫がなく・・
結局ネット注文で入手しました。

読みやすい内容で、2時間ほどで読了。
会社の立ち上げから、商品開発、編み手さんの募集などなど・・
知りたかった部分が、詳しく書かれてあって
楽しく読むことができました。
欲を言えば、もう少し写真が多いと嬉しかったです。

新商品である「見つける人」の写真も掲載されていました。
どんな作品なのか知りたくて、ネットで検索しても
分からずじまいだった作品が
思いがけず、ぽん、と載っていて拍子抜けしました。
すごく三國さんぽいな~という印象。
実物見てみたい。
きっと、素敵なんだろうな。
本の写真では黒地に白の模様に見えるけど
地色は、紺色かも?しれません。

羊は工業製品のようでいて、実際は生ものに近いので
(なにせ動物の毛ですもんね)
品質管理が難しかったり、価格の変動が激しかったり。
ここでも、需要と供給に沿った市場原理がしっかり
働いているのだなーと実感。
羊毛なんて、不足したからといって一気に増産できないもんなぁ。

本の中で、何度も
「100年続く会社になりたい」という
目標が語られていますが
一歩一歩地道に、でも確実に進んでいけば
きっと実現しそうな気がします。
今を生きているほとんどの人は
それを見届けることは、できませんけど
気仙沼ニッティングのカーディガンやセーターを通じて
時代と共に生き続けることは、可能でしょうから。
ニトロも、時代の先端をいく技術や話題よりも
どちらかというと、老舗の経営的なものに魅かれる性質です。
この会社の路線としては、きっとそれが正しいはず。
今後の展開も気になります。
いつか必ず気仙沼のお店にも伺いたい!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link