ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

Kindle Unlimitedで想定内のミスをやらかした話

time 2016/08/08

Kindle Unlimitedで想定内のミスをやらかした話

数日前、Kindle Unlimitedは、究極の時間泥棒になる(かも)と書きましたが
予想通り、暇があれば読みたい本をダウンロードする日々です。
漫画は短時間で読める作品が多いので、10冊あろうが20冊あろうが大したことはありません。
文字の本は漫画より時間はかかるものの、一字一句追っているわけではないので
おそらく紙の本よりは速く読んでいます。
読んでいます、と偉そうに書いていますが、かなりの飛ばし読みです。
速読・・ではなく、ただの『つまみ食い読み』です。
ざーっと目は通していますが、読むのは興味のある部分だけ。
自分なりに楽しんでいるKindle Unlimitedですが、当初から一つだけ不満がありました。
『読み放題で読む』ボタンの真下に『1-Clickで今すぐ買うボタン』が
レイアウトされているので、間違ってボタンを押しそうになるのです。
1-Click設定の変更画面で、ボタンをオフにすることもできるのですが
Kindle書籍にはオフ設定が適用されない不親切設計・・。

ここまで読んだ方は、ニトロに何が起きたかお分かりでしょう。
面白そうなタイトルを見ては『読み放題で読む』ボタンを押していたのですが
一冊だけ、いつの間にか『1-Click購入ボタン』を押していたのです。
その額おそよ500円・・・・(え?そのくらい諦めろ??)
いくら守銭奴と罵られようとも、タダのものに500円とは言えお金を支払うのは
ニトロの塵のようなプライドにかけて許せません。
急いでキャンセル手続きしなくては!!
詳しい手続きは検索すれば出てくるので割愛しますが、手順通りに
カスタマーセンターへメールを送って、待つこと数分。
あっという間に、間違って買った本が削除されていました。
Amazonからメッセージも届いており、既に返金手配もしたとのこと。
さすが仕事が早い。秒速だわーと感心もしましたが、そもそも論として
これほど簡単な間違いが起こる可能性を、天下のAmazonが見通せないわけがありません。
ニトロみたいにせせこましいつつましい消費者であれば、数百円であっても
「キャンセルします!」と連絡しますが、余裕のある人や手続きが面倒な人は
「まあいっか、間違ったのはこっちだし」と諦める可能性も大です。
あえて間違いを誘発させようとしているのでは?と穿った見方の一つもしたくなる
不親切な仕様だと思うのですが、これが米国クオリティなのでしょうか。
今回、気を付けていたのに誤ったボタンをクリックしてしまったのは
スマホ画面で操作していたことが主な原因です。
パソコンなら大画面ですし、慎重さがあれば単純なボタン操作の間違いは回避できますが
スマホでは、自分が押したいタイミングと画面上の位置がずれることがままあります。
そのせいで、関係ないアプリやゲーム広告を間違ってクリックしてしまうことも
しばしば・・。
今回も同じような状況で、自分では『読み放題で読む』を押したつもりが
画面が移動してしまって、間違ったボタンを押していたわけです。
これを避けるには、画面が安定するまでは画面に触れないに尽きるでしょう。
もっと良い方法もあるかも?ですが、ニトロの場合はこれかな。

以前も、Amazonって何だかな~と思ってしまう出来事がありました。
自分でも気づかないうちに、いつの間にかAmazonプライム会員になっていて
年会費を徴収されたのです。
プライム会員に申し込んだ覚えは全くないのに、いきなり数千円の年会費とは?
履歴から考えるに、プライム会員特典の翌日配達サービス無料期間を試したことで
プライム会員になる踏み絵を(知らず知らずのうちに)踏んでいたようです。
会員特典を使用していなければ解約できることを知って、即時解約。
無事に年会費も返金されました。
それまでは、便利で安くて、特に書籍購入ではほぼAmazon一択でしたが
この一件以降、積極的に使うのは避けるようになりました。
しかしKindle Unlimitedの出現で、のこのこと舞い戻ってきたうえに
またもやAmazonの罠?にハマった間抜けなニトロでした。

さて、Kindle Unlimitedそのものについての雑感です。
全タイトルをチェックしたわけではありませんが、現時点で集英社が不参加というだけあって
ニトロが普段読む系のコミックはなくて、逆に新鮮な感じも。
インベスターZは1巻から最新刊まで一気読みしましたし、賭博破戒録編のカイジは無料の3巻まで。
カイジについては、長くなりそうなのでまた別項で取り上げます。
このエピソード大好き、って部分を重点的に語りたい^^
コミック本で持っていたのですが、本の整理をしたときに売ってしまったのですよねー。
今考えると、持ってても良かったな・・『銀と金』は売りませんでしたが!
サービス無料期間が経過しても、月々1000円払って続けるかどうかですが
集英社が参加するなら有料でも良いかなって感じ。
それがなければ、今のところは微妙かな・・。
現在のニトロの読書ペースは、漫画と文庫本合わせても月に5冊読みません。
でも、Kindle Unlimited有料版を契約したとなると『質より量』とばかりに
(本来は読む必要がない本まで)あれこれ探し続けて疲れてしまうかも。
ニトロの性格的に、読みたい本がある時だけ利用すればいい、では飽き足らず
「元を取らなきゃ!」と躍起になりそうで。
上手く活用できれば良いのだろうけど、ちょっと自信がないです^^;
始まったばかりのサービスだし、利用者側も手探りなのは仕方ないのかな。
先行しているアメリカではどうなのだろう。
単純に月1000円で数多の本が読み放題と考えるなら、価値は十二分にある。
ただ、その価値に振り回されたくないと考える自分もいる。悩ましいです。
便利になり、その便利さを存分に享受して生活しているくせにね。
とりあえず・・・お盆休みは読書三昧で過ごすことになりそうですけどね。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link