ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

絶景!わいた山荘の天空桶風呂

time 2015/05/04

「モダン百花繚乱ー大分世界美術館ー」@大分県立美術館のつづきです。

一泊目の旅館は、見晴らし抜群の天空桶風呂が売り!熊本県阿蘇郡小国町にある「わいた山荘」です。今回は温泉に重きを置いていたので、天空桶風呂の写真を見て「これはいいじゃない!」と即決。全7室のこじんまりした旅館ということで、期待も高まります。

大分ICから九重ICまで高速道路で移動。ICを降りてからも、ナビに従って迷うことなく到着。山の中をぐんぐんを進んでいくうちに、硫黄の匂いが漂ってきて「うーん、温泉地に来たなあ」と実感。
旅館に到着すると、フロントでネコが出迎えてくれました。座布団の上に遠慮なく座っている姿、貫録ありました。
2階で食事をとっている時も近くから猫の鳴き声が聞こえるので扉を開けると、フロントの猫とは別の猫が、階段から給仕さんを呼んでいました。給仕さんも「はいはい、ちょっと待ってね~」と、手慣れた様子。
旅館内に猫がうろちょろしているのが、ちょっと面白かったです。苦手な人は、ちょっと困るだろうけど。
食事は、可もなく不可もなく・・でしたが(料理をする母と妹2は、ダシが美味しくないと言っていました)メインは、お風呂ですから!何やら、温泉特集の雑誌の表紙を飾ったこともあるとか。納得です。周囲に囲いが少ないので、明るいうちだと普通に見られそうですが^^;
部屋単位で貸切にできるので遠慮なく寛げますし、夜は満天の星空に囲まれて贅沢気分を味わいました。

2日目の朝は、黒川温泉近くのカフェ、Cielへ。ガイドブックに掲載されていて、妹2が行きたいーと言っていたお店です。
ケーキ、焼き菓子、どれも美味しそう!周辺でおすすめの蕎麦屋さんありますか?と聞いた時にも丁寧に案内してくださり、とても助かりました。その場では食べずに持ち帰りしたのですが、ケーキ、プリン、焼き菓子、全て美味しかったです。味にうるさい母と妹2も「150点!」と感激していました。

お昼は、Cielでおススメしてもらった、山の飯沙羅へ。すぐ近くだったので迷わず到着。開店後まもなくだったので待たずに済みましたが、帰る頃には既に席待ちが発生していました。
ニトロはざるそばを注文して、つるっと完食!母は、前日の旅館に続き、こちらでも日本酒を飲んだのですが「広島のお酒の方が断然美味しい」と言っていました。ニトロは、下戸なのでお酒のことは全く分かりませんが、九州の日本酒は薄味らしいです。九州と言えば、やはり焼酎の方が盛んだからでしょうか?

満腹になったところで、火山活動が続いている阿蘇山へ。遠目からでも、噴煙がすごいことになっています。
一応、山頂まで行きましたが(ロープウエー乗り場がある場所)風も強いし、灰は積もっているし、で長居はできそうにありません。
景色をチラ見して、早々に退散します。前回に来た時には火口まで見ることできましたが、現在1年以上ロープウエーは休止したままです。
熊本を満喫したニトロ一行は、次の目的地である長崎の佐世保に向かいます。
長崎佐世保グルメに続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link