ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

呉の『メロンパン』と鎌倉紅谷の『クルミッ子』

time 2017/01/21

呉の『メロンパン』と鎌倉紅谷の『クルミッ子』

2017年カレンダーは、バーバパパの活版印刷カレンダーを買いました(しかも2種類)。
ユザワヤで、ケーブルを並べたキャップ用の毛糸を買いました【きょうの編みもの】
センター街駐車場から売り場に向かう途中、そごうのデパ地下でメロンパンコーナーを発見しました。

呉のパン屋と言えば、ずっしり重い『メロンパン』で有名な有限会社メロンパン。本店は呉ですが、百貨店や駅ビル、スーパーなどでも販売しているので、広島人にとっては馴染みあるパンです。
レトロなパッケージで見るからに昔ながらのパンは「すごく美味しいか?」と聞かれると、ニトロは「普通かな」と答えますが、最近のオシャレパンとは一線を画した潔い独自路線には感心します。ボリューム抜群なので特に男性ウケが良いみたいで、妹2旦那さんもメロンパン好きです。
そんなわけで普段はまず買いませんが、今回初めて見た『ピーナッツクリームパン』が気になったので購入しました。ホイップ状の粒入りピーナッツクリームが挟まれていて、なかなか美味しかったです。
ナナパンは、チョコクリームをサンドした人気パンです。目の詰まった重めのパン生地なので、食べていると口の水分を全てもっていかれます。ニトロが一度に半分しか食べられず残していると、ニトロ父が目ざとく見つけて「美味しいね、これ!」とあっという間に完食してました。何ていうか、すごく単純な味なので、誰が食べても分かりやすいのかもしれません。

鎌倉紅谷の人気菓子『クルミッ子』。クルミ入りのキャラメルをクッキー生地で挟んだお菓子です。ニトロは、数年前に妹2から貰って初めて知ったのですが、まず一目でパッケージの可愛さにやられました。クルミの量が多くキャラメル部分はソフトで、ヌガーほどガリっと焼き込まれてはいません。
メロンパンと同じく、そごう地下の全国のお土産菓子を集めたコーナーで偶然見つけて即買いしました。

完全手作業で作られている『クルミッ子』。ここまで手がかかっているとは知りませんでした。工場の機械で大量生産されているとばかり。キャラメルに占めるクルミの割合の多さが、動画からも伝わります^^
カット時に発生する端部分はどうするのだろう?カステラの端っこみたいに安く販売するのかしら?と調べてみると、やはり『クルミッ子切り落とし』として、鎌倉の実店舗で販売されていました。人気商品なので売切れも早いらしく、朝から並ばないと買える確率は低そう。当然ながら、端っこなのでキャラメルは少なくクッキー生地が多めとのこと。
さらには、切り落としとは違うB級品『こわれ』なる商品もありました。おそらく、ちょっとした欠けや形の不揃いが原因で弾かれただけで、製造工程は正規品と同じでしょうから、自宅で食べるなら『こわれ』で事足りそうです。
ニトロも鎌倉には随分行ってないので、次回があれば紅谷の店舗に行ってみたいな。

こちらは久々に買った甘いカシューナッツ『SAHALE SNACKS』。以前、福山のダレンアーモンドで買ったのと種類は同じながら小さいタイプです。
誕生日プレゼントと『シトロン』のフルーツロールケーキ
吹田のららぽーとで買ったピスタチオも、ピリッとスパイシーで美味しかった!
カントリーマアムFACTORYとCalbee+とikari
大サイズでも「あっ」という間に食べ尽くしてしまうのですから、小サイズは言うまでもありません。なかなか他にはない感覚のお菓子でクセになります。東京土産では定番の『feve』もですが、変わり種のカシューナッツを見つけるとつい買ってしまいますね^^

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link