ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

『LAPAIN(ラパン)』の豆乳食パン&岸根栗の栗ジャム

time 2016/11/02

『LAPAIN(ラパン)』の豆乳食パン&岸根栗の栗ジャム

妹2と、LAPAIN(ラパン)に行ってきました。
前回訪問時は昼過ぎだったこともあり、買いたいパンが残ってなかったので、今回は午前中に訪問しました。
img_20161101_113420
お店の人に許可をいただき、ショーケース内の写真を撮らせてもらいました。
ラパンは対面販売のお店なので、店員さんに注文内容を伝えます。
自分でトレーとトングを持って選ぶのもパン屋さんの楽しみですが、最近は対面販売の店舗も増えていますよね。
同じ西条地区にあるBoulangerie Chez GEORGES(ブーランジュリ シェ ジョルジュ)も対面販売ですし。
『Boulangerie Chez GEORGES(ブーランジュリ シェ ジョルジュ)』のパン
『Boulangerie Chez GEORGES』とむすびの『むさし』
何となく、パンを大事に扱っている気がしてニトロは好きな形態です。
img_20161101_113944
入口正面に設置されたショーケース。午前中だけあって、品揃えが充実しています^^
メインショーケース右手側には、新設された冷蔵ショーケースがあります。
img_20161101_115201
ニトロ達が訪れたタイミングで、ちょうどショーケースに並べられたシュークリーム。
同行の妹1は、ハロウィンマラソンで食べたChez GEORGESのたまごサンド『ウフマヨ』が美味しかったからか、ラパンでもタマゴサンドを買ってました。
ハッピーハロウィンランひろしま2016in東広島 2016.10.30
またどんな味だったか聞いてみようっと。
img_20161101_171053img_20161101_170915
メニュー表が置いてあったので、一枚貰って帰りました。
表裏いっぱいに、販売商品を紹介しています。

今回ニトロが買ったパンたち。
上記メニュー表の説明を参考にしながら紹介します。
img_20161101_170642
相変わらず定番ばかりです。
よく考えると、ラパンでは総菜パンより甘めのパンを買うことが多いかも。
今回は運よくカヌレを発見!もちろん買いました。
左から豆乳食パン1斤(税込173円):地元の豆腐屋さんの豆乳を使用。4枚切りにしてもらってます。
ピーナッツフランス(税込151円):ソフトフランス生地に刻みピーナッツ入りのピーナッツクリームを挟んでいます。
チョコフランス(税込151円):ソフトフランス生地にシリアル入りのチョコクリームを挟んでいます。
カヌレ(税込205円):フランス・ボルドーの伝統菓子。カスタードクリームを焼いたような大人の味。
メニュー表を見てみると、カヌレは『気まぐれ商品』カテゴリーに属しているので、やはり定番品ではないのかも。販売するか否かは、シェフの気分次第ということでしょうか。

食パン系の中ではくるみ食パンが好きなのですが、この日は売切れ。普通の山食か豆乳食パンのみだったので、豆乳食パンを選びました。
img_20161103_120749
早速、先日岸根栗とともに届いた栗ジャムを塗って食べてみました。
岸根栗オーナー制度の返礼品が届きました 2016.10
人生初体験の栗ジャムの味は、とにかく栗そのもの。想像よりも滑らかなペースト状で、スプーンですくってパクパク食べたくなるような緩めなジャムでした^^
img_20161103_120726
小さめサイズの豆乳食パンが、栗ジャムに対してちょうど良いバランスで、最後まで飽きることなく食べることができました。
ごちそうさまでした!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link