ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

いがらしろみさんレシピのレモンアイシングクッキーを作りました

time 2018/05/24

いがらしろみさんレシピのレモンアイシングクッキーを作りました

妹2にもらったレモンで、レモンアイシングクッキーを作りました。
初レシピのピーナッツバタークッキー&ウィークエンド6回目
ここ最近は、レモンがあればウィークエンドを作ってましたが、今回はレモンアイシングクッキーに初挑戦しました。
手持ちの本にはレシピがなかったのでネットで検索したら、いがらしろみさんのレシピを発見したので即決。いがらしろみさん、名前は知っているのですが、お店には行ったことないしお菓子も食べたことありません。調べてみると、お菓子教室もあるみたい!いつか行ってみたいなー。

レシピを見る限り、クッキー生地はフレーズ・ディスクと同じく粉糖で作るシュクレ生地タイプっぽい。ベーキングパウダー入りで2mm厚となっていたので、ニトロはベーキングパウダーなしで3mm厚にしました。2mm厚の棒を持ってなかったので、ベーキングパウダーなし3mm厚でちょうど良いかなと。家にフードプロセッサーがないので、材料は手作業で混ぜました。冷やしたバターを、溶かさずに他の材料と馴染ませるのがポイントです。これは、スコーンと同じですね~。2㎝角に刻んだバターをカードで切るように混ぜたら、そぼろ状になるまで手で擦り合わせます。最後まで残った小さなバターの塊は指先で押し潰して、しっかり粉類と馴染ませて溶き玉子を投入。できあがった生地は、冷蔵庫で3時間以上冷やします。

作った人のレポートによると、生地が柔らかいので型抜きしにくいらしい。
生地を3時間以上冷蔵庫で冷やす→2mm厚に伸ばす→再度冷蔵庫で冷やして型抜きの手順で、最初に3時間冷やしていても、生地を伸ばして型抜きするまでにダレてくるのですね。ニトロは、その辺のレシピを細かく確認してなかったので、最初の天板二枚分は冷蔵庫から出して伸ばして型抜きしてから、再度冷蔵庫で生地を休ませてました(フレーズ・ディスクと同じ要領で)。だから、型抜きする時に生地が柔らかくて、扱いが難しかったです。普段、まず打ち粉は使わないのだけど、今回は打ち粉をしないと作業性が悪くて進みませんでした。フレーズ・ディスクの生地と比べても、格段に柔らかかったです。
最初に型抜きして余った生地は、3mm厚に伸ばしてから冷蔵庫で冷やして型抜きしたので、その前の苦労が嘘のように型抜きしやすかったです。これなら打ち粉は必要ないってくらい、全然作業性が違いました。やはり、レシピに書かれている手順には全て意味があるのですね。

途中で天板を入れ替えつつ、焼成温度と焼き時間はレシピ通り。しかし、焼き色が薄かったので、様子を見ながら5分ほど焼き時間を追加しました。一回目に焼いた生地は、それでも焼き色が薄かったかなー。二度目に焼いた生地の方が、こんがりときつね色に焼けてました。このクッキーは、レモンアイシングとの対比を際立たせるためにも、生地をしっかり焼き切った方が美味しいですね。

レシピの倍量仕込んだので、大量にできたレモンアイシングクッキー^^写真には写ってないけど、まだまだあります。
ろみさんレシピはトッピングなしのシンプルなクッキーですが、ニトロはピスタチオをトッピングしました。雰囲気としては、まさにウィークエンドのクッキーバージョンです。アイシングは一枚ずつスプーンで塗りました。

今回はレモンの皮を使わずに捨ててしまったのですが、皮を摺りおろして生地に入れたら、よりレモン風味が効いたでしょうね。ピスタチオと合わせてアイシングにトッピングすれば、緑と黄色で爽やかなクッキーができそうですし。レモン果汁も、絞って粉糖と合わせる時に、必要分を軽量して余った果汁はすぐに捨てたのですが、後から追加で必要になる可能性もあるので、最後まで取っておいた方が良いなと思いました。今回は、元々アイシングが不足したらチョコレートで代用するつもりでしたが、レモン果汁の残りがあれば、粉糖と合わせて追加で作れますしね。

レモンアイシングが不足した余りクッキーには、チョコレートをトッピング。小さなクッキーは、生地が柔らか過ぎて大きい型で抜くのが難しかったので、小さい型でどうにか抜いたものです。チビクッキーは、丸ごとチョコレートで覆ってからピスタチオトッピングしました。

続いて、ほぼ一ヶ月ぶりにシフォンケーキを作りました。
まだレモンが残っているので、レモンシフォンに初挑戦しようかなーとも思ったのですが、ウィークエンドにレモンアイシングクッキーと、レモンのお菓子が続いたので、今回は普通のシフォンケーキにしました。でも、近いうちにレモンシフォンも作りたいです。
普通のシフォンケーキといっても、チョコチップシフォンケーキですけどね。様々なお菓子を作って改めて実感するシフォンケーキの簡単さ。手間と材料に対して、見た目は豪華なありがたいお菓子です。
久しぶりなので、ちゃんと膨らむかなー?と少し心配したものの、しっかりと膨らみました!

夜に焼いて、翌朝型から取り外します。

約一ヶ月ぶりのシフォンケーキだったので、生地を入れた際にやたらと型をトントンしてしまって、余分な空気入ったかも?!底上げしてたらどーしよー?!と不安になったのですが、きれいに焼けてました。良かった~^^
ベーキングパウダーも入ってないのに、この高さ!しっかりとたてたメレンゲのおかげですね。フワフワシットリ、甘さ控えめで食べやすいチョコチップシフォンケーキの完成です。
家族みんなで分けっこして、一日で完食。レモンシフォンケーキは、次の日曜日にでも作ろうかな。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link