ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

marimekko生地で、ファブリックボードとクッションカバー作り

time 2016/05/05

marimekko生地で、ファブリックボードとクッションカバー作り

マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイルー@石見美術館に行く前の話ですが
マリメッコ生地でファブリックボードとクッションカバーを作りました^^

妹2が「ファブリックボードが作りたい」と言いだしたのがキッカケ。
それならついでにクッションカバーも作ろう、ということで
まずは、マリメッコストアで生地選びです。
妹2が選んだのはこちら。
IMG_20160428_102547
ちょうど妹2の誕生日が近かったので、ニトロからのプレゼントです。
春にぴったりな若草の地色に白×ピンクの花模様が可愛い『PUKETTI』と
水色が爽やかな『VIHKIRUUSU』。

ニトロも、簡易版ファブリックボードを作ったことがあります。
ファブリックボードといえば木枠に布を張ったものが主流ですが
ニトロは、ネットで見つけた簡単な作り方に倣ってみました。
それがこちらです。
IMG_4133
発泡スチロール板に布を挟みこんだだけの、簡単仕様。
柄は黄色の『VIHKIRUUSU』。今回買った水色と色違いです。
発泡スチロール板は、ホームセンターなどでも入手できますが
ニトロは東急ハンズで買いました。
【最大ポイント5倍】発泡スチロール板 450×450×100mm【532P15May16】
普通の発泡スチロールよりも堅めで、厚みもちょうどよかったです。
IMG_20160428_102659
黄色『VIHKIRUUSU』。緑の『TANTSU』はセール品でした。
『VIHKIRUUSU』は、現コレクションで濃い黄色やピンクなど
けっこうどぎつい色も出ていますね。

今回は、発泡スチロールではなく
ちゃんとファブリックボード用の木枠を買いました。

ガンタッカーで裏側を留めれば

あっという間に完成です。
IMG_20160427_210803
早いし、簡単だし、仕上がりもきれい。
既成品のファブリックボードも販売されていますが
価格が高いうえに、好きな柄はなかったりします。
自分の好みの柄で作れて割安なので、手作りファブリックボードおススメです。

『PUKETTI』では、クッションカバーも作りました。
以前に作った『KOMPOTTI』のクッションと並べて。
IMG_4137
このクッションカバーも、めちゃくちゃ作り方が簡単。
布を切って、直線縫いするだけです。
『クッション』『手作り』で検索して、一番簡単な方法で作りました。
ファスナー類も必要ありません。
クッションカバーも、公式で販売している既製品は高いので
布を買って手作りする方が安く済みます。

妹2は、化粧品用のポーチを作ったりもしていました。
ニトロは手編みはできますが、裁縫はからきしなので
自分で服やバッグを作れる人が羨ましいです。
マリメッコやミナの布で、お子さんのワンピースを作ってるお母さんもいて
「どれだけお洒落なの~~」と感心しちゃいます。
編み物は、間違ってもほどけば済むのでやり直しがききやすいけど
布って、あらかじめきっちり計算して裁断しなきゃいけないし
なおかつ間違って切ってしまったものは、どうにもならないし・・。
慎重さが問われると思います。
同じ手作りでも、求められる資質が違いますよね。
ニトロにできるのは、せいぜい縫わなくてもできる
ファブリックボードくらいです^^;

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link