ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

1∞ ミナカケル@長崎県美術館-1

time 2015/11/28

長崎県美術館で開催中の『1∞ ミナカケル ―ミナ ペルホネンの今までとこれから』に行ってきました。広島から、長崎までほぼ日帰り旅です。
これまでにも、minä perhonenは節目の年に同様の企画展があったり、本を出版したり・・ブランドの世界観を伝えるための機会を多く作っていましたが、今回の舞台は美術館。ミナにとっても国内最大規模の展覧会らしく、期待が高まります。
写真撮影OKなのも嬉しい限り(フラッシュはNG)。ばっちり撮影するために、スマホ+デジカメも持参で、かなり気合が入っています。

広島-福岡間の高速夜行バスの所要時間は約8時間。うとうとしていると、あっという間に博多駅に到着しました。定刻通りに到着したので、余裕をもって予約していた『特急かもめ』の発車時刻まで若干手持ち無沙汰でした。普段はギリギリ人生を歩んでいるニトロですが、旅先では割と時間にキッチリです。
そうでなければ旅は立ち行きませんから、当然といえば当然ですけどね。

特急かもめの切符は事前にネットで購入していたので、博多駅の券売機で発券します。九州ネット早特7の割引価格だと片道2300円です。安い!福岡-長崎の往復で5000円かからないのだから、お得です。
今回初めて利用した特急かもめですが、指定席であればコンセントも使えるし(ニトロが乗車した車両は、往復ともに指定席でコンセントありました)福岡まで長時間バスに揺られている身としては、気分を変える意味でも電車にして良かったです。※ただし、割引なしの定価だとバスより高くなるので注意。
ネットの早割や、往復切符割引などを上手く活用すると良いですね。特急かもめの乗車時間は、ちょうど2時間ほど。乗り心地は新幹線のこだまみたいで、座席はふかふかクッションでゆったりめ。
2時間で博多から長崎まで行けちゃうなんて、近いもんです。

長崎駅に到着。何だか久々に来ました。今年のGWに陶器市で長崎県には来ていますが、その時は佐世保周辺しか行っていませんからね。
さっそく駅構内で美術館の看板を見つけて、テンション上がります。

しかし、まずは腹ごしらえ。長崎と言えば、ちゃんぽんです。時間も限られているので駅ビルの『皇上皇』に行きました。

ちゃんぽんは、いつどこで食べてもハズレのない食べ物です。美味しくいただきました。

長崎駅から長崎県美術館までは徒歩で10分弱ほど。外観から、既にミナの展示が見えてきました。

企画展のチケット料金は大人1000円で、常設展示も観覧できます。
ニトロは、鴨居玲の作品も観てきました。期待に胸を膨らませて、いざminä perhonenの世界へ!



DSCF4127
DSCF4130
DSCF4131
DSCF4133
DSCF4102
DSCF4103
DSCF4134
入場口から、このボリューム!写真撮影をしながらじっくり眺めていると、なかなか先に進めません。繊細で可愛い刺繍にうっとりです。
1∞ ミナカケル@長崎県美術館-2に続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link