ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

1∞ ミナカケル@長崎県美術館-2

time 2015/11/29

1∞ ミナカケル@長崎県美術館-2

1∞ ミナカケル@長崎県美術館-1
「百聞は一見に如かず」で、余計な説明よりも実物を見た方が伝わるでしょうから、できる限りの写真を載せていきます。まだ展覧会行ってないけど、行く予定があるから内容はあまり知りたくないな・・って方は、気を付けてくださいね^^
かなりネタバレありますので。
DSCF4105
DSCF4151
ミナの服を、こんな風に間近で見るのは初めてです。それぞれのコーディネートが素敵で、見入ってしまいました。※照明の加減で、模様が見えにくい写真もあります。
DSCF4135
ブルー×黄色の爽やかな色合わせ。
DSCF4138
黒タンバリンに赤が効いてます。襟元のコサージュも可愛い。
DSCF4139
DSCF4140
DSCF4141
なぜだか魅かれる、好きな柄です。
DSCF4107
DSCF4148
この花模様のファブリックは、志村ふくみさんとのコラボレーションで帯に使われていた印象が強いです。
DSCF4144
だまし絵のような、ミナ流のヒョウ柄。
DSCF4146
いつ着るんだろう・・ミツバチみたい。
DSCF4145
やはり細部まで凝ってます。
DSCF4147
スカートのタルト柄刺繍も、好きです。やっぱり、プリント柄よりも刺繍柄の方が好きなの多いかな。
DSCF4149
インパクト抜群の「ポトフ」コート。これこそ、技術の結晶でしょうね。
まだほとんど進んでいないのに、既にミナの世界観に圧倒されっぱなしです。
IMG_3600
DSCF4152
IMG_3591
DSCF4153
IMG_3597
DSCF4165
IMG_3599
DSCF4162
皆川さんのデザイン画は、独特な味があります。
DSCF4154
エッグバッグ大集合。どれにしようかな~なんて、思わず選びたくなります。
DSCF4158
とぼけた生き物が見え隠れしているのが、素敵。
DSCF4159
やっぱり、この柄好きだなー。
DSCF4155
DSCF4171
IMG_3606
DSCF4172
IMG_3604
DSCF4173
DSCF4175
IMG_3607
DSCF4169
galileoと名付けられたテキスタイルのシルクスクリーン版が飾られていました。『青空に満天の星』って「確かに!」って気付かされる秀逸なタイトルです
DSCF4168
たくさんの☆☆☆
DSCF4170
IMG_3615
IMG_3601
細部まで、こだわりがすごい。
IMG_3613
DSCF4192
うさぎのブローチは、復刻だったかな?展覧会場でも販売していて、たしか1200円でした。
IMG_3612
IMG_3611
IMG_3609
皆川さんが世界各地で収集したモノがずらり。何となくですが、好みが一貫している気がします。媚びない存在感というか。
IMG_3610
皆川さんの著作にも登場していたピンクッション。『作為のない美しさ』は、皆川さんがモノを作ったり、デザインするうえで非常に大切にされている概念だと思うのですが、このピンクッションは、まさにそのものといった風情を醸し出しています。
人間がすることに少なからず意識が滲み出てしまうのは致し方ありませんが、それでも、たとえば子どもがただ好き勝手に書き散らかした落書きに魅力を感じるように、こなれていない無垢さは、プロからすればとても羨ましいのだろうな。
でも、意識的な大人だからこそ創り出せる美しい世界も、きっとありますよね。
1∞ ミナカケル@長崎県美術館-3に続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link