ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

『スラヴ叙事詩』初来日!ミュシャ展@国立新美術館

time 2017/05/01

『スラヴ叙事詩』初来日!ミュシャ展@国立新美術館

『片山正通的百科全書』@東京オペラシティアートギャラリー-1
『片山正通的百科全書』@東京オペラシティアートギャラリー-2
ミナペルホネン『Call』と、ほぼ日の『TOBICHI』『TOBICHI2』
東京初日最後は、国立新美術館の『ミュシャ展』で締めくくりです。
アルフォンス・ミュシャ展@呉市立美術館
呉市立美術館での展覧会は、ミュシャの代名詞ともいえる華麗なポスター類が展示の中心でした。翻って、このたびの国立新美術館の目玉作品は、何といってもチェコ国外では初披露となる全20点の連作『スラヴ叙事詩』です。会期前から大々的に宣伝されていたので、作品知識は皆無ながら「きっと凄い作品なのだろう」と期待値は高かったです。

国立新美術館では、ミュシャ展と草間彌生展が同時開催中でした。どちらかといえば、草間彌生展の方が賑わっていたかもしれません。特にグッズ列は凄かったです。

東京でのミュシャ展、しかも幻の大作が初来日!となれば、相応の混雑は覚悟のうえ。それでも「午前から昼過ぎ」より「夕方から閉館時間」までの方が、比較的空いているはず。『TOBICHI2』から乃木坂駅を目指して歩き、国立新美術館に到着したのは18時前でした。

国立新美術館の広場に設置された、草間彌生さんのシンボル『黄色いカボチャ』のオブジェ。

美術館へと続く坂道の木々にも、赤い水玉模様の布が巻いてありました。

早い人はGW期間に突入している土曜日ですから、18時過ぎても会場は賑わっていましたが、入場待ちはなくスムーズに入場できました。

会場に入ると、そこには圧倒的な『スラヴ叙事詩』の世界が広がっていました。
まず感じたのは、スケールの壮大さ!!公式HPや画集などで、おおよその想像はしていましたが、実物は予想を上回る大迫力でした。実際の作品から伝わる熱量は、当然ながらバーチャルとは別物です。インターネットがこれほど発達すると、自分が体験しなくても知識を得られる環境は整っています。だからこそ、わざわざ時間とお金と体力を使って、リアルな体験をすることの価値が、今後ますます上がっていくのでしょうね。

スラヴ叙事詩の作品群には、一点ごとに主題の大まかな説明文(キャプション)が添えられていました。しかし、とにかく大きな絵なので、絵の近くに設置された説明書きを読んでから、引きで離れた場所から絵を見ている間に「あれ?説明には何て書いてあったっけ?」と、分からなくなってしまうのです(残念過ぎるニトロの脳みそ・・)。
普段の美術鑑賞では、キャプションは「あくまでも作品を補足する役割」だと考えていますが、スラヴ叙事詩に関しては、キャプション込みで鑑賞した方が、より作者の意図を理解できるはずです。
これは、いよいよ音声ガイドの出番では?と思い立ち、ニトロの人生において初めて、美術館で音声ガイドをレンタルしました。レンタル料金は520円で、ナビゲーターは檀れいさんでした。目(視覚)で絵の全体像を眺めながら、耳(聴覚)で作品の場面設定、登場人物、情景説明を聞けるので、大作が多く展示されていた今回のミュシャ展では、とても有用でした。説明文を読んで、引きで絵を観て、また説明文を読んで・・を、各作品で繰り返していると、それだけで消耗します。作品の前に立ったら、しばし無心で絵と対峙して、その後に音声ガイドで説明を聞いて、気付かなかった点や知らなかった点を再発見していく流れで、進んでいきました。

縦6mの絵ともなると、上部の隅々まで肉眼で確認するのは至難の業です。「双眼鏡があれば・・」と思ってふと周囲を見渡すと、持参したオペラグラスを使って鑑賞している人がチラホラ。美術館慣れした人にとって、オペラグラスは必需品なのでしょうか。ニトロが美術館でオペラグラスを欲したのは今回が初めてですが、今後同様の機会があれば忘れず持参したいです。これからミュシャ展に行く予定の方は、小さなオペラグラス+音声ガイドがあれば、より堪能できるはず!

スラブ叙事詩全20点のうち、終盤に飾られた5点のみ撮影可能でした。

『イヴァンチツェの兄弟団学校ークラリツェ聖書の印刷ー』


『ロシアの農奴制廃止ー自由な労働は国家の礎ー』
スラブ叙事詩のパトロンの意向に従って描かれた作品です。寒々とした空気感がロシアっぽい(行ったことないけど)。

『聖アトス山ー正教会のヴァティカンー』


『スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓いースラヴ民族復興ー』
20点のスラヴ叙事詩において本作のみ未完成で、一部人物の顔が描かれていません。

スラヴ叙事詩の最後を飾るのは『スラヴ民族の賛歌ースラヴ民族は人類のためにー』です。

ミュシャと言えば、洗練されたアールヌーヴォー調のポスター作品が有名ですが、テンペラ・油彩で描かれた『スラヴ叙事詩』も素晴らしかったです。
17年もの歳月をかけてスラヴ叙事詩を生み出したミュシャの執念、自分たちのルーツに迫り、平和を希求し続けた精神性は、発表当時は時代錯誤の遺物と見なされ軽んじられましたが、本物だったからこそ、時代や国を超えて人の胸を打つのでしょう。

展示後半は、ミュシャを一躍パリのスターダムへと押し上げたミュージカルポスターなどが飾られていて、スラヴ叙事詩の重厚さとは一変した華やかな雰囲気でした。ミュシャのグラフィックデザインは、画面の構成力、色彩感覚、流麗な曲線美、全てにおいて超一級品ですし、普遍性がありますよね。
ポスターの他には、パリ万国博覧会の壁画挿絵やプラハ市民会館のための作品、郵便切手や紙幣などのデザイン物、習作と出版物などの展示品がありました。

ミュシャ展には、18時から20時まで約二時間の滞在となりました。スラヴ叙事詩は時間をかけて観ましたが、展示終盤はやや駆け足になってしまったので、もう少し余裕があっても良かったかな。呉の展覧会と被っていた作品は、かなり端折りましたし^^;

ともあれ、旅行初日の予定は過不足なく消化できました。心地よい疲労感に浸りつつ、夜行バス乗り場へと場所を移します。
新宿バスタで、仙台行きのバス出発までしばし休憩。GWだけあって、待合室は多くの人でごったがえしていました。高速バスなので熟睡・・とはいきませんが、限られた旅行時間と資金を有効利用するには、やはり夜行バスの利便性は捨て難いです。新幹線や飛行機は便利ですけど、旅してる感は電車やバスの方がある気がします。
翌朝早朝、仙台に到着したらホテルに荷物を預けて、その日のうちに気仙沼へ行きます。気仙沼での目的は、気仙沼ニッティングと喫茶マンボのいちごババロア、そして銘菓Gottoです。
果たして、無事に辿り着けるのでしょうか?!
気仙沼『喫茶マンボ』のイチゴババロアに続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link