ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

次のターゲットは、ガンジーセーターに決定

time 2015/08/10

さて、先日編みかけ放置プレイ中だった三角ショールも無事に出来上がり、引き続きニトロの編み物熱は上昇中です。この暑い季節に、我ながら暑苦しい^^;
三國さんの著作を眺めながら、次の候補作を探すのも楽しい時間です。
ミトン→帽子→靴下→ショールときたからには・・「自分には高嶺の花、一生縁はないだろう」と諦めていたセーター、カーディガンなどの大物作品に挑戦したい!
三國さん作品にはウェア類も数多くあって、色使いや形が特徴的なのもあれば、単色のクラシカルな風合いもあり。編み地の一部をハサミで切り開く方法なんかも載っていて、想像しただけでドキドキします。
失敗しても解けばやり直せるのが編み物のメリットですが、さすがに「切る場所間違えた!」なんてやっちゃったら、目も当てられません。切った後の処理の仕方も難しそうですし。しかしネットを見ていると皆さん上手に作っておられて、素晴らしい限り。いいなー、多色使いのフェアアイルセーター、永遠の憧れですよ。ニトロがそのレベルに達するには、まだまだ時間がかかりそう。
簡単にゴールできないのが、醍醐味でもありますが。すぐにクリアできるゲームなんて面白くないですよね。その点はトレードも同じかな。

ウェアを編むのは決定として、果たして超初心者のニトロが編めるウェアは存在するのでしょうか。
編みたい作品は数あれど、どれが自分に編めるかは分かりにくいものです。最初は、ニトロを編み物道に誘うきっかけとなった本『きょうの編みもの』から、表紙にもなっている大きなボタンのカーディガンを編みたいなと考えていました。
しかし、ボタンをつけたり、パーツのとじはぎだったり・・初心者には作業工程が多くてハードルが高そうです。完成までの作業工程は、少なければ少ない方が作りやすいだろうし、編み図を見て分からない記号がないかも確認する必要があります。
上記の条件をクリアして、何とか編めるかもと思えたのは『編みものともだち』掲載のガンジーセーターでした。

編み方は基本的に表、裏編みしかないし、編み図を見て何となくですが構造が理解できたのが決め手でした。とじはぎも少ないし(重要!)。※ニトロの見落とし、勘違いじゃなければ肩の引き抜きはぎのみ。

これなら、初めてセーターに挑戦するニトロにも何とかなりそう・・に見えます(弱気)。単色なので色の好みもあるでしょうが、本に載っている深い青色が素敵なので指定通りの糸で編む予定。冬の寒い日に、普段着でさらりと着るイメージです。ニトロは、トップスは少し大きめサイズが好みなので、モデルさんの写真を見る限り、同じサイズに仕上がれば言うことなしです!
三國さんの最新著作である『編みもの修学旅行』にもガンジーセーターがあったので、どちらにするか少し迷いましたが、編みものともだちのデザインの方がニトロの好みでした。胸の三角部分が旗みたいで可愛いのです。

毛糸は、だいたい楽天市場で注文するのですが、各種キャンペーン企画が前触れもなく開始したり終了したり・・で、一体いつ買えばお得なんだろう?と考えてしまって、なかなかタイミングが掴めません。
もう少しイメージトレーニングして、疑問点をできる限りなくした状態で編み始めたいので、急ぐわけでもないのですが。毛糸が届くとすぐに編みたくなってしまうし、注文はもう少し涼しくなってからでもいいのかな。
編み方は本当に単純ですが、メリヤス編みの範囲が広いので飽きたりするのでしょうか?通称メリヤス砂漠と呼ばれるゾーンを乗り切ることができるのか。
経験がないので分かりませんが、ウエアを一着でも作れたら自信に繋がりそうですし、是非とも達成したいです。
その様子も、またブログで報告していきます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


sponsored link