ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

ニトロが持っているmina perhonenのアイテムたち

time 2016/10/06

ニトロが持っているmina perhonenのアイテムたち

デザイナーの皆川明さんが立ち上げたmina perhonenは、100年続くブランドにしたいとの長期展望にたち
消費されるだけでなく積み重ねていく思想と、それに相応しいデザインが魅力で
ニトロも大好きなブランドです。
ミナの服が似合うキャラではないので、衣服類は一枚も持っていませんが
小物類やファブリックなど、いくつか持っているアイテムをまとめてみました。
img_20161007_081721
2010年に広島オリエンタルホテルのギャラリーで開催されたミナ個展にて購入した
鳥型のオブジェクッション。くちばしの黄色タンバリン柄が可愛いですね。
パターンは一点ずつ違うので全く同じものはありません。
ちなみに、驚くほどニトロと好みが似ている従妹Sちゃんも同型のクッション持っています。
もちろんお互い買っていることを知らず、部屋に行って「私も持ってる!」パターンでした^^;
img_20161007_083650
京都店piece,で買った小さな鳥オブジェ。
ニトロが買ったのはモノトーン系ですが、訪問するたびに様々な種類に出会えます。
青や赤などのカラフルな小鳥も見たことあります。
img_20161007_082635
mina perhonen松本店で買った手ぬぐい。
ちょうちょ柄は色も揃っていて、家族や友人にも色違いを買って帰りました。
img_20161007_082615
mina perhonen関連書籍。大きい箱入り本は、15周年記念本だったかな。
img_20161007_083140
特装版で、水色の合皮カバーにはタンバリンの型押しがされています。
img_20161007_083254
『粒子』は和綴製本で、表紙は活版印刷です。同柄のオマケコースター付き。
15周年本と粒子については、内容が同じ簡易本も販売されています。
img_20161007_082757
写真中央は、上記オリエンタルホテル個展で販売されていた皆川さんのスケッチ集。
img_20161007_082527
表紙には、ミナのレース柄が銀色で箔押しされています。
ざらっとした質感の紙に鉛筆で描かれた皆川さんのスケッチが盛りだくさんで
ミナの世界観が存分に味わえる一冊です。
題名は『notes』。たしかに、本というより皆川さんの創作ノートをこっそり見せてもらっている感じ^^
img_20161007_084028
mina perhonen京都で購入したファブリック。
img_20161007_083943
白地にグレーのタンバリン柄が、シックな雰囲気で好みでした。
img_20161007_084008
こちらも刺繍ファブリック。プリントものより刺繍柄が好きです。
両方とも使い道は不明なまま、ただただ布の可愛さに惹かれて買いました。
ニトロはミシンが使いこなせないので、妹2にお願いするとしても
作れるものは限られています^^;
せいぜいクッション、頑張ってポーチができるくらいかな。
高価な布ですし、はさみを入れるのが勿体なくて何年もそのままです。
裁縫が得意な人は、バッグや服が作れるのでしょうね~。羨ましい!
これらの布を買ったのが、ちょうど京都店で開催される写真展の初日だったので
なんと、デザイナーの皆川明さんがお店にいらっしゃいました。
ニトロと従妹Sちゃんの二人にも、わざわざ挨拶をしてくださり
「よければ、オープニングパーティにも来てくださいね」と親切にご案内まで。
季節が冬だったので、シンプルな青いセーターを着ていらしたのが印象に残っています。
ミナのオープニングパーティーなんて、滅多に参加できるものではありませんから
すごく行きたかったのですが、次の予定が詰まっていたので泣く泣く断念。
しかし、作品そのままの雰囲気をまとった皆川さんに会えただけでも大満足でした。
img_20161007_085515
img_20161007_085458
ミナペルホネン20周年記念展の図録。
この展覧会のためだけに日帰りで長崎県美術館に行ってから、そろそろ一年が経ちます。
早いものですねーほんと。
20周年記念の活版印刷ポスターも買ったのですが、未だ額装しておらず。
額装を待つ作品がどんどん溜まっています^^;
1∞ ミナカケル@長崎県美術館-1
1∞ ミナカケル@長崎県美術館-2
1∞ ミナカケル@長崎県美術館-3
1∞ ミナカケル@長崎県美術館-4
1∞ ミナカケル@長崎県美術館-5
20周年記念展は、まず東京のスパイラルで開催されたのちに長崎でも開かれました。
スパイラルの規模からして展示も限られるだろうな・・と、一旦はスルーしたのですが
後日、長崎県美術館への巡回を知った時に
「美術館なら空間も贅沢に使えるし、スパイラルより大規模だろう」と期待して
日帰りながらも長崎まで行きました。
今考えても、やっぱり行って良かったです。
IMG_3800
東京店piece,で、長崎のミナ展チケット特典でいただいたブローチと
購入品の小さなボタン。
東京のミナには初めて行きましたが、素敵なお店でした。
美味しいホットティーもご馳走になりましたし^^
ミナのお店は商品だけに留まらず、皆川さんの美意識が隅々まで反映されているので
その空間に居るだけでも楽しめます。
また、京都店や松本店にもお邪魔したいです。長野に行きたいな。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link