ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

ニトロの音楽遍歴

time 2015/05/22

このエントリでは、ニトロの音楽遍歴を振り返ってみます。
結局、最終的にはsyrup16gに集約されるんですけども^_^;これまでのライブレポやレビューも、少しずつあげていきたいと思ってます。

音楽って一言でいっても、様式は千差万別です。
私ニトロは、純然たる邦楽リスナーで、なかでもバンドロック寄りの音楽を好んで聞いてきました。最近では、歳を重ねたせいか?若々しくて可愛いアイドルにも目移りしていますが、物心ついた時から、狭く浅く(深くはない)邦ロックに親しんできました。

高校時代は、いわゆるビジュアル系寄りでした。LUNA SEAやラルクなど。SOPHIAもよく聞いてました。あと、B’zも!
昔から一貫して、男性ボーカルが圧倒的に好きです。やはり自分にないものに惹かれるのでしょうか。女性シンガーの恋愛系の歌詞に共感したり、かわいい~~と思うことは、この頃から皆無でした。例外として、デビューから今に至るまで聞いている女性歌手は、宇多田ヒカルと椎名林檎くらいかな?自分で曲が作れるってのは大前提で、やはり圧倒的な才能がある人に惹かれます。もう、その人の前に出たらひれ伏すしかない!ってくらいの。

大学生になってからは、ニトロと同年代のモンスターバンド、これは避けては通れないBUMP OF CHICKENにドハマリしました。藤原基央の、究極の細さと、佇まいと、歌声。メンバーの仲の良さ。女子がキャピキャピする要素が満載です。jupiterなんて、どれだけ聞いたことか。スペシャの「BUMP TV」なんかも、妹1とキャッキャ言いながら繰り返し観ていました。
後から振り返ると、必死で聞いていた時期はあまり長くないのですが、自分の青春と共にBUMPはある、という感じです。
寡作ながら人気は衰えず、今もって若い人たちからも熱心な支持があるのは、素直に「すごいなぁ」と感心します。バンドの年齢が上がるのに応じて、ファンの年齢も上がっていくのが普通ですが、若年層のファンもしっかりとつけている。できそうで、できないことです。

あとは、くるり
今は何だかよく分からないことになっていますが(失礼)、さよならストレンジャーからTHE WORLD IS MINEくらいまでは、すごく好きでした。
syrup五十嵐さんも、どこかのインタビューで「WORLD’S END SUPERNOVAは自分が作りたかった」と話していたほど。ニトロも、数ある名曲群の中で一曲を選べと言われれば、迷わずこれです。

社会人になってから、熱心にライブに通ったのは
ストレイテナーです。
当然のごとく(?)ELLEGARDENも好きでした。アジカンも含め、まさに「ロキノン系」てやつでしょうか。
特にテナーは、一時は北海道から、テナー地元の長崎まで、全国ツアーに帯同する勢いで、ライブに通っていました・・。単純に「ライブで汗かくのって楽しいんだな!!」と実感させてくれたバンドでした。
しかし、メンバーが4人になったあたりから、だんだんと疎遠になりました。そう思えば、くるりも達身さんがいた頃が好きで、脱退後から聞くことが少なくなりました。OGREもベースのノリさんが脱退してから、夢中で聞くことが減りましたねぇ。。
メンバーチェンジがダメ、というわけではありませんが、人が変われば、それに応じて音楽性も変化するので、変わっていくバンドに、ニトロの方がついていけなくなったのでしょう。

その後も、ACIDMANやGRAPEVINE、フジファブetc・・を浅く聴きつつ
今、ライブに行ったり、新譜をチェックしたりするのは
サカナクションOGRE YOU ASSHOLEなど。
そして何といっても、ニトロ最愛のバンド、syrup16gです。
サカナクションは、レコ発ツアーやフェス、企画ライブなど
行けるものには行くって感じで、着々とライブに行く回数が増えています。
一郎さんの創りだす音楽世界は、なかなか他では味わえません。
才能、と一括りにされては、やるかたないでしょうが
本当に底知れぬ努力と論理と才能の人だと、思います。

syrupとは、2003年にHELL-SEEで出会ったのが最初です。
タワレコの試聴器で、何気なく聴いた瞬間から
ずっと、抜け出せないままです。
もう、一曲目の、イエロウのイントロでやられました。
続く不眠症のメロウなコードに、綺麗な音色のギター
五十嵐さんの気だるく色っぽい声・・
ひえ~~何これ、カッコよすぎる。

HELL-SEEは、アルバムに匹敵するボリューム(15曲入り)なのに
1500円で販売されていました。挑戦的!
買って帰って、聴けば聴くほどに虜になっていきました。
思えば、音の綺麗さに感動したのは、syrupが初めてだったかもしれません。
メロディや歌詞だけでなく、純粋に音だけでも、ずっと聞いていられそうな。
もちろん、五十嵐さんの声。唯一無二のあの気だるく
無駄に色っぽい声が、作品の魅力を増幅させています。
そして、バックのリズム隊の確かな演奏力。
ライブでも、どんだけ五十嵐さんがダメダメでも(?!)
マキリンとダイキちゃんがいれば、何とかなるか!という安心感があります。

こうして振り返ってみると、だいたいのアーティストは
一定の期間が過ぎると熱が冷めて、普通に好きレベルに落ち着き
そこまで熱心に聞かなくなっていくのですが
syrup16gだけは、過去作品を未だに日常的に聞き続けています。
今後、どんなバンドが出てこようとも
不動のNO.1だろうなぁ、と思っているニトロです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link