ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2017年3月鹿児島旅行】パスタ&カフェ『Otafuku』のランチとクラフトショップ『ル・デポ』で買ったお土産@しょうぶ学園

time 2017/03/11

【2017年3月鹿児島旅行】パスタ&カフェ『Otafuku』のランチとクラフトショップ『ル・デポ』で買ったお土産@しょうぶ学園

【2017年3月鹿児島旅行】黒豚料理『あぢもり』のランチ
【2017年3月鹿児島旅行】『OWL』と『山形屋食堂』の苺のパンケーキ
鹿児島二日目の朝、まずはホテルで朝食をいただきます。
一泊目の宿泊ホテルは、鹿児島中央駅と天文館の中間あたりに位置するホテル法華クラブ鹿児島。行ってから思い出したのですが、指宿マラソンの時にも宿泊したホテルでした。口コミによると、朝ご飯は地元の名物料理が盛りだくさんで美味しいと評判が高かったので、とても楽しみにしていました。
評判に違わず、鶏飯、さつまあげなど、鹿児島に来たからには食べたい数々のソウルフードが並んでいて、なおかつ何を食べても美味しい!ホテルの朝食としては、かなり高レベルで大満足でした。
二泊目は鹿児島中央駅すぐのホテルなので、法華クラブ鹿児島をチェックアウトして駅まで10分ほど歩いて移動。ホテルに荷物を預けたら、まずはしょうぶ学園へ。駅からバスに乗って、30分ほどで到着しました。

久しぶりのしょうぶ学園です。

Sギャラリーでは、翁長ノブ子さんの個展開催中でした。

パン工房ポンピ堂前の黒板看板。臨時休業や売切れでタイミングが合わず、未だにポンピ堂には行ったことがありません。今回は早い時間だったのでパンも売り切れていなかったのに、いつもの習慣で素通りしてしまいました。行けば良かったなぁ。またリベンジしなくては!

正面建物は地域交流スペース『オムニハウス』。こちらの一階にクラフトショップ『ル・デポ』があります。

『ル・デポ』とSギャラリーで購入したお土産。商品が入っていたクラフト袋にも、オリジナルのスタンプが押されています。

ドーナツ型の手すきポストカードは1枚200円(税込)です。Sギャラリーの翁長ノブ子展で販売されていて、そのまま飾るだけでも可愛いと思って購入しました。d design travel鹿児島の表紙に採用されているので、しょうぶ学園といえば真っ先に翁長さんの絵を思い浮かべる人も多いかもしれません。ニトロもその一人です。表紙絵にも描かれていたこのモチーフ、ニトロは栗だと思っているのですが、実際は何を表現しているのでしょう。

特に買うつもりなかったのに、じっくり見ていたら欲しくなった木製&陶製ボタン。これ以上ないほどシンプルな木製ボタンは、一つずつ異なる表情が魅力的です。陶製ボタンは形や色の種類が豊富だったので迷いましたが、青と橙色のボタン入りのセットを選びました。今後の編み活で使える日がくると良いな^^全て、一袋500円(税込)です。

そして、何といってもニトロのお目当ては陶製オブジェです。
不思議な動物型の陶製オブジェは、岡本仁さんの鹿児島本に掲載された写真を一目見た時から心奪われる存在でした。理屈はなくて、ただただ素敵。ショップには全部で六体のオブジェがありましたが、悩みに悩んだ末に今回はこの子を連れて帰りました。


何よりも、この青みがかった釉薬の色に惚れました。

2016年4月、岡山AXCIS CLASSICにて開催された『しょうぶ学園の世界』展で、ニトロが妹1にプレゼントした作品と同型です。
1461423653134
こちらが妹1宅の玄関。姉妹揃って玄関に同じオブジェを飾っています。妹1の陶製オブジェは、白とグレーで渋めの配色ですね。白はニトロが緑の子と一緒に買って帰ったのに、妹1に奪われました^^;でも、大事に飾ってくれているから良しとします。
鹿児島『しょうぶ学園』の素敵なオブジェ

クレジットカードで支払いを済ませたら、敷地内のパスタ&カフェ『Otafuku』へ。

注文したのは『海老のトマトクリームソース』のパスタセット(税込1600円)。パスタの種類によって価格は変わります。セット内容は同じでも、ペペロンチーノランチだと1000円ほどでした。

サラダとスープ。トマトベースのスープだったので若干パスタと被ってしまいましたが、両方美味しかったです。

一口かじってしまってますが^^;パン工房ポンピ堂で焼かれた、くるみ入りのパンです。

メインディッシュの海老のトマトクリームソースパスタは、立派なお頭つきの海老が三尾も入っていました。

最後は、ドリンクとデザートで〆。ヨーグルトのブラマンジェとアイスティーです。
サラダ、スープ、パン、パスタ、デザートにドリンクまで。コースのごとく順番に提供されるランチは、とても贅沢感がありました。ちなみに、カフェで使われている食器類も、ほぼ全てしょうぶ学園製です。ミルクとガムシロップが入っている木皿なんて、めっちゃ可愛いですよね^^
欲しかったお土産も買えて、美味しいご飯も食べて。しょうぶ学園を満喫した後は、再びバスに乗って鹿児島市内に戻ります。
長井朋子展『日本梅星物語』@Mizuho Oshiro Gallery-1に続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link