ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

大谷工作室個展@Kaikai Kiki Gallery-1

time 2016/12/02

大谷工作室個展@Kaikai Kiki Gallery-1

山岸凉子展「光-てらす-」@弥生美術館へ行ってきました
山岸凉子展を満喫して弥生美術館を出たのが16時過ぎ。このままホテルに帰るには時間があったので、Kaikai Kiki Galleryの大谷工作室個展に行くことにしました。
地下鉄広尾駅から歩くこと10分足らずで、ギャラリーが入居する元麻布クレストビルに到着。地下一階なので、最初は気付かず通り過ぎてしまいました。階段を下りていくとKaikai Kiki Galleryの入口が見えました。Kaikai Kiki Galleryに来るのは初めてでしたが、予想外に広くて開放感のあるスペース。居心地が良くて、かなり長居してしまいました^^;
今回の個展の概要は以下の通り。

大谷工作室
「僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作っています」展
2016年11月26日(土)-12月24日(土)
Kaikai Kiki Gallery 東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1
開廊時間:11:00-19:00 閉廊日:月曜日、祝日

img_20161204_071951
img_20161204_071932
img_20161201_091707
img_20161201_091723
img_20161201_092224img_20161201_092144img_20161201_092159img_20161201_092210
『座る女』と『ヨガ』。ヨガ可愛い^^
img_20161201_092129
『大きい注器』の無骨な質感は、大昔の土器を彷彿させます。
img_20161201_092052
『金色のこ』は、今回の展示作のなかで最も高価な作品の一つで、税込378万円。既に売約済シールが貼ってありました。この価格だと、個人ではなく企業が買うのかしら?と考えてしまいます。実際どうなのだろう。
img_20161201_091754img_20161201_091739
注器も大人一人で抱えるのがやっとの大きさですが、隣の『金色のこ』のデカさで相対的に小さく見えています^^;
img_20161201_092037img_20161201_092022
左から3番目のサザエさんのような髪型をした作品名は、ずばりそのもの『サザエ(仮)』です。サザエ(仮)の右横にいるのは『寝る子』。
img_20161201_092107
ぽってりとしたフォルムが愛らしい作品で、今展覧会フライヤーの表紙も飾っています。非売品でした。
img_20161201_091812
一番大きな女の子の作品は、未完成です。
img_20161201_091957
img_20161201_091835
img_20161201_091859
img_20161201_091918img_20161201_091941
『金色のこ』と並び、最高値だった『おみく』。木でできた耳がついています。なんだか誰かに似ている感じの顔です。
img_20161201_090340
ギャラリー奥に視線を向けると、畳の小上がりに大小織り交ぜた作品群が並べてありました。靴を脱いで上がらせてもらいます。
大谷工作室個展@Kaikai Kiki Gallery-2に続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link