ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

閉店前最後の『オ・グルニエ・ドール』へ!日帰り京都旅

time 2018/04/23

閉店前最後の『オ・グルニエ・ドール』へ!日帰り京都旅

今年、2018年5月末で閉店する京都の名パティスリー『オ・グルニエ・ドール』。ニトロも、京都へ行くたびに寄っては、美味しいケーキを堪能させてもらっていました。
京都のパティスリー『オ・グルニエ・ドール』のカフェで一息
閉店までに、せめてもう一度だけ行きたかったので、日帰り弾丸旅で妹1と共にお邪魔してきました。ニトロは昨年の夏以来、妹1は初訪問です。

お店の開店は11時ですが、連日開店前から多くのお客さんが並んでいるらしい・・との事前情報を得ていたので、できれば10時には店に行くつもりだったニトロ。しかし、朝一で妹1リクエストの石清水八幡宮へ寄ったので、結局グルニエ・ドールに到着したのは10時40分頃でした^^;

石清水八幡宮は、登山道(所要時間約30分)を歩くか、もしくはケーブルカー(所要時間約5分)に乗って、山頂に位置する本殿へお参りします。時間に余裕があれば、ゆったり歩いて参拝しても良かったのですが、今回は往復共にケーブルカーに乗りました。




ケーブルカーの乗車券は片道200円、往復400円でした。

実際の乗車時間は3分くらい?5分もかからないほど短時間です。

トンネル内で、上りと下りのケーブルカー同士がすれ違います。

平日の朝早い時間だったので、参拝客はまばらでした。

参拝を済ませたら、いざグルニエ・ドールへ。
駐車場に車を停めて店方面へ歩いて向かうと、既にかなりの人数(40人ほど)が並んでいました。開店前の段階で、店員さんが「持ち帰りか、喫茶利用か」を確認して、持ち帰り希望者には名刺より少し大きな赤い紙を、喫茶利用希望者には青い紙を渡していました。よっぽど待つようなら喫茶は諦めるつもりでしたが、一応赤と青の紙を受け取りました。
この日は25度を超える晴天で、保冷材&保冷バッグを持参しているとはいえ、生ケーキの持ち歩きには不向きでしたし、できれば最後に、喫茶で色々な種類のケーキを食べたかったのです^^

11時の開店時間直前になると、ニトロの後ろにもかなりの人数が並んでいました。
11時に店がオープンすると、行列は一気に前に進みます。生ケーキについては、持ち帰り、喫茶に関わらず並んだ順番通りに、店内ショーケース越しに注文をする流れ。例外的に、予約のお客さんや焼き菓子やジャムのみの持ち帰りであれば、即会計が可能でした。混雑に備えて人員も揃っているし、オペレーションも確立されていたので、特にストレスを感じる場面はありませんでした。

今回食べたかったのは、昨年の夏に食べて美味しかったグレープフルーツとオリーブオイル入りのミルク風味のブラマンジェ『ルノワール』。あとは、リンゴのタルトとリンツァートルテ。その他、目に付いたケーキで気になるものがあれば適当に選ぶ算段でした。
ニトロ達がショーケース前に辿り着いてようやく注文できたのは、開店から一時間ほど経過した12時頃で、喫茶のテーブルに案内されたのは12時25分でした。そこまで待った印象はなかったのだけど、食べ終わって店を出たのが13時前だったので、11時前から約二時間をグルニエ・ドールで過ごした計算になります。

持ち帰りは、木の実のタルト、リンツァートルテ、そしてリンゴのタルトです。
暑い日だったし、生ケーキ類はイートインできたので、持ち帰りは焼きっぱなし系のお菓子を選びました。それでも常温保管だと傷みが不安だったので、持参した保冷バッグで保管して持ち帰りましたよ。

持ち帰りとイートインのケーキを注文し終えたら番号札を受け取って、席が空くまで壁際のイスに座って待ちます。待機時間中にドリンクのメニュー表を渡されるので、飲み物もあらかじめ注文しておく流れです。こうすれば、席についてからオーダーを聞く時間のロスもありません。混雑している中でも、できるだけスムーズに商品提供できるオペレーションになっているのですね。ニトロはアッサムティーのホット、妹1はカフェラテを注文しました。

20分ほど待ってから席に案内されると、5分ほどでケーキとドリンクが運ばれてきました。
日向夏畑とピラミッド、リンゴのタルトとルノワールの組み合わせで盛り付けされていて、店員さんからは「ピラミッドを食べる前に、日向夏畑を食べてくださいね^^」と案内がありました。確かに、先にピラミッドを食べてしまうと、日向夏畑がより酸っぱく感じますもんね。

まずは、昨年食べて美味しさに感激した『ルノワール』。今回もありました!嬉しい~^^リンゴのタルトも、言わずと知れたグルニエ・ドールの名品ですよね。


もう一皿には『日向夏畑』と、スペシャリテの『ピラミッド』。
実はニトロ、チョコの塊のケーキが得意ではないので、ピラミッドも食べたことがありませんでした。今回は、最後の記念として一度は食べておこうと、思い切って注文しました。
こちらのピラミッド、ニトロの注文直前まで売り切れ状態だったので「食べれず仕舞いだったなぁ」と少し残念に思っていたら、ちょうど注文している最中に追加されて、どうにか頼むことができた一品です。逆に、少しタイミングがズレただけで、ニトロより前に並んでいた人は買えなかったわけですし、こればかりは運の要素が大きそうですね。ニトロも、早々に売り切れたショーケースを見て諦めていたので、追加で50個ほどのピラミッドが運ばれてきた時には「まだあったのか!」と驚きましたし。でも、食べ終わって帰る13時頃には、追加分のピラミッドも完売してました。

妹1は、ニトロほど好んでケーキ類を食べるわけではないのだけど、日向夏畑とルノワールは気に入ったみたいでした。
日向夏畑はめっちゃ爽やかで、見かけ以上に手が込んでいて素晴らしかったです。暑い日だったから、余計に柑橘類の酸っぱさが身体に染み渡ったのかもしれません。瑞々しいフルーツと、甘くて苦いピールの組み合わせが最強でした。リンゴのタルトの安定感は言わずもがな。
ルノワールを食べた妹1は「ケーキにオリーブオイル?!」と驚いてました。初めて食べたピラミッドは、固めのチョコレートをパキッと割って、中のチョコレート生地とムースを楽しむ、まさにチョコ尽くしのケーキでした。先述した通り、チョコだけのケーキは食べ進むうちに口の中が甘ったるくなるので、少量でもベリー系のジュレなんかが入ってると、より食べやすいかなぁーと思いました。
今年3月に四谷ミクニズに行って、幻(?)のガトーショコラを食べる機会があったのにスルーしたのも、同じ理由からですしね。ニトロには、美味しいチョコを味わえるほどの味覚がないということかな・・^^;
四谷のカフェ『ミクニズ』のミルフィーユとマロンケイク、焼き菓子
あくまでもニトロの好みですし、形といい、味といい、シンプルだからこそ、ごまかしのきかない奥深さがあるのだと理解はできるのですが。

会計は、イートインを済ませてから持ち帰り分と合わせて支払いました。
帰りのショーケース内は、ホールのフルーツタルトやカトル・カールなどのパウンドケーキも売り切れていて、けっこう寂しくなってました。ニトロ達が店を出た時には外の行列も20人ほどでしたが、この時間からはケーキの種類も減る一方でしょうから、たとえ一時間並んだとしても買えるケーキは少ないかもしれません^^;

さて、オ・グルニエ・ドールは、今回訪れたサロンとは別に、すぐ近所の通り向かいにも店舗がありました。閉店を間近に控えて、そちらの店舗はどうなっているのだろう?と見に行ってみると、シャッターが下りていました。


なるほど、店の機能を丸ごとサロンに統合しているのか。
そりゃ、その方が断然効率的ですもんね。本店とサロンがあるけど、どうやって運営してるのかな?持ち帰り客は本店で、イートイン客はサロンに並ぶのかしら?と思ってたけど、移転統合してたから、皆サロンに並んでたのですね-。

グルニエ・ドールを出た時点で既に満腹ながら、続いて『とようけ茶屋』へと向かいます。
日曜日だし、あまりにもえげつない行列だったら持ち帰りだけにして、人が少なければ店内でお昼を食べようと決めて向かうと・・。待ってる人数が予想外に少なかったので、これなら店内飲食でもいけそうです。5人ほど並んでいる後ろについて15分くらい待ってから、店内3階に案内されました。

直前にケーキを食べたばかりですが、甘いもの食べてるから、逆にさっぱりと、でも甘じょっぱいご飯が食べたい・・。てなわけで、ニトロはとようけ丼、妹1は湯豆腐膳を注文。さすがに、ご飯は少なめにしてもらいました^^;

久々のとようけ茶屋でのご飯、やっぱりめっちゃ美味しい!
二人して「もう何も食べれない」と言いつつ完食。ごちそうさまでした。とようけ茶屋での持ち帰りは、自宅用とお土産用に、油揚げと湯葉、豆腐を買いました。大きな油揚げに細長く切った青ネギを挟んで焼くと、とっても美味しいのです。

ご飯を食べてから、ニトロは祇園のパス・ザ・バトンへ。
ここからは、神社巡りをする妹1と別行動です。祇園のメイン通りから一本裏路地に入ると、和服姿の観光客がワラワラといてびっくり!日曜日なので、とにかく人が多かったです。パス・ザ・バトン、今回は店内をぐるっと見ただけだけど、次の機会があれば喫茶も利用してみたいなぁ。暑かったので、かき氷を食べているお客さんが多かったです。
パス・ザ・バトンから四条河原町方面に歩いていく途中で、今回は仕事で同行できなかった妹2の好物、切通し進々堂のゼリーを発見したので購入。買う予定はなかったけど、見つけてしまったからにはスルーできません。

見た目が可愛い『みどりぃのゼリー』は、後味がさっぱりしてて食べやすいのです。

ミナペルホネンにも寄ったし、林万昌堂で栗も買えたので、ニトロの京都での目的は達成されました。
京都といえば、一乗寺のけいぶんしゃに行くのがニトロの定番ですが、今回は時間も限られていましたし、四条河原町をブラブラしたのみ。いつでも来れると思ってるからこそ、一度にあちこち行く必要もないかって感覚です。
往復ともに、開通したばかりの新名神高速を通ったのですが、おかげで京都方面へは断然行きやすくなりましたね。道が綺麗で運転しやすいのはもちろんですが、大阪と京都を手前で分けることによって、車の流れがスムーズですごく走りやすい!これは嬉しい変化です。大阪方面からの神戸ジャンクションは車線が多くて分岐も難しかったけど、新名神を通ったので関係なくなってたし。高速道路も日々進化していますねー。新しく開通した道路のSAとか、テンション上がりますよね。新名神の宝塚北SAもめっちゃ綺麗で、ベルばらのお菓子や手塚治虫グッズがありました。

日曜日の京都だし、グルニエ・ドールも、とようけ茶屋も、果たして無事に行けるのだろうか?と不安でしたが、許容範囲内の待ち時間で両方とも堪能できたので、わざわざ行った甲斐がありました。グルニエ・ドールは、予定通り10時頃に店に着いてたら、たとえ開店までの一時間は待ったとしても、トータルでの待ち時間はより少なかったかなぁとは思います。特にイートインの場合は、一巡目で案内されるか否かで待ち時間がかなり変わりますからね^^;
基本的に、食べ物は「わざわざ行列してまではいらない」と考えるニトロですが、やはり最後となると、多少無理してでも行ってしまいます。


オ・グルニエ・ドールの跡地には、西原シェフの息子さんが新店『ナンポルトクワ』を出店されるそうです。
ショップカード(写真右)の地図によると、現在閉めている方の店が新店の場所みたいですね。逆に、今営業しているサロンは完全に閉店するのかな?なんにせよ、どんなお店ができるのか楽しみです。きっと、普通にお店を出す何倍もプレッシャーがあるとは思いますが、頑張ってほしいです。
同じく、グルニエ・ドールの加藤シェフも新店『ラ・クラシック』を開業するとのことで、ショップカード(写真左)が置いてありました。
西原シェフが作り上げた『オ・グルニエ・ドール』という店の形はなくなっても、遺伝子は脈々と受け継がれていくのですね。

行き帰りの運転を担ってくれた妹1にも感謝!です。
ニトロは運転に苦手意識があるので、遠出する時は専ら妹たちに運転手をお願いしてますが、快く引き受けてくれるので本当に有り難い限りですm(_ _)m当初は、一人でバス乗って京都行くつもりだったけど、安い便が予約できなかったので妹1を誘って車で行けたので、だいぶ楽させてもらいました。
買って帰ったとようけ茶屋の湯葉も、おあげに青ネギ挟んで焼いたのも、めっちゃ美味しかったです。やっぱり、美味しい料理を食べると問答無用で幸せになります。今回の京都旅行も、ニトロは食べ物しか買ってませんからね。。いつものことですけど。

続いての旅行は今月末の長崎、こちらも楽しみ!
開幕から負けなしのサンフレッチェ広島、長崎でも勝ってくれたら言うことなしだけど、油断は大敵です。長崎も三連勝と波に乗っていますし、サンフレの次節は二位のF東との対戦ですからね。一度負けて、ずるずる落ちていかないためにも「勝って兜の緒を締めよ!」の精神で、目の前の戦いに最善を尽くすのみ。今シーズン初めに買ったカッシーユニ、忘れず持っていかなくては!カッシーは変わらず好きな選手なのですが、今季加入した和田くんも良い選手なので、今後の活躍が楽しみです^^
J2の岡山、山口も調子良いみたいなので、いつか本当に中国ダービーが実現したら嬉しいな~。昨シーズン、降格寸前のサンフレッチェにレンタル移籍してきてくれて、最後の最後で力になってくれた椋原選手が岡山で頑張っているので、応援しているのですよね。。欲を言えば、むっくんには今シーズンも紫の戦士として戦ってほしかったのだけど、こればかりはチーム事情がありますから;;
いつか会える日があれば、直接「ありがとう」と伝えたい選手の一人です。万が一にも岡山がJ1昇格を決めて、エディスタに凱旋してくれたら、絶対観に行くんだけどな。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link