ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

ニトロがポケモンGOをやらない(できない)4つの理由

time 2016/07/22

2016年7月初旬、日本に先駆けて提供が開始された地域で
瞬く間に大ブームを巻き起こした『ポケモンGO』。
長らく低迷していた任天堂の株価も、オーバーシュート気味に噴いていますが
ゲームに興味がないニトロですら、毎日どこかしらで『ポケモンGO』の単語を
目にし、耳にするほどの過熱ぶりです。
そして迎えた2016年7月22日。待望だった日本でのアプリ提供がついに開始されました。

ゲーム内容については、既に様々な人達が言及していますし
ある種の一大ムーヴメントが起こっていることに、疑いの余地はありません。
ニトロも、心の片隅では「ちょっとやってみたいな」と考えていました。
最近、サボり気味だったウオーキングを再開したこともあって
『ポケモンGO』があれば、より楽しく目的を持って歩けそうです。
しかし、未だアプリのダウンロードには到らず。
おそらくは、今後も主体性を持って『ポケモンGO』に関わることはなさそうです。
やってみたい、でもやらない。その理由を、つらつらと挙げてみます。

1:スマホゲームに馴染みがない

数えきれないほどのゲームアプリが氾濫している昨今ですが
ニトロは、基本的にスマホでゲームをしません。
ハマってしまうとそればかりになる自分の性質が分かっているので
際限なく時間を消費してしまうスマホゲームには、できるだけ近寄らないように
自主規制しています。

2:いわゆる位置ゲーと呼ばれる遊びは、自分の居場所が丸わかり?!
そのため、現実世界で意図しない関わりが生じそうで面倒くさい

『ポケモンGO』は、元祖位置ゲーとも言える『Ingress』を元に構築されたゲームです。
ニトロは『Ingress』をプレイしたことはありませんし、ゲーム内容も詳しくは知りません。
※遊び方を調べてみても、イマイチ理解できず^^;
おぼろげなイメージですが、現実世界でのリアル縄張りゲームに近いかも。
スマホに搭載されたGPS機能を使いながら、実際に街中を歩いてポイントを攻略していく過程では
プレイヤー同士が望む望まざるに関係なく、物理的に近い距離で存在する場面が増えます。
他意はないとしても、もしも見知らぬ人からいきなり声をかけられたりすれば
(特に女性にとっては)怖く感じることもあるはずです。
用心しているつもりでも、写真データなどから生活圏の特定などは容易にできますし
リアルタイムで、自分の居場所が赤の他人に把握されている状態というのは
不用心かな~と思ってしまいます。

3:バッテリーなど、必要な道具を買わないといけない

スマホのGPS機能(+α)を使い続けると、あっという間に電池がなくなってしまうので
本気で遊ぼうとすれば、携帯用バッテリーなどの外付け装置が必須なのも
敬遠してしまう要素の一つ。

4:そもそもポケモンのことを全く知らない

最後にして、最大の理由はこれです。
ここまでにあげた1~3の理由なんて、ぶっちゃけ本当にそのゲームがしたければ
どうにでもクリアできるのです。
しかし、ポケモン。ニトロにとっては、これまでの人生を振り返ってみても
全くもって縁のない存在なのです。
ゲームはもとより、アニメもほとんど見たことがありません。
甥っ子のおかげで、ピカチュウの他に二、三体はモンスター名が分かるかな?レベル。
本当に、からっきし無知なのです。
だから、そもそも
「あー!あの○○がいるなんて!」とか「このモンスターを成長させたら○○になるぞ!」
など、ゲームを楽しむための下地が皆無なのです。
となると、やはり、初代からゲームしてます!ポケモン大好き!な人とは
開始時点でモチベーションに雲泥の差が生まれるでしょう。
ニトロの性格的に、アプリをダウンロードして本気でやろうと考えるならば
今後、旅行先でも必死になってポケモンを(ある種、義務として)集めてしまうはず。
しかしながら、熱意を持って対峙し続けられるか?というと、到底自信はありません。

上記を勘案するに、やはりニトロは『ポケモンGO』に手を出すべきではないと
判断したわけです。
ポケモンに限りませんが、すごく思い入れのあるコンテンツって
人それぞれありますよね。
ニトロは、アニメもほとんど観ませんし、ゲームもしないので
本当にそちら方面の知識がなくて、興味がなかったといえばそれまでですが
今『ポケモンGO』を心から楽しんでプレイしている人達は、きっと昔から
ポケモンに慣れ親しんでいたはずで、だからこその今があるとすれば
なんだか、損しちゃったなぁと感じなくもありません^^;
若干(いや、かなり?)羨ましく思いながら、プレイヤー諸氏を見ています。

しばらく収まりそうにない『ポケモンGO』旋風ですが
一つ、部外者としても看過できないことは、やはり歩きスマホです。
ニトロは車の運転をする側なので、ゲームに夢中になっての急な飛び出しなど
今まで以上に気を付けないといけないなと、改めて自分に言い聞かせています。
特に今は夏休みですし、朝から晩まで出歩く人は増えるでしょう。
ルールに則って楽しく遊ぶのは問題ありませんが、楽しいはずのゲームのせいで
事件、事故に巻き込まれてしまうのは、悲しいこと。
『ポケモンGO』をプレイする際は、安全第一で!楽しんでほしいものです。
何かあってからでは遅いですからね。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

LINEスタンプ

main
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


sponsored link