ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

用賀のパティスリー『Ryoura』と渋谷ヒカリエ

time 2018/03/22

用賀のパティスリー『Ryoura』と渋谷ヒカリエ

神奈川青葉台のパティスリー『アン・プチ・パケ』
青葉台の『アン・プチ・パケ』からは、同じ田園都市線上に位置する用賀の『Ryoura』へ。以前の訪問が2016年12月初旬だったので、一年四ヶ月ぶりの訪問です。
新進気鋭のパティスリー『Ryoura(リョウラ)』のお菓子
前回は、フルーツケイクの一本ものやクッキー、マカロン、フルーツタルトなどを買いました。今回はアン・プチ・パケに続き、Ryouraでもフレジエ目当てでした。季節限定のイチゴケーキですから、食べれる時に食べておかなくては!

江田駅から雪の中を歩いたアン・プチ・パケと比べると、用賀駅から徒歩5分ほどのRyouraは、とても便利に感じました。このくらいの時間になると、ようやく雪から雨に変わっていました。

Ryouraの店内は、ショーケースも含めて春の商品が多かったです。
華やかで美しいケーキがずらりと並んでいて、いつまで見ていても飽きません。マカロンのケーキが気になったのですが、ここでもやはり初志貫徹して、フレジエを選びました。
帰りの新幹線で甥っ子たちが食べるかな?と思って、シュークリームも二個買いました。結局、甥っ子たちが食べなかったので、翌日ニトロ父とニトロ、妹1で食べたのですが^^;
マカロンは、前回も食べて美味しさに感動したテ・カシスとピスタチオを買いました。アン・プチ・パケでもピスタチオのマカロン買ったのに。。好きなのですよ、ピスタチオ。ピスタチオ使った焼き菓子やケーキは、つい買ってしまいます。

Ryouraのフルーツケイクは、相変わらずドライフルーツが溢れんばかりに盛られていて、ボリューム満点でした。お土産に買って帰ろうか迷ったのですが、味は分かっているので今回はパスしました。
自分でウィークエンド、その他クッキーやビスコッティを作るようになってから、焼き菓子系を買う頻度が明らかに減りました。もちろん、プロの商品とニトロが作るお菓子レベルは比べるべくもないのですが。
クッキーやウィークエンドは自分で作れると思うと「まぁいいや」なんて思っちゃって。まさか、この歳になってお菓子作りが趣味になるとは思っていませんでしたからね^^;今になってシフォンケーキやウィークエンドを、誰に指示されるわけでもなく好き勝手に作っているのは、我ながら不思議な感覚です。

Ryouraからは、ようやく渋谷ヒカリエへ。
小山ギャラリーで、所属作家を扱った作品展が開催されているのでチラッと覗いてきました。あとはD&Dの展示や物販コーナーも。D&Dのワークショップコーナーでピーナッツバターを作っていたので、店内にはピーナッツの香ばしい香りが漂っていました^^フェーヴで定番のフランボワーズカシューナッツを、夜ご飯にはおむすびを買って、ようやく東京駅へと向かいました。

朝に別れたきりだった妹1と甥っ子、ニトロ母と無事合流してから、帰りの新幹線に乗り込みます。
悪天候に振り回された東京二日目でしたが、念願だったアン・プチ・パケに行けただけでも大満足でした。新幹線車内にて、さっそくRyouraのフレジエをいただきました。


うん、やっぱり美味しいです。イチゴも甘いし、ピスタチオのバタークリームもよく合っています。都心のパティスリーは、本当にレベルが高いなぁ~。

前述のとおり、シュークリームは次の日に食べたのですが、ざっくり砕いたナッツがまぶしてあるシュー皮はもちろんのこと、中に詰まったしっかりめのカスタードクリームも美味しかった!


がナッシュとグリオットチェリーの酸味が最高のバランス。

カシスと紅茶の組み合わせが、とっても合ってて美味しい『テ・カシス』。Ryoura以外では見かけないフレーバーです。やっぱりRyouraのマカロンは美味しいなー。

一日で、アン・プチ・パケとRyouraのフレジエやマカロンを食べるなんて、贅沢し過ぎました^^;
東京から帰ったら、体重がヤバーい!ことになっていたので、またジャザサイズに励まなくては・・。そろそろ、ジョギングも再開したいのですけどね。また、マラソン大会の予定も立てようかな!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link