ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

サカナクション

time 2015/07/26

今日も、暑い一日です。

昨日7月25日は、みんなの太陽ダイキちゃんの
41歳バースデーでした☆☆
おめでとうございます^^
ニトロと誕生日近いので、勝手に親近感持ってます。
今後とも、五十嵐さんをよろしくお願い致します。

さて、先日になりますが、広島の建築事務所のイベントに、なんと!サカナクションの山口一郎さんがゲストとして招かれていました。
サカナクションのFacebookで知って、仕事後でも行けそうだったので、直前まで行くかどうか迷った挙句
結局見送ってしまったのですが。
一郎さんが広島来て、トークが聞けるなんて、めちゃくちゃ貴重な機会なので、勿体ないことしたな~って
気持ちはあるものの、人数制限あるみたいだし、現地に行ったものの入場できないとか、入場できても、立ち見で2時間はきつい・・という理由で、いまいち「絶対行く!」て気持ちにはならず。
トーク後には懇親会もあり、その後は場所を移して
クラブで一郎さんがDJをした?らしく、それには素直に行きたかった!と思いました。

サカナクションのライブに行くと、いつも「楽しかったー♪」だけじゃなくて、あれだけのことをやってる人がいて、さぁ自分は?と、我が身を振り返る機会になるんですよね。。毎回毎回。

ある程度のヒット曲が出て、ライブで定番曲になる。でも、それだけで終わることなく、また次も絶対にライブで盛り上がる曲を作り続ける凄さ。
一度や二度はできても、それを繰り返して、なおかつその間にファン層を拡大して・・って出来てるの、今のバンドでどのくらいいるか?と考えてみても、ぱっと思いつきません。
サンプルで終わらず、セントレイ、アルクアラウンド、アイデンティティ、ルーキー、バッハ、夜の踊り子、ミュージック、ユリイカ、蓮の花etc・・
凄いなあ、って本当に尊敬します。

そして、やっぱり、いつまでも『ノる側』じゃなくて『ノせる側』になることが大事だよなあーとも。
自分の得意なステージで、プロとして。
見せる、魅せる方法も、すごく参考になります。
今より若い時には「ライブ楽しい~!」だけで満足だったし、たとえば、ライブで元気をもらうとか、副次的な効果も期待していたり。
ただ、今の年齢になってくると、自分の意識が、より演者側に近くなっている気がします。
だから、ただ単純に楽しむというよりは、いつか、この人達に会う日が来るとしたら、恥ずかしくない自分でいたいな、って思うことが多いのです。
面と向かって会う=相手に自分を認識してもらう機会は、ないでしょうけども^^;
ただ、自分の心持ちとして、そうありたいなって意味です。
たとえば、今のニトロが、一郎さんのトークを聞きに行ったところで「イチローさん、やっぱすごいわーー」て感銘を受けて、よしんば、その後のトークタイムで話ができたとして。
「サカナクション大好きです!ライブにも行ってます!アルバム楽しみにしてます、頑張ってください!」と伝えるのが精一杯です。一郎さんからすれば、もう耳タコでしょう。
※とか言っても、これが五十嵐さんだったら、這ってでも参加しますけども。
サカナクションは、誰が好きとか、そういう萌え要素はなくて、ただただ音楽と、それに対する姿勢が素晴らしいから好きなので。
あれだけ、身を削って良い音楽を生み出そうとしてくれている人に、ファンとしてでも、相対するに相応しい人になりたいなと。完璧、自己満足ですね。

色々と考える機会を与えてもらえるサカナクションのライブ。
今年も、秋にSAKANAQUARIUM2015があるので
行きたいけど、チケット取れるかなあ。
だいぶ曲もたまってきているし、そろそろアルバムも出るかしら。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


sponsored link