ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

しばしの別れか永遠か?紫のエース佐藤寿人が名古屋グランパスへ電撃移籍

time 2016/11/20

しばしの別れか永遠か?紫のエース佐藤寿人が名古屋グランパスへ電撃移籍

サンフレッチェ広島の大エース佐藤寿人選手が、来季J2降格が決まった名古屋グランパスへ移籍するとの報道がありました。
野球に比べると、サッカー界は移籍話が出てから決まるまでのスピードが早いですよね。地元の中国新聞に移籍話が出て→移籍濃厚と出て→決定まで2週間足らず。あっという間の出来事でした。
確かに、今季の寿人選手は出場機会が少なかったのでシーズン中から移籍の噂がありましたし、本人がサンフレ劇場でその話題に触れたこともありました。
しかし、ここまで広島に根付きサポーターに愛されている寿人選手に限って移籍はないだろうと、ニトロは話半分に聞いているだけでした。今季引退を表明した森崎浩司さん同様、もちろん寿人さんも紫ユニで現役引退すると思っていたのです。

天皇杯初戦に勝利して「さぁ次戦も頑張るぞ!」と盛り上がっていたタイミングで飛び込んできた移籍のニュース。寿人ファンの妹2は、特にショックを受けていました。ニトロがサンフレに興味を持ち始めたのは昨シーズンなので、寿人さんの存在がチームにとってどれだけ大きいのか、ちゃんと理解できていないかもしれません。それでも、寿人さんのいないサンフレッチェ広島は想像できないくらい、いて当たり前の存在でしたし、文字通りサンフレッチェの顔でした。
二度目の降格が決まった直後、真っ先に残留を表明してくれました。約束通り一年でJ1昇格を果たすと、その後は優勝3回の立役者にもなりました。
2012年の初優勝が決まった瞬間、ピッチ上に崩れ落ちて男泣きする寿人さんの姿は、サッカーに興味がなかったニトロも感動してしまうものでした。
サンフレッチェ広島が、今ここまでのチームに成長したのは間違いなく寿人さんがいたから。
今季のホーム浦和戦でも、選手交代で寿人さんが登場した瞬間の盛り上がりは凄まじかったですし、ヒーローインタビューでは涙ながらに「まだまだやれるぞ」と力強く宣言していたのが印象的でした。
浦和戦、佐藤寿人の存在感を改めて感じた劇的勝利

ただ、もしかしたら寿人さんは同じ場所に長く居すぎたのかもしれません。
広島でレジェンド扱いされながらも試合に絡めない日々を過ごすより、新天地でJ1昇格という明確な目標を達成するべく移籍したのは理解できる気がします。
誰のものでもない自分のサッカー人生、どちらの道を選ぶのか。寿人さんの選択は納得できるものでした。少なくともニトロにとっては。
名古屋グランパスは、現川崎フロンターレ監督の風間氏を新監督として招聘しました。混迷を極めたチームが生まれ変わろうとしているタイミングで「君の力が必要だ」とくどかれて、心が動かないわけがありません。
来季はJ2の試合結果からも目が離せませんね。こうなれば寿人さんには名古屋で大活躍してもらって、J1昇格の主役になってもらいたいです。来年の今頃はどうなっているかな・・。

寿人さんの移籍決断に少なからず影響したのでは?とニトロが勝手に考えてるのが、今シーズン大分トリニータに移籍した山岸選手の存在です。大分トリニータは短期間でJ1からJ2、そしてJ3まで急降下しましたが、今季見事にJ3で優勝して一年でJ2昇格を決めました。山岸さんは試合には出ていませんでしたが、しっかりと優勝シャーレを掲げていました。久々に見る笑顔も素敵でした^^
寿人さんも、カテゴリーを落としてでも出場機会を求めて、自分が望まれる場所で一人のプレイヤーとして再挑戦したかったのかもしれません。

12月に入ったら吉田での練習が再開するみたいなので、寿人さんの最後の勇姿を一目見ようと見学者が一気に増えそうですね。今夏の浅野移籍前のように平日でも大勢のファンが詰めかける事態となるか^^;
ニトロも妹2と行きたいね~と話しています。紫ユニの寿人さんを目に焼き付けておきたいな。
サッカーに限らず、いつの時代も愛着のある選手が贔屓チームから去るのはファンにとって悲しいことだけど、一緒にプレーしてきた仲間はもっと複雑な感情があるはず。
しかし、逆にチャンスでもあるのです。プロの世界、誰かが抜ければ誰かのチャンスになるし、それを掴み取らなければプロとしてやっていけませんからね。
来季のサンフレッチェ広島がどうなるのか、ニトロは今から楽しみにしてますよ。
かしっちの処遇だけが心配ですが。。あ、晃誠さんも。

とにかく、サンフレッチェ広島での寿人さんには感謝の一言しかありません。
もしかしたら、もしかしたらですよ。移籍セレモニーで「いつかまた紫ユニを着て広島でプレーしたい」と言ってくれた浅野くんが戻ってくるタイミングで、寿人さんも何らかの形で広島に戻ってきて。その時には新スタも出来ていて。もちろん浩司さん、和さんもいて。皆が笑顔で再会するなんてことがあれば最高ですよね。
夢物語かもしれませんが、カープでも似たようなことがありませんでしたっけ^^
広島の地では、ドラマよりもドラマティックな出来事が起こる可能性があるのかもしれません。

2016.11.21追記
双方のクラブ及び佐藤寿人選手から、正式に移籍決定のお知らせが届きました。
寿人選手のコメント読んでたら涙腺が緩みました。ニトロでさえこうなのですから、もっと深く、長く、寿人選手を愛してきた人たちの心中を思うと、切なくなります。しかし、コメントの最後。

サヨナラは言いません。

ありがとう。

そして、行ってきます。

こちらこそ、本当に本当にありがとうです。新天地でも輝け、佐藤寿人!!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link