ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

渋谷ヒカリエとミナペルホネン

time 2015/12/13

渋谷ヒカリエとミナペルホネン

東京1日目は、主目的だった村上隆展を堪能できて大満足。母と妹2もライブで存分にはしゃいで、ホテルに帰ってきました。
中途半端な時間に食べた肉そばのおかげか、全くお腹が減らなかったので夜ご飯は食べずに就寝。2日目は急ぐ予定もないので、ホテルで朝食を取ってのんびり支度。結局、チェックアウトの時間ぎりぎりまでホテルにいました。
新幹線での往復だったら、ホテルに荷物を一時預けするか、もしくは東京駅構内のコインロッカーを利用するか。どちらにしても荷物を持ち歩く必要はなかったのですが、悲しいかな、今回は羽田発着だったので、各自荷物を持ったままの移動となりました。
母と妹2は六本木ヒルズへ、村上隆展と同時開催されているエジプト展を観に行きました。
ニトロは、大竹利絵子展『Way in, or Out』を観たかったので、渋谷ヒカリエの小山ギャラリーへ。

ヒカリエ到着して、ギャラリーに行く前にD&Dの展示をチラ見。滋賀にまつわるデザインが展開されていたのですが、ニトロが心奪われたのは、こちらのアイテムです。
IMG_3785
お茶の文字が可愛い焼き物、通称『汽車土瓶』です。
ペットボトルがなかった時代には、駅弁と一緒に土瓶入りのお茶が売られていたそうです。蓋をおちょこ代わりに使います。信楽焼の陶製『汽車土瓶』は、知的障害児施設の県立信楽学園で、一点ずつ手作業で作られているそう。お茶を入れて飲むのはもちろん、一輪挿しに使っても可愛い!
店員さんに許可をいただき、薄緑・群青・白・茶色と、4種類ある土瓶の写メを撮り、妹2に送信。
食器好きの妹2にヒットしたみたいで「茶色がいいかな♪」と返信が。自分用には薄緑を選びました^^
それぞれ釉薬の具合や色の濃淡が異なっていて、手作り感満載。一個650円と、手に取りやすい価格だったのも◎です。
IMG_3787
上品な薄緑色が素敵^^白も群青も捨てがたかったのですが、この綺麗な色に魅かれました。結局、これも留守番してた妹1へあげちゃったので、ニトロの手元には一つも残っていません。
滋賀ならいつでも行けるからいいかな~と。
あとは菓心おおすがの最中『三十五万石』を買いました。求肥入り最中で、お湯で溶かすとぜんざいとしてもいただけます。一つ130円とお手頃価格。妹1は全てぜんざいにして食べてました。

予想外に滋賀展ではしゃいでから、小山ギャラリーへ。大竹さんの作品は、木の彫刻で鳥や少女といったモチーフがきめ細やかに彫られています。作品点数は多くないですし、お値段もそれなりにするので見るだけでしたが、目の保養になりました。

同じ8階の広場では、青森フェアと銘打って特産品を販売していました。
ちょっと見てみようと軽い気持ちだったのですが、今まで青森に行くたびに「これ買ってきて!」と指名買いだった青森銘菓『らぷる』を発見!!これは買わないと!自分のと家族のと!何個あれば足りるかしら。立ち止まって、らぷるに熱視線を送る怪しい奴です。
お会計時には、店員さんが「これ、おまけです。食べてくださいね」と、らぷる+新商品のフィナンシェぽい生地にくるみとかレーズンが入ったの(商品名:ずっと)+りんごせんべいをくれました。
これがおまけなんて、太っ腹!青森には、ここ数年で3回ほど行っていて良い思い出しかないのですが、今日でまた青森が好きになりました。
オンラインショップもあるみたいです。
青森といえば、弘前にある有名パティスリーAngelique。調べてみると、今年になって青森市内にも出店したようです。ケーキ屋さんなのに、2階のカフェでピザを食べたのをよく覚えています。
美味しかったな~~。また行きたい!

そんなわけで・・渋谷の地で、予想外に滋賀と青森のお土産を手にしました。
この後は、ミナペルホネンのお店に行くのみです。
長崎県美術館のミナ展チケットを持参したら、オマケをあげますとミナHPに書いてあったので、これは是非行かねば!なのです。服よりも小物に興味があるので、表参道近くのpieceへ行きました。ワタリウム美術館の目の前です。
ニトロは、京都のミナには何度か行ったことがあるものの、東京のショップはどこにも行ったことがなかったので少し緊張気味でしたが、店員さんの感じもよく可愛くて癒されました・・。
ピンク色のホットティーをごちそうになり、小さいボタンを数個選んで購入。
チケットを見せると「こちらに、バッジが入っています^^」と、ボタンと一緒に包んでくれました。
バッジってどんなのだろう?と、店を出てから見てみると。ミナで販売している、ハギレを使ったブローチが入っていました。しかも大きいサイズ(価格は1620円くらい)。一回り小さいサイズだと1280円だったかな?とにかく、売り物のブローチを一つくれたのでした。
タンバリンの形に、中のピンクは何だろう・・
IMG_3800
ボタンは、周りが深紅のベルベット風生地で、中央はskyfulが入っています。

残り時間もなくなったので、原宿から品川経由で羽田空港に向かって、母妹と合流。
空港では、ねんりんやのバウムクーヘンと、半月で有名な鎌倉五郎の新商品『ふたつ星』を買いました。
ピーナツ風味の生地でミルクチョコをサンドしたお菓子で、以前食べた時美味しかったので^^
崎陽軒のシューマイ弁当を買ってから、飛行機に乗り込んだら今回の旅も終了です。
一泊二日の短い旅行でしたが、充実した時間が過ごせました。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link