ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

くるみのビスコッティとココアとカシューナッツのビスコッティを作りました

time 2017/07/23

くるみのビスコッティとココアとカシューナッツのビスコッティを作りました

初めて作ったビスコッティの評判が割と良かったので、調子に乗って二度目のビスコッティ作り。
なかしましほさんのレシピで、くるみのビスコッティを作りました
もちろん、プロのパティシエが最上級の材料と手間暇かけて作る商品とは違いますが、なかしましほさんレシピの簡単さと素朴な美味しさは、家で楽しむには十分です。
今回は、くるみのビスコッティとココアとカシューナッツのビスコッティを作りました。本のレシピには、ベーキングパウダーを使うビスコッティもありますが、ニトロが作るのはシンプルなタイプです。初ビスコッティは、勘違いにより約15本分の分量で10本しか作っていませんでした。

一本あたりのサイズが大きかったので食べ応えは抜群でしたが、今回は間違いを正してレシピ通りに作りました。

玉子と砂糖をもったりするまで混ぜるのは、ミキサーを使わず人力です。ベーシックな生地とココア生地は、二つのボールにそれぞれの材料を入れて作りました。カシューナッツとくるみは、オーブントースターで軽くローストしてから混ぜ込みます。前回の失敗を糧に、今回の成型は縦を短くして横を長くしたので、前回と比べて取れる本数は増えるはず・・です^^;一枚の天板で、二種類のビスコッティを同時に焼きました。

一度目の焼き時間が終わったところで一旦取り出して、カットしてから二度目の焼成です。


適当に作ったにしては、それぞれ15本ずつ取れたので一安心しました。

出来上がりです。天板いっぱいに並んだビスコッティが、とても可愛い!ニトロにビスコッティが作れるなんて、想像だにしていませんでした。限られた材料で、簡単な工程でできあがる美味しいお菓子。感激ですね・・。
天板に載せたままの状態で粗熱をとったら、乾燥材と一緒にラッピング。今回のビスコッティは、前職の同僚への差し入れお菓子として作ったのです。喜んでもらえると良いのですが。
余りは、ニトロと家族でいただきました。前回のビスコッティを「美味しい!」と食べてくれたニトロ父は、ココアより普通のビスコッティの方が好みだったみたい。妹1は「ココアにカシューナッツが入ってて美味しい」と言ってくれました。
小麦粉、ナッツ、砂糖、油のシンプルな材料で作れるビスコッティ。しかし、シンプル=低カロリーなわけではないのが辛いところ。単純な積み上げ式ながら、カロリー計算したら一本あたり70キロカロリーはありそう?!いやー、お菓子って既製品でも手作りでも「デブの元」には違いありませんね。でも、食べるのは我慢したくないから、頑張って運動しなくてはーです^^;

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

LINEスタンプ

main
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


sponsored link