ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

シフォンケーキを作るつもりが、ビスコッティを大量生産するハメになりました

time 2017/08/09

シフォンケーキを作るつもりが、ビスコッティを大量生産するハメになりました

シフォンケーキ型とハンドミキサーを買って、ようやく道具が揃いました。
クオカでアルミのシフォンケーキ型を買いました
シフォンケーキへの第一歩!テスコムのハンドミキサーを買いました
これで念願のシフォンケーキが焼ける!と意気揚々と取りかかったニトロ。
なかしましほさんのシフォンケーキ本もチェックしていますが、より進化した?ほぼ日サイトのレシピに沿って作ることにしました。丁寧な説明動画付きで分かりやすいですし、手順通りに作れば何とかなるはずです。

まずは、玉子を卵黄と卵白に分けるのね。ふむふむ。それから、砂糖を投入すると。なるほど、えいっ・・・。あれ??(数秒間停止)
あーっっ!!砂糖を、全て卵黄のボールに入れてしまった!!!

まさかの、初っぱなから取り返しのつかないミスをやらかしてしまいました。本来は、卵黄側に三分の一、卵白側に三分の二に分けて砂糖を投入するのですが、ニトロは何を思ったか、デジタル秤に卵黄のボールを載せて、砂糖を全量入れてしまったのです。こ、これはリカバーする方法がありません。失敗も成功もなく、まさかの材料を混ぜる段階で躓いてしまいました。

うーん、どうしよう。。しばらく思考がフリーズしましたが、玉子と砂糖を使用したレシピで、ニトロでも作れるビスコッティに転用することにしました。さすがに情けない気持ちでいっぱいでしたが、材料を無駄にはできません。どうにか気持ちを立て直して、慣れ親しんだビスコッティを作りました。

玉子を四個使っていますから、ビスコッティのレシピに換算すると約60本分に相当します。砂糖を足して、半分は普通のビスコッティ、もう半分はココアのビスコッティに分けて生地を作りました。普通の生地には、先日クオカで購入したアーモンドスライスを入れました。
また、せっかくなのでハンドミキサーも使ってみました。最初に玉子と砂糖を混ぜる段階で使ったのですが、人力で泡立てするのに比べると、当たり前ですが早くて楽でした。文明の利器すごい。


シフォンケーキを作るつもりだったのに、なぜか大量のビスコッティが完成しました。
ココアの分量が不足していたので、代わりに薄力粉の量を増やしていますが、急場しのぎにしては普通にできました。ビスコッティの失敗知らず感は素晴らしいですね。
大量に作ったので、家族で分けて食べました。今回は量が多かったので、焼成時間を長めにして温度も高くしたのですが、より風味が増して噛み応えが出た気がしました。
なかしましほさんのビスコッティレシピは、口溶けの良さが特徴ですが、これまでの経験を踏まえて「もう少し固く焼いても美味しいかも?」と思ったので、しっかりと焼き色がつくまで調整しながら焼いてみたら、かなりニトロ好みでした。
ビスコッティは、少ない材料で簡単にできる反面、二度焼くので普通のクッキーと比べると、少しだけ時間がかかります。今回も、何だかんだで1時間半くらいオーブンに付きっきりでした。でも、毎回美味しいビスコッティが失敗なく出来上がるので、ニトロにとっては心強い味方です。

シフォンケーキを焼くつもりが、単純ミスによってビスコッティが大量にできた話でした。今回の反省を活かして、次こそはシフォンケーキを作れるように頑張ります!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link